2017年03月20日

春フェスですよ。イギョラ杯 小平グランド

好天に恵まれた3月の三連休、U-18は2つの春フェスに参加してました。

・3/16(木)〜19(日) 福岡 サニックス杯国際ユースサッカー
・3/18(土)〜20(月・祝) 東京 イギョラ杯

サニックスにAチーム、イギョラにBチームということだったけれど、実際には新2・3年生のほとんどのメンバーがサニックスへ(平川はU-17遠征でアメリカ)。イギョラ初日は新1年生のみ。
18日にはJ3とJ1の試合が重なるためトップチームの人が足りず、U-18の坂口・小林真・小林幹・原・久保・岡庭・品田は前日の試合後に福岡から藤枝へ新幹線移動。藤枝戦の後はそのまま東京へ戻り、久保以外は翌日から交代でイギョラへ参加の強行軍。今年もU-18は忙しそうです…。

ということで、イギョラ杯に参加したのはまだ顔を合わせたばかりで連携も何もあったもんじゃないチームだったので、各試合のメンバーのみ記録しておきます。ちなみに試合は35分ハーフの70分(HTは5分)。


-----
○3/18(土) Dグループ第1試合
FC東京U-18 [ 0 - 1 ] 浦和レッズユース

【FC東京U-18】=============================
−−−−39宮田−41谷地田−−−
34小林里−−−−−−−−−12金
−−−−37沼田−35武井−−−−
38佳史扶−28岡−32木村−40森田
−−−−−−30高橋−−−−−−


後半12分、30高橋→21飯塚。12金→43横田。

今年のイギョラ杯優勝は浦和だったけれど、この日はスタートもベストメンバーではなかった様子で、途中にどんどん選手を変えて最後はほぼ新2年生だったのかな?
立ち上がりはテンパってミスが続いた東京だったが、15分頃からは何とか落ち着いてパスがつながるようになった。が、ひとつプレーした後の切り替えや動き直し、判断のスピードがあきらかに遅く、この年代の1〜2年の違いはやはり大きいなあと再確認した次第(色々と規格外の人が何人かいるので、基本的なことを忘れそうになる)。反対に、ひとつのプレーでのテクニック面では負けていないので、これからが楽しみでもあります。

サイドを突かれながらゴール前で踏ん張っていたものの、後半23分に中央左をドリブルで突破され失点。GK飯塚も横飛びして反応するがわずかに届かず。
U-18にチャンスがないわけでもなかったので、惜しい敗戦。


-----
○3/19(日) Dグループ第2試合
FC東京U-18 [ 0 - 2 ] 習志野高校

【FC東京U-18】=============================
−−−34小林里−39宮田−−−−
41谷地田−−−−−−−−43横田
−−−−18品田−40森田−−−−
38佳史扶−28岡−32木村−05岡庭
−−−−−−30高橋−−−−−−


HT、39宮田→37沼田。40森田→35武井。
−−41谷地田−−34小林里−−
38佳史扶−−−−−−−43横田
−−−18品田−−37沼田−−−
05岡庭−28岡−32木村−35武井
−−−−−−30高橋−−−−−


後半10分、30高橋→21飯塚。

J3藤枝戦のスタメン組はこの日はOFFで、ベンチスタートだった岡庭・品田が出場。センパイに緊張したのか声が少なく、終始ギクシャクとしたプレー。センパイからの声も少ないのはイカンよ。前後半に1失点ずつ。

後半交代後の某達人の名言「マナト・コーセーのボランチはロマン派」


-----
○3/19(日) Dグループ第4試合
FC東京U-18 [ 2 - 1 ] 佐野日大高校

【FC東京U-18】=============================
−−−−39宮田−43横田−−−−
34小林里−−−−−−−−37沼田
−−−−35武井−18品田−−−−
38佳史扶−28岡−32木村−40森田
−−−−−−21飯塚−−−−−−


HT、18品田→41谷地田。谷地田が右に入り、沼田がボランチへ。
後半12分、21飯塚→30高橋。

前半20分、右から37沼田のミドルシュートをGKがニアに飛び出してブロック。こぼれたボールに43横田が詰めて先制。
後半12分、41谷地田が右からドリブルで切り込み、勢いのままミドルシュートがズドンと決まって2点目。
後半22分、佐野日大高がカウンターでGK高橋をかわして流し込み、1点返す。

午前中とは見違えるように動きが良くなり、東京ペースの展開。沼田がどんどんミドルシュートを狙っていた。「ヤッチ(本物)」こと谷地田は右サイドがやりやすそう。


-----
○3/20(月・祝) 3位トーナメント第2試合
FC東京U-18 [ 1 - 3 ] 日大藤沢高校

【FC東京U-18】=============================
−−−39宮田−14原−−−−
34小林里−−−−−−43横田
−−08小林真−37沼田−−−
12金−28岡−40森田−35武井
−−−−−30高橋−−−−−


HT、14原→10小林幹。39宮田→38佳史扶。08小林真→32木村。28岡→02坂口。
−−−34小林里−−10小林幹−−−
12金−−−−−−−−−−−43横田
−−−−35武井−−37沼田−−−−
38佳史扶−02坂口−32木村−40森田
−−−−−−−30高橋−−−−−−


後半13分、30高橋→21飯塚。

最終日、各グループ3位同士のトーナメントには帝京が来るはずだったのだが、同地域のチームが集まっても、ということでチームを入れ替えて日大藤沢との試合に。第1試合は磐田U-18 5-0 成立。

品田・岡庭はこの日はOFFで、他のJ3組が参戦。しかしイマイチ噛み合わず、前半まずは2失点。終了際に39宮田のゴールで1点返す。
後半も日大藤沢ペースで、27分にハイボールで競り負けたところから右サイドへつながれ、中へ切り込んでシュートが決まり1-3。切り替えや動き直しのスピードを上げていかないと、と改めて感じる。


-----
○3/20(月・祝) 3位トーナメント第4試合
FC東京U-18 [ 3 - 0 ] 成立学園高校

【FC東京U-18】=============================
−−−14原−39宮田−−−−
10小林幹−−−−−41谷地田
−−08小林真−35武井−−−
12金−28岡−32木村−02坂口
−−−−−21飯塚−−−−−


後半10分、08小林真→38佳史扶。佳史扶が左SBに入り、12金がボランチへ。
後半14分、21飯塚→30高橋。

むさし組がいないと思ったら、午後から卒団式とのこと。
新3年生4人が入るとさすがに貫禄を見せ、新1年生も上手く使ってペースを握る。
前半22分、左の10小林幹からのクロスを14原がDFを背負ってトラップ、反転シュートが決まり先制。
前半31分、左から侵入した14原が絶好のパスを送るも、ゴール右で39宮田がトラップミス、残念! しかし上がってきていた02坂口に戻すと、坂口のクロスにファーの原が下がりながらのヘディングシュートを決めて追加点。
後半17分、ハーフウェイラインあたりから10小林幹がミドルループ(所謂「銅像ミドル」=記念の銅像が立つレベルのミドルシュート)を決めて3点目。
終了際、38佳史扶が左で粘って上げたクロスに中央へ走り込んだ14原がダイレクトで合わせる、と思ったら豪快に空振り(笑)。ハットトリックを逃した。

成立学園とはT1で5/3に対戦予定となっている。新1年生うちの何人かは、その試合にも出場するだろう。今日は新3年生達が中心になったけれど、次は自分達で試合を動かせるかな?


-----
イギョラ杯トータルでは11位で終了。
新1年生達には、入学前のこの時期に高校年代のプレーを経験できて、まず目指さないといけないレベルがはっきりしたことと思います。新生活、新チーム、みんな頑張ってね!
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

T1第3節 関東第一高校vsFC東京U-18B 小平グランド

小平開催だけど今日はアウェイユニホーム。

関東第一高校 [ 0 - 1 ] FC東京U-18

【関東第一高校】=============================
−−−−−−28安原−−−−−−
11重田−−−10篠原−−−27小関
−−−−16川村−05今野−−−−
25篠崎−26山脇−04小野−−−15
−−−−−−01北村−−−−−−


【FC東京U-18B】=============================
−−−−22今村−13吉田−−−−
19芳賀−−−−−−−−−11横山
−−−−07杉山−20中谷−−−−
25鈴木−24草住−29高橋−26天野
−−−−−−01大本−−−−−−


新背番号のお披露目(正確には先週末の“春フェス”、プーマカップ群馬大会Iから新背番号でプレー)でちょっと混乱するが、メンバーはほぼ前節と同じ。深川・むさしからの新1年生もほとんど揃っていたようだが、今日のベンチ入りは沼田・宮田と、西東京朝鮮からの金くんだけだったか?

06分、左サイドを19芳賀がドリブル、中へ切り込んで13吉田へパス。そのまま吉田がワンタッチで外のスペースへ出したボールに走り込み、芳賀がシュートを打つがファーポストに当たって跳ね返る。DFがクリアして11横山の左CK。クリアされる。

16分、01北村のゴールキックから左サイド深くで10篠原→11重田→28安原と浮き球でつなぎ、安原が切り返して中へパス。後方から27が走り込みグラウンダーのミドルシュート。GK大本が身体を倒してキャッチ。

やや東京ペースで押し込んでいるものの関一DFラインの守備は固く、逆にカウンターでこちらのゴール前まで侵入されると一気に攻撃の圧力が高くなり気が抜けない。

18分、GK大本のロングフィードを11横山が受け、DFをかわしてドリブル。右からシュートを打つがニアでGK北村がブロック。

20分、左スローインから関一のカウンター。16川村が右へドリブルしつつサイドへパスを送り、リターンを受けてゴール前へ斜めのパス。ニアの28安原をおとりに10篠原が走り込んでパスを受け、右へ切り返してマークを外しながらシュート。決定的だったが枠上へ。

東京がなかなかフィニッシュまで行けないうちに、徐々に関一に攻め込まれ始める。

21分、右SB15からのロングフィードに10篠原が抜け出し、ゴール前で受けて切り返しシュート。GK大本がさわって右CK。25篠崎の蹴ったボールはファーでクリア。

24分、右サイドのロングフィードに10篠原が抜け出し、エンドライン際で26天野を切り返してマイナスのパス。28安原が走り込むがマークについた20中谷がカットして、セカンドボールは篠原が受けるがこれはオフサイド。
20中谷、07杉山がかわるがわるDFラインからパスを引き出し、サイドを使って運んで行く。ゴール前で左右に振って相手を動かそうとするが、少しタッチ数が多く手詰まり感がある。
サイドからクロスは入るが中に合わない。CKは多いので上手く使いたい。

-----
後半。
関一の交代、25篠崎→22。

47分、左から07杉山のアーリークロスをDFがクリア。セカンドボールを杉山がひろい、外でパスを受けた25鈴木が左サイドをドリブル、PA内へ切り込みDFを振り切ってマイナスのパス。ニアの22今村がダイレクトでシュート。そのまま入るか、ファーポストか、というコースだったボールを、ファーでフリーの13吉田が押し込む。オフサイドはなく、東京が先制。【0-1】

52分、関一の交代、16川村→14。

関一が押し込む時間帯。集中してしのぐ。

65分、25鈴木のアーリークロスに13吉田が走り込む。並走するDFが先に触り後ろへ飛んだボールを狙ってシュート。GK北村が横へ飛んではじく。

66分、東京の交代、20中谷→18品田。

70分、東京DFのクリアを中盤左で05今野(?)がカットして10篠原へパス。篠原が右へドリブルして外の15へつなぎ、15からの縦パスに14が抜け出し右からシュート。ニアでDFがクリア。

73分、左でボールを奪った19芳賀がそのまま自分で駆け上がるが、DFのマークにあってエンドライン際から中へは行けず、もう一度外へ持ち出して後ろへ戻す、07杉山が受けてアーリークロスを入れるが13吉田の前でDFがクリア。18品田の右CKにファーで26天野が頭で合わせるが枠上へ。

75分、右スローインから18品田がワンタッチで浮き球のパス。22今村が抜け出すがDFがクリア。18品田の右CKが2本続くがクリアされる。

77分、東京の交代、26天野→03篠原。篠原が左CBに入り、24草住が右SBに。

79分、東京の交代、11横山→37沼田。沼田がボランチに入り、07杉山が右サイドへ。

87分、関一のカウンターとなるところを25鈴木がカットして前へ運び、斜めにパスを送る。ニアの22今村がスルーして中央に19芳賀が走り込みシュートを打つが、並走したDFが足元でブロック。

88分、東京の交代、22今村→27大平。

90分、中盤で19芳賀がボールを奪い、そのまま左へドリブルして内側の27大平へパス。大平が受けてミドルシュートを打つが枠外。

AT3分。

90+1分、東京の交代、13吉田→39宮田。最後の布陣はこう。
−−−−27大平−39宮田−−−−
19芳賀−−−−−−−−−07杉山
−−−−18品田−37沼田−−−−
25鈴木−03篠原−29高橋−24草住
−−−−−−01大本−−−−−−


最後の関一の攻撃をしのいで試合終了。

-----
互いに守備の固い、緊張感のあるゲームだった。相手が決めきれなかったことに助けられた面もあったが、1-0での粘り勝ちはまずは守備陣を褒めたい。中でも左SB鈴木のカバーリングが効いていた。サイドを駆け上がっての攻撃参加も魅力。昨年の怪我から完全復活。

CBで起用されることもあるが、中谷はやはりボランチで見たい選手。前線で相手ボールになった瞬間に間を詰めて奪い返す守備が良かった。

-----
グランド近隣農家の梅の花も散り始め、だいぶ夜の寒さも和らいできました。

さて、この後U-18が参加する“春フェス”は、次の2つ。
・3/16(木)〜19(日) 福岡 サニックス杯国際ユースサッカー
・3/18(土)〜20(月・祝) 西が丘等 イギョラ杯

日程が重なっているので、サニックス杯はAチーム、イギョラ杯はBチームが参加とのことだが、もうひとつ、3/18(土)にはJ3のアウェイ藤枝戦もある。ついでに18日夜はJ1のホーム川崎戦も開催。
つまり、メンバー足りないんじゃないのコレ??

ということで、春フェスには新1年生がどんどん出場するのではないかと思われます…が、ちょうどこの週末には中学校の卒業式もありそうなんだよね。どうなることやら。

-----
本日の副審は半谷。卒業する3年生がお手伝いにきてくれるのも、あと何試合か。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする