2017年04月12日

T1第7節 東京朝鮮中高級学校vsFC東京U-18B 小平グランド

5試合目だけど第7節。
4月も半ばになろうというのに風が強く寒い小平。咲き残った桜の花びらが雪のように降る中、T1の試合。小平開催だが今日はアウェイ扱いで白ユニです。

東京朝鮮中高級学校 [ 0 - 1 ] FC東京U-18B

【東京朝鮮中高級学校】=============================
−−09−11−−
07−−−−−16
−−06−10−−
02−05−04−03
−−−01−−−


【FC東京U-18B】=============================
−−−−22今村−13吉田−−−−
19芳賀−−−−−−−−−11横山
−−−−12金−−20中谷−−−−
25鈴木−24草住−29高橋−26天野
−−−−−−01大本−−−−−−


12金がボランチで初スタメン。相手の東京朝鮮には先輩や友達がいるかも?

東京朝鮮がサイドを交換したので、前半の東京は向かい風。高く蹴ったロングフィードは吹き戻され、前線の動きになかなか合わない。セカンドボールも拾いきれず、やや押し込まれる。東京朝鮮もサイドからクロスを上げるところまでは行くものの、ゴール前で跳ね返されたり目標を反れたり、得点にはつながらない。

そんな中、右サイドの11横山が力強いドリブルで縦の突破を図り始める。17分、右スローインから高い位置でボールを持った横山がDFを振り切ってエンドライン際を回り込み、中へ折り返す。ゴール正面の13吉田がダイレクトで合わせようとするがDFが詰めて、蹴り損ねたボールは左後方へ。これを20中谷がひろって、強引に振り抜いたシュートが決まり先制。【0-1】

21分、11のドリブルから10の右CK。ファーでDFの動きがかぶるがシュート(?)は枠外へ。

22分、右で持ち上がって中央を経由し左の25鈴木へ。鈴木から前でパスを受けた13吉田がワンツーを狙って中のスペースへ折り返すが呼吸が合わず、DFがクリアしようとするところに19芳賀が右から走り込み、もう一度左へボールを送る。鈴木が受けて大外から切り込み、ゴール前へパスを送るがDFがブロック。

24分、10の右CKにファーサイドで04が頭で合わせるが枠上。

26分、11横山からパスを受けて26天野がサイドを抜け出し、クロスを入れるがDFがブロック。横山の右CK、ニアで20中谷の足元に入りすぎ、シュートはDFに当たり上へ。もう一度横山の右CK、今度はファーに蹴るがDFがクリア。

11横山のドリブルを起点として、徐々に攻撃の形が出来てくる。形が出来ると余裕も生まれて、前でセカンドボールもひろえるようになる。

34分、11横山がドリブルで切り込み、ゴール前へ折り返す。ファー後方で吉田がダイレクトで打ったシュートは、いいコースだったがDFがブロックしてクリア。

36分、11横山が中央を持ち上がり、左へパス。25鈴木が受けて左サイドから回り込むところをDFがカットして左CKに。横山の蹴ったボールにニアの13吉田が低めのヘディングで合わせるが、DFがクリア。

38分、11横山がサイドでDF2人を振り切って速いクロスを入れる。22今村がダイレクトで合わせてシュートを打つが、ゴール前でバウンドしたボールをGKがキャッチ。

39分、24天野がドリブルで抜け出し折り返す。ニアで13吉田がシュートを打つがGKがはじく。セカンドボールにゴール正面で22今村が詰めるが、その前にDFがクリア。

41分、16の右ロングスローからつないでのシュートは東京DFがブロック。10の右CK、クリアしたボールを10がひろってクロスが入るが、ファーで抜け出した選手がオフサイド。

45分、左後方から東京朝鮮のFK。クリアしたセカンドボールを中央でひろってシュートはGK大本がキャッチ。

前半ラスト、東京のカウンター時にボールをカットされた19芳賀が追わず、逆カウンターとなる場面があり。ベンチから叱責が飛ぶ。そういうところ、大事だから、試合がどんな状況だろうときちんとやろう。

-----
後半。

54分、右奥でのスローインからニアで19芳賀がポストになって、落としたボールを22今村がシュート。絶好だったが、GKがはじいてDFがクリア。

58分、左から中央の20中谷へ、中谷から右の11横山へ、横山からの縦パスに24天野が追いつき折り返すがDFがブロック。横山の右CKはDFがクリア。
サイドチェンジが少なかったがようやく幅を使う展開が出てきた。ここ、もう少し頑張りたい。

65分、東京朝鮮の交代、16→13.

66分、左後方でFKからロングフィード。ファーで受けて入れたクロスは東京DFがクリア。セカンドボールをひろって切り込み、折り返したボールはGK大本がキャッチ。

67分、東京の交代、11横山→33久保征。久保征がトップに入り、13吉田が右サイドへ。

75分、東京朝鮮13の右ロングスローからつないでクロスが入り、09がワントラップしてシュートを打つが枠外。
東京の交代、12金→37沼田。26天野→35武井。

77分、25鈴木が左から回り込み角度のない位置からシュートを打つが、GKがキャッチ。

80分、中盤でのFKをつないで右からクロスが入る。ファーで09が受けてシュートを打つが東京DFがブロック。左CKにファーで頭で合わせるが力が乗らず、東京DFがクリア。

83分、東京の交代、13吉田→34小林里。

85分、中央やや左からのFKを37沼田が直接狙うが、GKがキャッチ。

89分、東京の交代、22今村→27大平。

AT3分。

90+2分、右からの浮き球パスに27大平が走り込み、DFともつれて倒れる。大平にイエローカード。ファウルかシミュレーションか?

90+3分、ゴール前の攻防で35武井のクリアが小さく、相手に渡る。シュートを打たれるが枠外。プレミア開幕戦を思い出してヒヤリとするが、逃げ切って試合終了。

-----
どうにかこうにか、という感じの勝利でホッとしたものの、チーム作りはまだまだ途上だなあという印象。幸い、最終ライン、特にGK大本と高橋・草住の両CBのトライアングルには安定感がある。ここで持ったボールを、まずどこに出すか? ということで、ボランチ勢はもうちょっと頑張りたい。試合の舵取りをするから「ボランチ」なんだものね。11横山、25鈴木が強引に試合を動かしに行くドリブルは楽しいけれど、他の道筋も作って行かないといけない。
まあ、初出場の1年生もメンバーに入ってきて、これからです。

-----
本日の副審は杉山でした…が、思わず見直す坊主頭。何やったの(苦笑)?
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする