2016年05月11日

T1 第7節 実践学園高校vsFC東京U-18B 実践学園高校高尾グランド

平日18時キックオフ、高尾駅からは近いのが救い。半休・早退で向かうものの京王線が人身事故で止まったため、前半に間に合わないファンも多かった。南無。

実践学園高校 [ 0 - 3 ] FC東京U-18B

【実践学園高校】=============================
−−−−11坂井−−22荒川−−−−
19前原−−−−09川村−−−07藤尾
−−−−−−−21浦−−−−−−−
04浅貝−02清水−06佐々木−18窪園
−−−−−−−−17−−−−−−−


【FC東京U-18B】=============================
−−−−−25原−−41久保−−−−−
15小林幹−−−−−−−−−−22杉山
−−−−−20品田−37寺山−−−−−
28天野−23長谷川光−29篠原−19吹野
−−−−−−−16高瀬−−−−−−−


04分、右奥でのスローインから11坂井が抜け出し、DFをかわして切り込みシュートを打つがサイドネット。最初のシュートは実践。

05分、左サイドを41久保がドリブル、中へ切り返してDFをかわしゴール前へパスを送る。ファーで22杉山が走り込むもGKがブロック。こぼれたところにもう一度詰めるがキャッチされる。

09分、右から11坂井が上げたクロスに22荒川が飛び込む。先にGK高瀬がはじいたボールをライン上で19吹野がクリア。

東京がショートパス主体に攻めあがるがシュートは打てず、ゴール前で奪われてカウンターを受ける形。実践は中盤09川村や21浦からの縦パス・浮き球パスで11坂井が飛び出したり、トップ下の位置の坂井からDF裏へのボールに22荒川が抜け出したり。左右からクロスも入るが、なかなか合わない。

20分、22杉山が中央でパスを受けて右へ展開。19吹野がオーバーラップして受け、そのまま速いクロスを入れる。ニアの41久保の前でGKがはじき、こぼれたボールを奪われて実践のカウンター。09川村からのパスに左サイドを11坂井が駆け上がりゴール前へパスを送るが、GK高瀬が飛び出してブロック。

23分、41久保が右からドリブル、切り返してちょっと中へ入りミドルシュート。GKがさわって左CK。20品田の入れたクロスはGKがはじく。
東京は前線のポジションを少し移動して、22杉山がトップ、41久保が右サイドへ。

25分、DFラインで29篠原が不用意に持ちすぎたところを11坂井にカットされてショートカウンター。坂井のドリブルには41久保が頑張って戻ってマークにつき、ボールは左の19前原へ。前原からのクロスは坂井に合わず、後ろ足で跳ね上げる。

30分、19吹野が41久保を追い越してパスを受け、ライン際から回り込んで中へ折り返し。ニアに25原が詰めるがGKがブロック。

32分、東京ゴール前のクリアを拾って04浅貝が低い軌道のミドルシュート。GK高瀬がはじく。浅貝の思い切りのよいミドルも怖い。

38分、実践07藤尾の左CK。ニアからヘッドでつながれるがGK高瀬が飛び出してはじく。ここでの競り合いで28天野が肩を打ち治療が入るが、天野はいったん外に出ずにそのままピッチに戻ってしまう。主審も気づかず。数プレー進んだところで指摘が入り、天野にイエローカード。ベンチの中村コーチからは「勉強、勉強」と声がかかるが、いや、ピッチ入る前に指摘しようよ(苦笑)。

ATに入り、相手陣内の左奥で競り合って41久保にイエローカード。なかなか攻撃が上手くいかなくて、少しイライラしているのが伺える。0-0で折り返し。

-----
後半。
東京の交代。28天野→34草住。25原→32今村。

前に仕掛ける34草住が入り、東京の両サイドが活性化。49分、右から20品田の意表をついたミドルシュートはGKがキャッチ。

50分、左サイドを22荒川(?)が駆け上がり中へパス。走り込まれるがGK高瀬がキャッチ。

52分、37寺山から縦パスを受けて41久保がドリブル、倒されて右サイド遠めからのFK。20品田が直接狙うがGKがキャッチ。

56分、32今村のドリブルから右CKを得ると、蹴るのは20品田。ゴール正面、23長谷川光がドンピシャのヘッドを突き刺して先制。【0-1】

攻撃をたたみかけ、59分、縦パスをナイストラップで収めた41久保が倒されPKを獲得。これを自分で決めて続けざまに追加点。【0-2】

62分、09川村が左から抜け出し、川村と2トップ対CBの3対2を作られるも、川村のシュートはGK高瀬がキャッチ。

63分、右からのパスに32今村が抜け出し、GKをかわしてシュートを打つが枠を切る。

実践が4-1-4-1に布陣を変更して、こんな感じに。
−−−22−−−
11−09−07−18
−−−06−−−
04−02−21−19
−−−17−−−


66分、右でパスを受けた32今村が中へ切り返してシュート、GKがキャッチ。

70分、やや長いボールに左で32今村が追いつき、DFに囲まれながら強引にシュートを打つ。ブロックされて混戦の中、相手を蹴ってしまいイエローカード。

ここで実践の交代、11坂井→16辻ヶ堂。

72分、東京の交代、22杉山→13吉田。吉田が右サイドに入り、41久保がトップへ。

74分、中央を15小林幹がドリブルで運び、ゴール前で切り返して自分でシュート。しかしDFに当たってしまう。左でパスを呼んでいた32今村にゴメンの合図。

77分、前へ上がってきた19吹野がドリブルで切り込むがボールを奪われる。取り返しに行ったところでアフターファールとなりイエローカード。

79分、DFの小さいクリアに37寺村が走り込み、グラウンダーのミドルシュート。GKがキャッチ。

80分、実践の交代、02清水→13塩田。塩田がボランチに入り、06佐々木がCBに戻る。

83分、東京の交代、15小林幹→17横山。横山が右、13吉田が左へ移動。
実践の交代、19前原→10斎藤。

86分、実践の交代、07藤尾→08石井。

87分、実践が右で一旦後ろに戻し、13塩田からニアへのクロス。09川村が走り込みシュートを打つが、23長谷川光がブロック。

88分、実践の交代、09川村→14武長。

90分、東京の交代、37寺村→26長谷川大。長谷川大が右に入り、17横山がボランチへ。

90+3分、41久保から中へのパスはDFがクリア。こぼれを17横山が拾って浮き球を前へ送ると、32今村が抜け出しシュート。ガツガツと狙い続けた今村が、最後にダメ押しのゴールを決める。【0-3】

-----
飛び級の中学3年生、41久保はプレミアで終盤のジョーカーとして起用される一方、T1ではスタメンで徐々にプレー時間をのばしている。まだ体格差のある相手とのマッチアップに慣らしつつ、持久力をつけさせるという2つのミッションをなるべく無理なく遂行するために、A-Bチームが上手く機能していると思う。

32今村、点取屋の気の強さは折り紙付き。テクに唸らされるタイプではないが、ポジション取りの勘が鋭く、ひたすらゴールに向かう姿勢がチームを勢いづける。

-----
2位関東第一より1試合多いが、これで東京U-18Bが暫定首位! このあとしばらく東京U-18BのT1リーグはお休みで、クラブユース選手権関東大会が始まります。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

T1 第8節 東久留米総合高校vsFC東京U-18B 東久留米総合高校グランド

第8節だけど7試合目。快晴の子供の日、東久留米から黒目川沿いに歩いて、東久留米総合高校へ。朝9:30キックオフ。ユース好きの朝は早い(ツライ)。

東久留米総合高校 [ 1 - 1 ] FC東京U-18B

【東久留米総合高校】=============================
−−−−−14纐纈−−−−−
19小島−11今井−16池尻−07米山
−−−−−20徳増−−−−−
06吉田−08豊田−05古川−04内山
−−−−−01金井−−−−−


名前違ってたらごめんなさい。久留総の並びは攻守で変わって、最後までよくわからなかった…。4-4-2かもしれない。前半は08-05-04の3バックかもしれない。うーん。
【6/20追記】コメントで教えていただき、名前を修正しました。

【FC東京U-18B】=============================
−−−−−25原−−41久保−−−−−
15小林幹−−−−−−−−−−22杉山
−−−−−20品田−37寺山−−−−−
34草住−23長谷川光−29篠原−19吹野
−−−−−−−16高瀬−−−−−−−


左SBは34草住が初スタメン。

きれいな人工芝グランドだが、芝はやや長め。暑さも手伝って、選手は前半からだいぶ息が上がっていた。観戦エリアは体育館の影になっていて、過ごしやすいのがちょっと申し訳ないくらいだ。
まぶしいのを嫌ったのか東京がエンドを変更して、久留総のキックオフで試合開始。途中、(声がないので)気が付いたことに、今日は普段Bチームの監督を務める中村コーチが不在だった。

立ち上がり、久留総04内山にひじが入り(?)鼻血でいったん外へ。このあとは鼻栓したままプレーになったが、よく走っていた。

02分、久留総07米山が右サイドをドリブル、中へ切り込んでのミドルシュートは枠上。

13分、07米山のドリブルに34草住が付く。米山から後方へのパスを受けて04内山がPAへ切り込む。20品田が手をかけ倒してしまい、PK。キッカーは米山。GK16高瀬が身体を倒しながらがっちりキャッチ。

25分、久留総04内山からのクロスに07米山が走り込む。DFがブロックしたこぼれを14纐纈がシュート。GK高瀬がナイスキャッチ。

久留総のラインはとても高い。前にボールが入ると必ず2,3人で囲み奪ったり後ろへ戻させたり。東京はなかなかゴール前まで進むことができない。

そんな中、カウンター一発。26分、左でボールを持った25原が中へ切り込み、ゴール前の15小林幹へパス。DF間で受けた小林幹が落ち着いてシュート。東京が先制。【0-1】

先制したものの試合の流れは変わらず、久留総ペース。28分、06吉田の右CKが2本続くが、セカンドボールをつないでのクロスはGK高瀬がキャッチ。

34分、またも久留総06吉田右CK。05古川のヘッドはポストに当たり、バウンドを07米山が押し込み同点に。【1-1】

39分、左遠めから久留総20徳増のFK。06吉田のバックヘッドのシュートは枠を切る。

41分、11今井が中央をドリブル突破、半身抜け出してシュートを打つが、GK高瀬がギリギリまで動くのを我慢してブロック。本日3度目(?)のビッグセーブ。

42分、東京20品田の左CK。こぼれ球を高く蹴った29篠原のシュートはGK金井がキャッチ。

同点で折り返し。

-----
後半。

50分、右サイドを19吹野が駆け上がり速いクロスを入れるが、ファーまで届かずDFがクリア。

51分、右から切り込んだ41久保が倒されゴール正面でFKを獲得。久保の蹴ったボールはGK金井がさわって左CKに。20品田がファーへ蹴ったボールに、23長谷川光がヘッドで合わせるが枠外。あまりにどフリーだったので、かえって焦ってしまった感じ。本人も苦笑しながら戻る。

56分、自陣でカットされて14纐纈がドリブル。右へ流れてのシュートはGK高瀬がキャッチ。

62分、右スローインから41久保がミドルシュート。わずかに枠上。

67分、東京の交代、41久保→32今村。

68分、20品田の右CK。ファーで37寺山が折り返すがGK金井がはじく。

71分、中盤でカットして11今井がドリブル。速くて上手い。右へ回り込んでシュートを打つが、枠を切る。

72分、久留総の交代、14纐纈→13島村(?)。

73分、東京の交代、25原→13吉田。

75分、右スローインをつないで中央37寺山から右前へパス。15小林幹がDF間で受けてターン、ループシュートを狙うが枠上。

78分、左奥で久留総20徳増のFK。ファーで08豊田がヘッドで折り返す。味方とややかぶりつつGK高瀬がキャッチ。

83分、左で20品田が粘ってCK。自分で蹴るがやや蹴りそこね? ニアの13吉田が後ろ足で合わせるが、枠上へ。

86分、東京の交代、20品田→38中谷。品田は序盤にPKを与えてしまったのに始まって、守備で強く行き過ぎる場面もあり、この日はやや空回りに見えた。

久留総の右ロングスローから競り合いで、16池尻がこめかみ(?)を切り、しばらくプレーが途切れる。治療のため外へ。

89分、久留総の交代、16池尻→09清川。

ATは長めの5分。

90+2分、20徳増から13島村、島村から縦パスを受けて09清川が右からDFをかわし切り込んでシュート。GK高瀬がキャッチ。

90+3分、久留総06吉田の右CK、ファーでクリア。20徳増の左CK、38中谷のクリアが後ろへ飛んでヒヤリとするが、GK高瀬がキャッチ。

何とかしのいで試合終了。

-----
今日はカズナ様さまでした。先制は東京だったが、勝ち点1を死守した、という感じ。

久留総は集中した守備から20徳増が左右に展開、特に右サイドの04内山、07米山が連携してのサイド突破は力強かった。11今井が単騎ドリブルで相手を振り切って前へ進めるのも大きい。T1開幕の頃とは別のチームのようになっている、とのTOG(Tリーグおじさんの略)達の評なので、2か月程で一気に成長していくユース年代はやっぱり面白いなあと思うのです。

次は第7節、アウェイの実践学園高校戦。5/11(水)18時、実践学園高尾グランド。これまたツライ…。
posted by kul at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

プレミアEAST 第4節 柏レイソルU-18vsFC東京U-18 日立柏サッカー場

とうとう試合時間がかぶってしまいました。U-18プレミアは15時キックオフ、J3栃木戦は西が丘で14時キックオフ。ということで、J3には岡崎のほかに生地、鈴木喜、高瀬が召集。必要最低限に抑えてもらったというところ。ムリキがスタメンだは、ベンチはユースっ子3人だけだは、U-23のメンバーを揃えるのも相当に大変そうだ。
U-18は普段ボランチの08伊藤を右に移して、2ボランチには12小林真と42平川。1年生の平川、早くもプレミアでスタメン起用。

柏レイソルU-18 [ 0 - 1 ] FC東京U-18

【柏レイソルU-18】=============================
−−−−−09中村駿−−−−−−
24朝倉−−−−−−−−14中村陸
−−−27落合−−−06鬼島−−−
−−−−−−28加藤−−−−−−
12森−−05東山−03城和−02坂本
−−−−−−16猿田−−−−−−


【FC東京U-18】=============================
−−−−10松岡−11半谷−−−−
14内田−−−−−−−−−08伊藤
−−−12小林真−42平川−−−−
24荒川−02坂口−05蓮川−27岡庭
−−−−−01波多野−−−−−−


今節は総合グランドでなくサッカー場での開催。良いピッチを使わせてもらえてありがたいです。日立台はホーム/アウェイの配置が反対だが、この日はベンチの位置のみ一般的なサイドに割り振られて、何だか妙な感じであった。ホーム/アウェイの配置について、プレミアの大会規定が何かあるんだろうか。

てなことを思いつつ、キックオフ。快晴で、ピッチ上は相当に暑そう。

04分、右CKを得てキッカーは08伊藤。クリアを左で27岡庭が拾ってクロスを入れるが、ヘッドで合わせたボールは枠外へ。

05分、DFラインのパスを10松岡がカットして一度持ち直すとミドルシュート。枠外。

06分、右から柏のFK。14中村陸と27落合で少し動かして中村陸のクロスはファーへ。09中村駿には合わず。

12分、自陣からつないで11半谷がPAへ切り込むもDFがカット。こぼれたボールを拾った14内田のシュートはGKがはじいて左CKに。キッカーは08伊藤。クリアをつなぎ、11半谷(?)のクロスを受けた14内田がゴール前で粘ってシュートを打つが、GK猿田がブロック。10松岡が拾って切り込んでのシュートは枠外。

15分、オーバーラップからの裏抜けを狙い続ける02坂本が24荒川をかわし、中へ切り込みシュートかパスか。09中村駿が走り込むがその前でGK波多野がキャッチ。後方05東山、28加藤から縦やサイドへの長いパスが通るとピンチに。

20分、11半谷が右から切り込み、GKとDFを引き付けてマイナスのパス。ニアで08伊藤が合わせてゴール! 東京が先制。【0-1】

22分、左で09中村駿が受けたところをDFが囲み、後ろに戻したボールを28加藤がミドルシュート。GK波多野、一旦こぼすがキャッチ。

27分、相手陣内でじわじわつなぎ11半谷のクロス。14内田のヘッドは枠上。

29分、カウンターで02坂口が右サイドを持ち上がり、一旦戻してから縦にパスが入る。08伊藤とDFが絡んでこぼれたボールを10松岡が受け、中へ切り込んでシュートを打つもGK猿田がキャッチ。

35分、柏のパス回しから左サイドを抜け出される。クロスは27岡庭がブロックして左CK。14中村陸の入れたボールをクリアしたところから11半谷のカウンター。つないで右CKを獲得。08伊藤のCKがクリアされ、今度は柏09中村駿のカウンター。何とかクリアして12小林真がサイドでキープから前へ抜け出し、ピンチを脱する。

38分、柏14中村陸の左CK、クリアしたボールを24朝倉がミドルシュート。DFがブロックして、また中村陸が拾いクロスを入れるがGK波多野がはじく。

先制後は柏にボールを持たれクロスやセットプレーが続くも、GK波多野とDF陣が踏ん張る。10松岡と11半谷の前線からの守備もチームを助ける。2人の阿吽の呼吸で連動するプレスはずっと見ていたいほど(ずっと続いたら2人が倒れてしまうが)。

-----
後半。柏の交代、06鬼島→15大谷。ほぼ3トップに。

53分、東京の交代、10松岡→18鈴木郁。

55分、柏の交代、12森→13宮本。

57分、左スローインから浮き球のパスに09中村駿が抜け出し倒れるがファールはなし。

立ち上がりから柏にパスを回されるが、我慢の守備で決定的な所には入り込ませない。しかしさすがに皆疲れが見え始めている。日差しは陰って少し涼しくなってきたが、最後まで持つか?

61分、左からのクロスを24朝倉が後ろ足で落とすが、09中村駿の前でDFがクリア。これをつながれるも右奥の競り合いで柏のファールとなる。02坂本が異議(?)でイエローカード。

63分、右からのクロスをファーで24朝倉が受け、エンドライン際からマイナスのパスを入れるが、ファールがあり東京ボールに。

65分、中盤でプレスに行き18鈴木郁にイエローカード。

67分、クリアのロングフィードを18鈴木郁が追って、右外から追い越す11半谷にスイッチ。半谷のクロスに12小林真が合わせるが、枠外。

68分、ルーズボールを拾って左でつなぎ、11半谷のシュート。GKがキャッチ。

70分、24から中へのパスは、09中村駿、14中村陸がかぶって2人の足下に入り、シュートを打てず。何とかクリア。
東京の交代、走り続けて足の攣った11半谷→41久保。

74分、東京の交代、08伊藤→19吹野。この辺りから柏の攻撃を防いでは18鈴木郁と41久保でカウンターを狙うオープンな展開に。

77分、DFを背負いつつパスを受けた18鈴木郁、自分でこぼれたボールを追って足がもつれながらもDFをかわして抜け出しGKと1対1。脇を抜いたシュートはやや弱く、DFが追いつきクリアされる。
柏の交代、24朝倉→10昼間。

78分、27岡庭からの縦パスを受けた18鈴木郁がDFを引きずりつつ前を向いてシュート。枠上。

79分、13宮本→15大谷とつないで抜け出し、マイナスのパス。10のシュートは05蓮川がブロック。上に飛んだボールはGK波多野がキャッチ。高さが活きる。

81分、左から15大谷が抜け出しクロス。02坂口がクリア。タフな右SB27岡庭も疲れて、サイドの対応が遅れ気味になっている。05蓮川の足の状態も気になる。

82分、右から02坂本の縦パスに09中村駿が走るが、05蓮川が外へ追い出してクリア。

83分、右で41久保が粘って、DF裏へこぼれたボールに18鈴木郁が抜け出し、回り込んでシュート。GK猿田がキャッチ。

85分、41久保のドリブルからの左スローインを18鈴木郁が受けてミドルシュート。GK猿田がはじく。逆サイドから19吹野が詰めるも間に合わず。

86分、GK波多野のフィードを18鈴木郁が追って倒され、左正面からFK。27岡庭のボールは枠上へ。

88分、左→後ろ→右とパスを回してクロスが入るがGK波多野がキャッチ。

89分、柏の右スローインをカットして41久保がドリブル、左からのシュートはGK猿田がキャッチ。

90分、15大谷のキープから10昼間にパスが通り、左からシュート。ファーポストをかすめて外へ。

AT4分。

90+2分、左から10昼間がDFの間を通して中へパス。09中村駿が反転、シュートを打つがわずかに枠外。

何とか逃げ切って試合終了。【0-1】

-----
見ているだけで疲れるような緊張感のある試合で、ヘトヘトになりながら最後までよく集中して守ったなあ、と、おつかれさまという言葉しか出てこない。いや本当におつかれさまでした。
黒星スタートだったが、これで第4節にしてプレミアEAST首位に立つことになった。選手のやりくりが難しい中、T1で1・2年生を鍛えながらここまでは上手くチームを回せているなあと思う。連戦になる選手の怪我だけが心配です。

プレミアでは後半に「飛び道具」としての投入が続く18鈴木郁。割とほんわかおっとりしていそうな賢い言動と、DFを振り切って強引に前へ進むドリブルのギャップが面白い選手。「アメ車」と称された2年上の「UD」こと蓮川雄大ほどの速さと頑丈さはないが、がむしゃらさでは負けてない。
序盤戦の今の時点で、10松岡・11半谷と、18鈴木郁・41久保のタイプの違う攻撃のセットがあるのは強みですね。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする