2016年05月11日

T1 第7節 実践学園高校vsFC東京U-18B 実践学園高校高尾グランド

平日18時キックオフ、高尾駅からは近いのが救い。半休・早退で向かうものの京王線が人身事故で止まったため、前半に間に合わないファンも多かった。南無。

実践学園高校 [ 0 - 3 ] FC東京U-18B

【実践学園高校】=============================
−−−−11坂井−−22荒川−−−−
19前原−−−−09川村−−−07藤尾
−−−−−−−21浦−−−−−−−
04浅貝−02清水−06佐々木−18窪園
−−−−−−−−17−−−−−−−


【FC東京U-18B】=============================
−−−−−25原−−41久保−−−−−
15小林幹−−−−−−−−−−22杉山
−−−−−20品田−37寺山−−−−−
28天野−23長谷川光−29篠原−19吹野
−−−−−−−16高瀬−−−−−−−


04分、右奥でのスローインから11坂井が抜け出し、DFをかわして切り込みシュートを打つがサイドネット。最初のシュートは実践。

05分、左サイドを41久保がドリブル、中へ切り返してDFをかわしゴール前へパスを送る。ファーで22杉山が走り込むもGKがブロック。こぼれたところにもう一度詰めるがキャッチされる。

09分、右から11坂井が上げたクロスに22荒川が飛び込む。先にGK高瀬がはじいたボールをライン上で19吹野がクリア。

東京がショートパス主体に攻めあがるがシュートは打てず、ゴール前で奪われてカウンターを受ける形。実践は中盤09川村や21浦からの縦パス・浮き球パスで11坂井が飛び出したり、トップ下の位置の坂井からDF裏へのボールに22荒川が抜け出したり。左右からクロスも入るが、なかなか合わない。

20分、22杉山が中央でパスを受けて右へ展開。19吹野がオーバーラップして受け、そのまま速いクロスを入れる。ニアの41久保の前でGKがはじき、こぼれたボールを奪われて実践のカウンター。09川村からのパスに左サイドを11坂井が駆け上がりゴール前へパスを送るが、GK高瀬が飛び出してブロック。

23分、41久保が右からドリブル、切り返してちょっと中へ入りミドルシュート。GKがさわって左CK。20品田の入れたクロスはGKがはじく。
東京は前線のポジションを少し移動して、22杉山がトップ、41久保が右サイドへ。

25分、DFラインで29篠原が不用意に持ちすぎたところを11坂井にカットされてショートカウンター。坂井のドリブルには41久保が頑張って戻ってマークにつき、ボールは左の19前原へ。前原からのクロスは坂井に合わず、後ろ足で跳ね上げる。

30分、19吹野が41久保を追い越してパスを受け、ライン際から回り込んで中へ折り返し。ニアに25原が詰めるがGKがブロック。

32分、東京ゴール前のクリアを拾って04浅貝が低い軌道のミドルシュート。GK高瀬がはじく。浅貝の思い切りのよいミドルも怖い。

38分、実践07藤尾の左CK。ニアからヘッドでつながれるがGK高瀬が飛び出してはじく。ここでの競り合いで28天野が肩を打ち治療が入るが、天野はいったん外に出ずにそのままピッチに戻ってしまう。主審も気づかず。数プレー進んだところで指摘が入り、天野にイエローカード。ベンチの中村コーチからは「勉強、勉強」と声がかかるが、いや、ピッチ入る前に指摘しようよ(苦笑)。

ATに入り、相手陣内の左奥で競り合って41久保にイエローカード。なかなか攻撃が上手くいかなくて、少しイライラしているのが伺える。0-0で折り返し。

-----
後半。
東京の交代。28天野→34草住。25原→32今村。

前に仕掛ける34草住が入り、東京の両サイドが活性化。49分、右から20品田の意表をついたミドルシュートはGKがキャッチ。

50分、左サイドを22荒川(?)が駆け上がり中へパス。走り込まれるがGK高瀬がキャッチ。

52分、37寺山から縦パスを受けて41久保がドリブル、倒されて右サイド遠めからのFK。20品田が直接狙うがGKがキャッチ。

56分、32今村のドリブルから右CKを得ると、蹴るのは20品田。ゴール正面、23長谷川光がドンピシャのヘッドを突き刺して先制。【0-1】

攻撃をたたみかけ、59分、縦パスをナイストラップで収めた41久保が倒されPKを獲得。これを自分で決めて続けざまに追加点。【0-2】

62分、09川村が左から抜け出し、川村と2トップ対CBの3対2を作られるも、川村のシュートはGK高瀬がキャッチ。

63分、右からのパスに32今村が抜け出し、GKをかわしてシュートを打つが枠を切る。

実践が4-1-4-1に布陣を変更して、こんな感じに。
−−−22−−−
11−09−07−18
−−−06−−−
04−02−21−19
−−−17−−−


66分、右でパスを受けた32今村が中へ切り返してシュート、GKがキャッチ。

70分、やや長いボールに左で32今村が追いつき、DFに囲まれながら強引にシュートを打つ。ブロックされて混戦の中、相手を蹴ってしまいイエローカード。

ここで実践の交代、11坂井→16辻ヶ堂。

72分、東京の交代、22杉山→13吉田。吉田が右サイドに入り、41久保がトップへ。

74分、中央を15小林幹がドリブルで運び、ゴール前で切り返して自分でシュート。しかしDFに当たってしまう。左でパスを呼んでいた32今村にゴメンの合図。

77分、前へ上がってきた19吹野がドリブルで切り込むがボールを奪われる。取り返しに行ったところでアフターファールとなりイエローカード。

79分、DFの小さいクリアに37寺村が走り込み、グラウンダーのミドルシュート。GKがキャッチ。

80分、実践の交代、02清水→13塩田。塩田がボランチに入り、06佐々木がCBに戻る。

83分、東京の交代、15小林幹→17横山。横山が右、13吉田が左へ移動。
実践の交代、19前原→10斎藤。

86分、実践の交代、07藤尾→08石井。

87分、実践が右で一旦後ろに戻し、13塩田からニアへのクロス。09川村が走り込みシュートを打つが、23長谷川光がブロック。

88分、実践の交代、09川村→14武長。

90分、東京の交代、37寺村→26長谷川大。長谷川大が右に入り、17横山がボランチへ。

90+3分、41久保から中へのパスはDFがクリア。こぼれを17横山が拾って浮き球を前へ送ると、32今村が抜け出しシュート。ガツガツと狙い続けた今村が、最後にダメ押しのゴールを決める。【0-3】

-----
飛び級の中学3年生、41久保はプレミアで終盤のジョーカーとして起用される一方、T1ではスタメンで徐々にプレー時間をのばしている。まだ体格差のある相手とのマッチアップに慣らしつつ、持久力をつけさせるという2つのミッションをなるべく無理なく遂行するために、A-Bチームが上手く機能していると思う。

32今村、点取屋の気の強さは折り紙付き。テクに唸らされるタイプではないが、ポジション取りの勘が鋭く、ひたすらゴールに向かう姿勢がチームを勢いづける。

-----
2位関東第一より1試合多いが、これで東京U-18Bが暫定首位! このあとしばらく東京U-18BのT1リーグはお休みで、クラブユース選手権関東大会が始まります。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする