2017年04月15日

プレミアEAST 第2節 浦和レッズユースvsFC東京U-18 駒場スタジアム

同日開催のJ3、アウェイのセレッソ大阪U-23戦に岡庭、坂口、平川、久保、小林幹、原、大本の7人が招集(大本は昨日二種登録したばかり)。プレミア+T1のメンバーでの第2節。

浦和レッズユース [ 1 - 2 ] FC東京U-18

【浦和レッズユース】=============================
−−−−20長倉−19甲斐−−−−
10シマブク−−−−−−−07弓削
−−−−03大西−13白土−−−−
06荻原−04橋岡−05関−−15北村
−−−−−−25石井−−−−−−


【FC東京U-18】=============================
−−−−−22今村−13吉田−−−−−
19芳賀−−−−−−−−−−−11横山
−−−−08小林真−18品田−−−−−
24草住−04長谷川−03篠原−29高橋亮
−−−−−−−16高瀬−−−−−−−


T1ではCBの草住・高橋亮が両SBに入る。

前半は東京が風上。上空は割と強い風が吹いているらしい。
固くなっているのか立ち上がりから攻撃がつながらず、セカンドボールをひろえない。

8分、今日は右SBに入った29高橋が対面の10シマブクをかわして前に出ていこうとしてファウル。06荻原のFK、ファーで折り返したところをクリア。

10分、10シマブクの左サイドのドリブルをファウルで止めてFK。06荻原のファーへのボールに03大西が抜け出しダイレクトボレーを打つがサイドネット。

15分、10シマブクが後ろに戻すと、06荻原がダイレクトでクロスを上げる。ファーで07弓削が折り返したボールは左ポストに当たり、こぼれたボールに19甲斐が反応してオフサイド。

16分、24草住ドリブルから18品田の左CK。ニアで合わせた低いヘディングはクリアされる。

17分、中盤右でカットしたボールを受けた17横山が意表を突いたミドルシュートを打つが枠外。

18分、浦和のカウンター。左後方からのスルーパスに中央で19が走り込むが、04長谷川が先にボールにさわってコースを反らし、03篠原がクリア。

25分、左で03大西がワンタッチで落とし、外を20長倉が抜け出す。中へのパスへ10シマブクが走り込み、エンドライン際からゴール前へ折り返すが何とかクリア。

26分、22今村が中央右でパスカットして、グラウンダーのミドルシュート。ファーポストに当たり、DFがクリア。

27分、06荻原の右CKにGK高瀬が飛び出して片手ではじく。ファーでひろってつなぎ、中央後方から07弓削がループシュートを狙うが、高瀬がキャッチ。

30分、10シマブクのクロスに20長倉が合わせるが、頭を振りすぎてボールはファーサイドへ。

37分、10シマブクのドリブルをファウルで止めて左奥でFK。シマブクが蹴ったボールは中に合わずファーに流れるが、これを東京DFが追うのが遅れる。15がひろって折り返し、06荻原が右後方からミドルシュートを打つが枠上へ。セカンドボールを他人任せで追わないのは、良くないぞー

40分、自陣中央でカットされて縦パスが20長倉へ。長倉に03篠原がマークについて時間を作り、中へつないでクロスが入るがクリア。

43分、03篠原→29高橋亮とつなぐところにプレスがかかり、高橋亮からのロングフィードがカットされる。アーリークロスの対応で篠原とGK高瀬が連携ミス、一瞬見合った隙に20長倉が抜け出し1対1でシュートを打つが高瀬がブロック。しかしこぼれたボールを左で長倉がひろい折り返すと、中央に走り込んだ07弓削が流し込み浦和が先制。【1-0】

全体にチャレンジが足りず、ボールを持ってから次の展開を考える場面が目立つ。いつもと違うメンバーなので仕方のない面もあるが、そう言ってもいられないので、後半どう立て直すか。

-----
後半。

46分、24草住が長身の19甲斐と競り合ってファウルを取られ、PA横で06荻原のFK。ファーに抜ける。

48分、東京ゴールキックの跳ね返しを、クリアしそこねて右CKに。06荻原の蹴ったボールはまたファーへ抜ける。前半にセットプレーで良いボールを蹴っていた荻原だが、風向きが変わってまだ合わせ切れない様子。

52分、左CK、今度は10シマブクが蹴るがGK高瀬がキャッチ。

53分、東京の交代、22今村→07杉山。

58分、浦和の交代、19甲斐→14井澤。

59分、左スローインから13白土がDFを振り切り、切り込んでシュートを打つが枠外。

60分、19芳賀のドリブルから18品田の左CK。03篠原の足元に入りすぎてしまい蹴りそこね、ファーにこぼれる。

63分、DFラインで回して03篠原がロングフィード。ゴール正面で13吉田が落としたボールを左外で07杉山が受け、切り返してシュートを打つが枠を切る。

07杉山が前でセカンドボールをひろって時間を作れるようになったことで、徐々に攻撃の形ができてくる。

69分、ハイボールの競り合いで13吉田へのファウル。中央右から18品田のFKに11横山がヘッドで合わせて同点!【1-1】

71分、浦和の交代、13白土→09樋口。
東京の交代、11横山→09吹野。吹野がトップに入り、07杉山が右サイドへ。

74分、再びハイボールの競り合いで13吉田へのファウル。左遠めからの18品田のFKに、中央後方で08小林真がヘッドで合わせるがGK正面。

76分、左から06荻原が切り込むところに08小林真が飛び込みイエローカード。

79分、ハイボールの競り合いで03篠原がファウル。左遠めから10シマブクのFK。ファーからゴール前へ走り込まれるが、その前でクリア。

80分、左スローインからつないでクロスが入り、右から走り込まれるがGK高瀬がキャッチ。

84分、07杉山のサイドチェンジから左奥で競り合って左CK。18品田の蹴ったボールをファーでつなぐがクリアされる。

88分、左スローインからつないで20長倉(?)のシュート。18品田がブロック。ファーへの左CKはGK高瀬が片手パンチングでクリア。

89分、ゴール前のファウルを一旦流した後、プレーが切れたところで04長谷川にイエローカード。
浦和の交代、06荻原→27林。

AT3分。

90+1分、左奥でつないで後ろに戻し、24草住がクロスを入れる。ファーでヘッドで合わせたのは、07杉山! 小柄な杉山へのマークが甘くなったところを逃さなかった。【1-2】

90+3分のラストプレー、10シマブクの左CKにGKも上がってくるが、GK高瀬がキャッチ。

試合終了。

-----
勝ちに不思議の勝ちあり、というのが正直な感想で、内容は完全に浦和の方が上回っていた。それでも、J3組が不在の中で勝てたことは大きい。出場メンバーの自信にもなるし、欲も出るだろう。

DF陣は色々反省が多かったのではなかろうか。まずはもう少し落ち着いて、周りの選手を確認。そして遠くを見るようにしたい。

MOMは杉山。怪我明けで途中出場ながら、前線で流れを変えて最後は決勝点まで。それにしても坊主はどうした。
MOM次点は横山。流れが悪いときも縦に突き進むドリブルで停滞感を吹き飛ばす。
二人ともこのままプレミアで見たいぞ。

posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする