2016年07月17日

プレミアEAST 第9節 FC東京U-18vsアルビレックス新潟U-18 小平グランド

3連休の中日。先週の天気予報では「時々雨」になっていたが、3日間降らずに済みそうな空模様だ。午前中は曇り、試合後から雲が切れて日が差し始めた。

昨日のJ3はアウェイ沖縄で17時から。1-5の快勝だった。岡崎と鈴木喜はスタメンでフル出場。伊藤は交代で70分から、生地は84分からプレー。出場はなかったが波多野もベンチ入り。試合後、羽田着23時過ぎの飛行機で戻ってきたらしい。さすがに岡崎・鈴木喜はお休みで、2人で得点板係を務める。
ちなみにこの連休、平川・久保はU-16代表のオマーン遠征。小林真は新潟国際ユースのU-17代表に招集中。

今日はテニスコート側の天然芝ピッチが会場。U-18が天然芝を使わせてもらうのは久しぶりだ。クラブハウス側ピッチでトップのJ3組がリカバリーのランニングを行う中、試合開始。


FC東京U-18 [ 4 - 0 ] アルビレックス新潟U-18

【FC東京U-18】=============================
−−−−10松岡−11半谷−−−−
14内田−−−−−−−−−07生地
−−−−20品田−08伊藤−−−−
24荒川−02坂口−05蓮川−27岡庭
−−−−−−01波多野−−−−−


【アルビレックス新潟U-18】=============================
−−−−−−−09堀−−−−−−−
24本間−−−−10山下−−−11中野
−−−−15稲川−−06丸山−−−−
13藤原−04荻原−20吉田−03長谷川
−−−−−−−21池田−−−−−−



01分、新潟ボールのキックオフで守備に行った24荒川に、早々にイエローカード。最初のプレーでカードをもらったため、その後しばらく荒川が少し消極的になってしまったのは気の毒だった。

立ち上がりから前4人の連携で崩していく場面が続く。先週(結果的に)休養したFW2人、特に10松岡が久しぶりに軽々とした足取りでプレスをかける。

10分、右でつないで07生地からのパスを10松岡がDFを背負って受ける。落としたところに20品田が走り込み左足ミドルシュート。【1-0】

1コ下の平川とポジションを争う形になっている品田、チャンスを得たときにアピールしたい。そう、マナトにはこのミドルがある!

11分、右から07生地が切り込みシュートを打つが、ニアでGK池田がブロック。こぼれ球を10松岡が拾ってミドルシュートは枠外。

13分、27岡庭がドリブルで持ち上がりマイナスのパス。10松岡が受けてシュートを打つがDFがブロック。

中盤からいいリズムでパスが回る。10松岡と08伊藤の出足がよく、セカンドボールへの反応が早い。新潟のGK、DFラインは割と高い位置なので、20品田やCB05蓮川・02坂口から裏を狙ったロングフィードも多め。

21分、中盤にこぼれたボールを08伊藤が拾ってすぐに縦パスを入れる。11半谷が右から抜け出してシュートが決まる。【2-0】

半谷は開幕からここまで惜しいシュートはあるものの決められず、これがプレミア初ゴール。前で労を惜しまずボールを追う選手に結果がついてきて嬉しい。

29分、DFラインからのパスを中盤で10松岡が受け14内田へ、内田からのパスをオーバーラップした24荒川が受けて低い軌道のミドルシュートを打つ。GK池田がキャッチ。ようやく荒川も調子が戻ってきた。

31分、1本目の右CK。20品田のボールをゴール正面で05蓮川が前へ落とし、02坂口がシュートを打つもGKがはじく。

34分、11半谷が少しタメて右前へパスを送る。27岡庭が駆け上がりダイレクトで低いクロスを入れるが、ゴール前で合わず。

35分、07生地からのクロスに正面で20品田が合わせるが、少し足が滑って枠をそれDFがクリア。

38分、新潟11中野が中に寄った位置でパスを受け、ドリブルからクロスを入れる。05蓮川がクリアして右CK。中野が蹴ったボールをニアでクリアしてもう一度右CK。今度はGK波多野が飛び出し片手パンチングでクリア。

43分、11半谷がGKにプレス、左に出たボールを10松岡が追って奪い、切り込んでクロスを入れるがDFがブロック。20品田の左CKはGK池田がクリア。右CKにニアで05蓮川が足で合わせるが、バウンドして外へ。

45分、中央で10松岡がカットして右へパス。11半谷が抜け出してシュート。この日2点目が決まる。【3-0】

46分、14内田のパスに11半谷が左から抜け出しドリブル。シュートか折り返しか、ゴール前に入れたボールにファーで10松岡が走り込むが間に合わず。

良い流れで前半終了。新潟はまず09堀、10山下に当ててから、という攻撃だったので、05蓮川が自信を持って前に出て跳ね返し続けた。

-----
後半。
東京の交代、10松岡→15小林幹。前半のリムはとても調子が良かったのに「not his day」だった。交代は残念だが、クラ選に向けて色々な選手を使っておくのも必要だからね。
新潟の交代、15稲川→07登坂、20吉田→08松岡。こちらの松岡が右SBに入り、03長谷川が内に移動してCBに。

48分、中央で14内田がパスを奪い、ヒールパス。11半谷が右で受けてシュート。あっという間のハットトリック!【4-0】

49分、左から14内田が抜け出しドリブルで切り込む。03長谷川ともつれ合いになりながらシュートを打つがGK池田がキャッチ。長谷川が側頭部(?)をぶつけたようで少し痛そうにしながらプレー再開。

54分、左遠めで新潟のFK。11中野がファーサイドへ蹴ったボールをGK波多野がジャンプもせずに手を伸ばしてキャッチ。つくづく長身。

55分、左サイド24本間がドリブルで抜け出しPAへ切り込むが、GK波多野が飛び出してキャッチ。後半になって新潟のドリブルでの仕掛けが増えてくる。

57分、11半谷、軽く足が攣る?

59分、縦パスに10山下が走り込むが、05蓮川がスライディングでクリア。
新潟の交代、09堀→17吉原。キャプテンマークは堀から山下へ。

61分、右スローインからのクロスを14内田が頭で左へ送る。15小林幹が受けてシュートを打つが、力みすぎてミートせず、枠を切る。

62分、右からのショートカウンター、11中野がドリブルで02坂口と24荒川をかわして持ち上がり、中へ折り返す。10山下が左へ振って、24本間がフリーで受けシュートを打つも枠を切る。

63分、27岡庭のアーリークロスを15小林幹がゴール正面で受けるがシュートは打てず。こぼれ球を08伊藤が拾い、20品田とのワンツーで縦に切り込む。ゴール前で混戦となりDFの間から伊藤がシュート。しかしGK池田がキャッチ。

東京の運動量が落ちてきて、徐々に押され始める。この時間帯、05蓮川のカバーリングが守備を支える。蓮川、波多野、岡庭から、チームを引き締める声が飛ぶ。

68分、東京の交代、24荒川→18鈴木郁。で、こう。
−−−18鈴木郁−11半谷−−−−
14内田−−−−−−−−15小林幹
−−−−20品田−08伊藤−−−−
07生地−02坂口−05蓮川−27岡庭
−−−−−−01波多野−−−−−


新潟11中野の右CKが2本続くがクリア。

72分、東京のカウンター、11半谷が中央をドリブルで持ち上がり、並走の18鈴木郁へパス。鈴木郁が抜け出してシュートを打つがDFが戻ってブロック。余裕があって丁寧に行きすぎた。20品田の左CKを14内田が折り返し、05蓮川が頭で合わせるが枠外。

75分、東京の交代、07生地→29篠原。篠原がCBに入り、02坂口が左SBへ移動。

77分、左で14内田が後方からのパスを受け、一気にスピードを上げて抜け出す。中へのパスに11半谷が走り込むがわずかに合わず、4点目を逃す。足をストレッチして、ちょっとお疲れモード。

78分、02坂口がオーバーラップしてクロスを入れる。ゴール正面で18鈴木郁がトラップして切り返しシュートを打つもGK池田がキャッチ。思い切ってダイレクトで打ってみても良かった感じ。

79分、27岡庭のドリブルに13藤原がファールでイエローカード。流してくれても良かったけれども…。
東京の交代、11半谷→22杉山。
右から20品田のFKをヘッドでつなぐがGK池田がキャッチ。

81分、新潟の交代、13藤原→23原田。原田が右SBに入ってこうなる。
−−−−−−−09堀−−−−−−−
24本間−−−−07登坂−−−11中野
−−−−10山下−−06丸山−−−−
08松岡−04荻原−03長谷川−23原田
−−−−−−−21池田−−−−−−


85分、27岡庭、15小林幹、22杉山の細かいパス回しから右CK。20品田の低いクロスに中央でドンピシャのヘッドで合わせるが枠外。

87分、左からのクロスをブロックに走り、20品田が足を攣って外へ。

88分、新潟の交代、24本間→34柴崎。

89分、東京の交代、20品田→19吹野。吹野が左に入り、14内田がボランチに。

AT4分。

90+3分、11中野の右CKでニアに飛び込まれるが合わず、ファーに流れる。

試合終了。

-----
後半にやや押されたものの、久しぶりの完勝に選手達も満面の笑顔。シャーはもちろんハットトリックの半谷。気持ちよくクラ選の群馬へ向かえるのではないだろうか。J3との兼ね合いがどうなるかわからないけれど、皆頑張ってください。

試合終了の笛に、ランニングを終えて最後まで見ていた水沼と林がガッツポーズしながら引き上げていった(笑)。いいヤツだなあ。

-----
夜には味スタでトップチームの柏戦だけれど、深川の応援に追浜へ向かう。マリノスJY追浜 0-3 深川、09宮田和純が大活躍のハットトリックでした。1日でハットトリックを2つも見ちゃった!
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする