2017年07月20日

U-18クラ選目前、雑感

T1の試合の翌土曜日、U-23はアウェイ鳥取で0-6の大勝。この試合には、U-18から坂口・品田・小林幹・久保建がスタメン、大本・長谷川光・原がベンチで帯同。

日曜日のプレミアEAST第9節、U-18はアウェイ青森山田に1-0で敗戦。前半6分に深川OBの堀脩大にFKで先制を許し、後半は巻き返すもゴールできず、という試合だった模様。鳥取戦の後そのまま帰省していたので、青森へは行けませんでした。

プレミアEASTの前節、第8節は3位東京vs4位鹿島、1位清水vs2位青森山田という組み合わせ。東京と青森山田が勝利して、1〜4位の順位は変わらないながらも2位・3位は同勝ち点、得失点差で青森山田が2位、という状況。

○第8節終了時
順位チーム名勝点試合数得失差
1清水エスパルスユース(静岡)178521+8
2青森山田高校(青森)168512+8
3FC東京U-18(東京)168512+6
4鹿島アントラーズユース(茨城)148422+3

で、第9節の結果を受けて、こうなりました。

○第9節終了時
順位チーム名勝点試合数得失差
1清水エスパルスユース(静岡)209621+11
2青森山田高校(青森)199612+9
3FC東京U-18(東京)169513+5
4鹿島アントラーズユース(茨城)159432+3

ちなみに、この後ろには5位柏、6位京都が勝ち点12で並ぶ。

青森山田戦の後、ライターの後藤勝さんが次のようにツイートされていた。

https://twitter.com/TokyoWasshoi/status/886469571753852930
FC東京U-23が大勝したのはよし。でも、そちらに選手を7人供出したFC東京U-18は青森山田高校に敗れた。これでプレミアEASTは一巡して首位に勝点3差の3位。選手を抜かれたvs.マリノス、vs.青森山田の黒星が響いている


後藤さんは昨年のU-23立ち上げ以降、U-18も度々取材して記事を書いておられてありがたいのだが、ちょっとだけ所謂「ユースファン」とは見方が違うのかなあと思ったので、私見を書いてみます。

昨年同様、トップまたはU-23のチーム事情に合わせてU-18から選手を抜かれており、メンバーを固定して連携を深めることがやりにくいのは事実。しかし「今いるメンバーでやってやろう」と結束して試合に臨み、U-23で選手が抜かれることがなければAチームとBチームの間にいたであろう選手達が、徐々に成長してきているのを感じる。敗れたものの、第8節のマリノスユース戦は、誰が出ても戦えるチームになりつつあると思わせてくれる試合でした。

もっとも、U-18プレミアが選手の成長を待っていてくれるような甘いリーグではないのも確かで、あらかじめ一定以上のレベルに達していなければ勝利するのは難しい。それゆえの3敗、ということではあります。

それでも、負けた理由を「誰それがいないから」というところに求める必要はないんじゃないかな。ただ単に、そのときのチームが相手より何か足りなかったから負けた、というだけでいいんじゃないかと思う。そのときどきのチームが、そのときの「U-18」。


-----
負けた試合よりも、今年は、メンバーがある程度揃って勝利した試合の方に課題を感じている。

昨年はU-23に本当に選手が足りず、連れて行かれたU-18の選手達は否応なく主力として戦わなければならなかった。いきなり1つ2つ上のリーグに放り込まれてボコボコにやられたりもしたが、実戦で鍛えられ予想以上の成長をして、その経験をU-18にも持ち帰ってチーム全体のレベルを引き上げてくれたと思う。

そして今年。U-23には、昨年からすでに主力であった昇格・進学組が加わり、人出不足は若干(若干。大事なことなので2回)解消された。出場時間を調べてないので、もしかすると時間的にはあまり変わらないかもしれないが、昨年よりもU-18にかかる荷重は少なくなった気がしている。
U-23に呼ばれて、行った先のチームには昨年の先輩達が主力としている。ここで少し「お客さん気分」が、それとも「慣れ」が出てはいないだろうか? また、呼ばれてもプレー時間が短いと、体調や試合勘を保つのも大変。U-18に戻ってきたときに、すぐにフルで戦う準備ができていなくてチームに溶け込めていないのではないか、と思うことがある。

U-18のうちにJ3でプレーすることを、週末ごとの当たり前の出来事だとは思ってほしくない。慣れてしまって緊張感・高揚感が薄れれば、選手個人としても、経験を持ち帰ってほしいU-18チーム全体としても、成長の曲線はゆるやかになるだろう。

U-18から呼ばれた選手達が、U-23で「お客さん」にならず緊張感を持ってプレーし続けるためにも、トップ所属の選手達、特に昇格・進学組は早くJ1の試合へ「卒業」していってくださいね(はあと)、と発破をかけて、まとまらない雑感を締めます。
posted by kul at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

T1 第10節 実践学園高校vsFC東京U-18B 実践学園高尾グラウンド

金曜夕方、午後半休で高尾へ。
明日土曜日はJ3アウェイ鳥取戦、明後日日曜日にはプレミアEASTアウェイの青森山田戦ということで、今日のT1は1・2年生のみの登録となった。GK橋優はT1デビュー戦。キャプテンマークは19芳賀が巻く。副審は杉山。T1首位、ここまで負けなしの実践学園との対戦。

実践学園高校 [ 4 - 2 ] FC東京U-18B

【実践学園高校】=============================
−−−−07前原−10武田−−−−
−−−−−−09村上−−−−−−
12山内−−−−−−−−−08石本
−−−−06北條−05奥山−−−−
−04三澤−−02尾前−−03斎藤−
−−−−−−01成田−−−−−−


【FC東京U-18B】=============================
−−−−34小林里−33久保征−−−−
19芳賀−−−−−−−−−−−−12金
−−−−−20中谷−37沼田−−−−−
25鈴木−29高橋亮−−32木村−40森田
−−−−−−30橋優−−−−−−



01分、中央から左でフリーの12山内へパス。絶妙なトラップで抜け出すが、飛び出したGK橋優がシュートの前にブロックしてキャッチ。立ち上がりにいきなり少しいたむがナイスセーブ。

06分、左スローインから前へのパスに07前原が抜け出して中へ折り返す。中央で09村上がダイレクトボレーで合わせて先制。【1-0】

実践の前線3人の流動的な攻撃をつかまえきれず、振り回される。速いプレスに東京の選手達は跳ね返すのでやっとなのだが、前で収めることができない。

12分、中盤で東京のパスをカットして09村上から縦にパスが入る。32木村が足を出すがさわれず、07前原が中央を抜け出す。GK橋優の脇を抜いて流し込み。【2-0】

東京の選手達、自信がなくなって、味方がボールを持っても自分に呼び込むことができない。気持ちで負けたらだめだよー。

17分、左で12金がファウル。10武田のFKに中央で04三澤が競り勝ち、頭で合わせる。三度、あっさりと失点。【3-0】

20分、中央で34小林里がセカンドボールをひろい前へドリブル。DFのカットしたボールを後ろで受けてゴール前へクロスが入るが、走り込んだ小林里には合わず。クリアを後方でひろった33久保がミドルループを打つがバーに当たる。

22分、19芳賀が左奥まで持ち込んでDFをかわして中へドリブル、シュートを打つがサイドネット。

3得点で実践が少しペースを落としたこともあって、やっと各局面で少し戦えるようになる。

25分、後ろからつないだボールを中央右で33久保が受け、縦にパスを送る。37沼田が走り込みシュートを打つが、力が乗らず枠外。

27分、パスが手詰まりか、となったところで左後方から25鈴木がロングシュート。枠へ飛ぶもGK成田がキャッチ。

28分、飲水タイム。

32分、右の33久保から中央の37沼田、さらに左で34小林里が受けて前へボールを送ると19芳賀が走り込んでシュート。GK成田がさわってクリアとなるが、速いパスがつながっていい流れの攻撃ができた。

35分、33久保から左前へのパスを12金が受け、中へドリブルしてシュートを打つがGK成田がキャッチ。

37分、25鈴木のドリブルから37沼田の左CK。これが両チーム合わせて1本目のCK。ファーで12金が折り返すが中央でのシュートはクリア。

38分、縦パスを10武田が競って05奥山の右CK。ゴール正面へのボールをGK橋優が飛び出し片手ではじく。後方で12山内がひろってミドルシュートを打つが枠上。

39分、34小林里が倒されてPA左角でFK。19芳賀がクイックリスタートを狙うがDFに当たる。結局やり直しで、ニアで東京のファウルに。

45分、中央の09村上から左の05奥山へ、また中へ戻したボールに10武田が走り込むが東京DFがブロックして左CK。武田が中央へ入れたボールに06北條が飛び込む。頭をかすってボールは外へ。

AT3分。

45+2分、ゴールキックを追った34小林里が倒されて中盤左でFK。12金がいいボールを入れるがDFがクリア。

後半にもう一段ギアを入れられるか。

-----
後半。
東京の交代、33久保→39宮田。

48分、25鈴木がドリブルで運んで中へパス。34小林里が受けて切り込むが、ゴール前への折り返しはDFがブロック。12金の左CKはニアでDFがクリア。

58分、実践の交代、08石本→14大関。

59分、中央で低い軌道のミドルシュートがポストに当たり、跳ね返りに09村上が詰めて実践に追加点。【4-0】

宮田が前で身体を張って、起点ができるようになってきたところで失点してしまうが、交代で仕切り直しを図る。

60分、東京の交代、25鈴木→38佳史扶。34小林里→41谷地田。

64分、実践の交代、09村上→19村木。
東京の交代、37沼田→26天野。

65分、左へドリブルした41谷地田からパスを受けて39宮田が中へ。ゴール前の密集の中で19芳賀へパスを入れるがDFがクリア。これを26天野がひろってグラウンダーのミドルシュートを打つがGK成田がキャッチ。

66分、中央でパスを受けた19芳賀が少し運んでゴール前へパスを送る。DFをかわして抜け出した41谷地田がシュート。1点を返す。【4-1】

67分、38佳史扶が上がった裏へパスが出て、14大関のカウンター。ゴール前へパスを入れるがニアに走り込んだ07前原には合わず、枠を切る。

73分、自陣右からのパスを中央で受けて19芳賀が縦にドリブルで抜け出す。GKと1対1を落ち着いて流し込む。まだまだ時間はあるぞ!【4-2】

75分、GK成田のフィードを競ってこぼれたボールを07前原がひろい、シュートを打つが枠上。

76分、中盤で20中谷のパスがずれたところをカットされ、縦にパスが入る。14大崎がドリブルで運んで打ったシュートは、DFがさわって枠を切る。10武田の左CKをファーで03斎藤が折り返すが、GK橋優がキャッチ。

79分、実践の交代、06北條→15高須。

82分、12山内のドリブルから左CK。10武田の蹴ったボールはDFがクリア。

88分、東京の交代、12金→35武井。
実践の交代、07前原→20岩本。

90分、実践の交代、05奥山→13。

90+1分、中央をワンタッチのパスでつなぐと、19芳賀が抜け出してシュートを打つ。しかしGK成田がブロック。芳賀は足を攣らせて倒れるが、気合いで復帰。

90+2分、ロングフィードに39宮田が抜け出すが、バウンドしたところをGK成田がキャッチ。

試合終了。1点返した後は左サイドを中心に攻め込んでいたのだが、なかなか得点にはつなげられなかった。

-----
さすがにスタメン6人が1年生とあっては、厳しい試合になった。

前・後半を通じて戦っていたのは、キャプテンマークの19芳賀。ことに後半終盤、獅子奮迅という頑張りには熱くなった。その熱量をピッチ上の味方の選手達にもっと伝えてほしいと思うし、周りも積極的に巻き込まれていってほしい。

怪我で出遅れたけれど、39宮田が徐々に復帰してきた。前で起点を作れるようになるとT1で攻撃の選択肢が増える。前半での交代となった33久保征が後半を見て、次の機会にどんなプレーをするか興味を持っている。

41谷地田、38佳史扶の流れを変える力はさすが。彼らについては、しばらくは身体の成長とバランスを取りつつの起用ということになるのかなーと思う。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

プレミアEAST 第8節 FC東京U-18vs鹿島アントラーズユース 小平グランド

仕事にかこつけてしばらく観戦記録をサボってました。そのうちしれっと過去記事を追加しているかもしれません。

前日の土曜日、U-23は福島ユナイテッドFCとアウェイで対戦。後半81分からの2ゴールで追いつき、2試合連続の引き分け。U-18からは品田、平川、久保がスタメン出場して、ベンチには坂口、長谷川光、小林幹、原が入る。
今日はU-23で長時間プレーした品田と久保はお休みで、他のメンバーは試合に名を連ねる。

土曜日にはトップチームも鹿島と味スタで対戦して、悔しいながらも久々に充実感のある内容の引き分け。心なしか小平の観客の雰囲気も明るい。

いよいよ夏。強い日差し、やや強い南風(小平名物?)。


FC東京U-18 [ 2 - 1 ] 鹿島アントラーズユース

【FC東京U-18】=============================
−−−−10小林幹−14原−−−−−
06荒川−−−−−−−−−−11横山
−−−−08小林真−23平川−−−−
02坂口−04長谷川−03篠原−05岡庭
−−−−−−16高瀬−−−−−−−


昨日、前・後半に半分ずつ出場した平川と小林幹がスタメン。左SB起用が続いていた荒川が、今日は1列前へ。


【鹿島アントラーズユース】=============================
−−−−−09金澤−12渡邉−−−−
05武沢−−−−−−−−−−08出津
−−−−15阿須間−18小沼−−−−
06荒川弘−04中村−13増崎−02結城
−−−−−−−01沖−−−−−−−



2分、左からの低いクロスに、ニアで長身の14原がかがんで頭で合わせるが枠を切る。

05岡庭の左右CKが続くが、GK・DFがクリア。

11分、縦パスに中央左から12渡邉が抜け出して、ゴール前へ折り返す。03篠原がブロック。08出津が低く蹴った左CKはサイドネット。

13分、左から10小林幹がドリブルで持ち込み、エンドライン際を中へえぐってシュート。DFがブロックしてGK沖がキャッチ。

14分、右サイド09金澤のドリブルをファウルで止めてやや遠めからFK。06荒川弘大朗が蹴ったボールはニアで06荒川滉貴がクリア。どーでもいいけど両方「06アラコー」である。

東京はその06荒川滉がやや中寄りの位置取りで、10小林幹とどうやって左サイドを使うか模索中に見える。一方、右サイドは05岡庭のウラをしつこく狙われていて、なかなかこちらから上がって行けない。鹿島の積極的なプレスを嫌がって中盤をハイボールでつなごうとして、ルーズボールをさらわれる。

17分、左へのロングフィードに14原が走り、ボールをキープして周りの上りを待つ。左で短いパスを出し入れしてタイミングを計り、02坂口がクロスを上げる。ファーで原が待ち構えるがGK沖がキャッチ。

19分、05岡庭の縦パスを11横山がスルー、奥で14原が受けたところをDFにカットされるが、原が取り返して反転、右前へパスを送る。横山が受けてドリブルで駆け上がり、ふわっとしたクロスを上げる。ニア後方の08小林真が左足ダイレクトで合わせるが枠外。

25分、飲水タイム。

29分、23平川が左サイドをドリブル、DF2人をフェイントでかわして抜け出すと中へパス。ニアで10小林幹が合わせるが枠外。

31分、ロングフィードに05武沢が抜け出す。マークについた03篠原が競り合いでファウルとなり、PA右から06荒川弘のFKはクリア。ここで14原が左ひじに出血ありということで、治療で外へ出る。08出津の左CKは、ファーにGK高瀬が飛び出し片手ではじく。セカンドボールを拾ってのミドルシュートは枠上。

36分、左スローインからの切り込みを03篠原がクリアしたところにアフターファウルがあり、09金澤にイエローカード。

40分、左からつないで23平川が抜け出しシュートを打つがDFがブロック。05岡庭の左CKはニアでクリア。

42分、GK沖からのロングフィードへの対応を08小林真が迷い、その隙に09金澤が中央を抜け出すが、03篠原が身体を入れ、GK高瀬がキャッチ。

43分、04長谷川光の09金澤へのファウルで、右遠めから08出津のFK。ニアで02坂口がクリア。セカンドボールをつながれて左からクロスが入る。ファーサイドでDFの人数が足りなくなったところへボールが飛ぶが、頭上を越える。

45分、左サイドをドリブルで持ち込み10小林幹がシュートを打つが枠外。

AT1分。

0-0で前半終了。鹿島の中盤の出足の速さに、少し慌ててルーズなボールが多くなった印象。もっと主導権持ってつなげるはず。

-----
後半。
鹿島の交代、05武沢→10須藤。

46分、左からのクロスに08出津(?)が頭で合わすが鹿島の選手に当たりGK高瀬がキャッチ。

後半立ち上がりはまず鹿島が一手。その後はしばらく東京がパスをつないで攻撃が続く。

51分、左の02坂口から06荒川滉がパスを受け、右へ展開。05岡庭の縦パスに11横山が抜け出し、DF1人をかわして中へ折り返す。ニアで14原、08小林真がつぶれて、ファーサイドの荒川がシュートを打つが左ポストに当たる。

55分、05岡庭からパスを受けて11横山が抜け出し、切り込んでシュート。GK沖が両手ではじく。セカンドボールを10小林幹がひろうが、シュートはDFがブロックしてクリア。鹿島のカウンターとなるところを03篠原が止めて、主審から注意を受ける。

60分、08小林真(?)からパスを受けて05岡庭がカウンターで前へ。クロスにファーサイドで14原が頭で合わせるが枠上へ。

62分、右からパスを受けて23平川が中へ切り込みミドルシュート。DFが足に当てて枠上へ。05岡庭の右CKはニアでDFがクリアするも、詰めていた11横山に当たったとの判定でゴールキックに。

鹿島の交代、12渡邉→07佐々木。

64分、右に流れた06荒川滉が10小林幹のパスに抜け出すがDFがクリア。05岡庭の右CKはニアでクリア。

23平川が右から抜け出し、角度のない位置からファーサイド上を狙ってシュートを打つが枠上へ。

10小林幹のパスに06荒川滉が抜け出して折り返す。中央に11横山が待つがその前でDFがクリア。

69分、飲水タイム。
東京の交代、11横山→07杉山。前線はこんな配置に。
−−−−−−14原−−−−−
10小林幹−07杉山−06荒川滉


73分、05岡庭のパスに06荒川滉が抜け出して中へ折り返すがDFがクリア。

74分、鹿島の交代、06荒川弘→03白井。06アラコー対決だったのだがすぐに終わってしまった(笑)。

79分、右スローインからつないで05岡庭が抜け出しクロスを入れる。ファーサイドに走り込んだ02坂口がボレーで合わせて先制。【1-0】

81分、07佐々木からパスを受けて08出津がクロスを入れる。ゴール前でクリア。セカンドボールをファーでひろい、15阿須間がシュートを打つが力が乗らずにGK高瀬がキャッチ。

84分、中央右でファウルがありFK。GK高瀬がキャッチ。

85分、右で10小林幹からパスを受けて02坂口のシュートはGK沖がはじく。05岡庭の左CKも沖が飛び出してはじく。

86分、左から10小林幹の折り返しを中央で07杉山がシュート。DFが足を延ばしてブロック。

87分、鹿島の交代、09金澤→14有馬。

88分、鹿島の交代、08出津→17前田。

89分、左スローインからのクロスに10須藤が頭で合わせ、鹿島が同点ゴール。【1-1】

90分、東京の交代、14原→22今村。

AT3分。

90+2分、05岡庭が抜け出し折り返す。ニアで22今村がつぶれて、中央に走り込んだ07杉山が蹴り込み、土壇場で勝ち越しゴール!【2-1】

試合終了。

-----
前半に自サイドを狙われた05岡庭が、後半は意地の攻め込みで終わってみれば2アシスト。1年生でポジションを掴んだときから(その前から)、オカニーのこういう負けん気はとても頼もしい。たまにそれがオラオラな荒い方に行ってしまうのには気をつけてほしい。

この試合はベンチスタートとなった07杉山。故障を心配したがそういうことではなかったようで、相当悔しかったと思われる。杉山も岡庭と同様サッカー選手としては小柄な体格に、「ナニクソ」という負けん気と、体格差をひっくり返す技術とアイデアを詰め込んでいる。ウルトラマン伶央は見てて楽しい選手です。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

2017 FC東京ユースを勝手に応援企画

今年もFC東京ユース応援企画を始めます。

昨年からのFC東京U-23のJ3参戦を踏まえて、首脳陣、育成スタッフからは「育成のスピード、サイクルを上げていく」ということが言われています。若い選手達が上のカテゴリーへどんどんチャレンジさせてもらえるのは素晴らしいことです。

その一方で、焦りを感じる選手もいるのではないかな、とも思います。育成のスピードに乗り切れずに、戸惑っていたりはしないかな、と。

でも、成長の仕方は人それぞれ。若くして一気に花開く選手もいれば、ゆっくりと実を結ぶ選手もいる。一つだけ共通して言えるのは、日々のトレーニングは嘘をつかないということでしょう。

ということで、今年のメッセージ。

Step by step you'll go far.
一歩ずつ、遠くへ。行こう、行けるよ!

そんな感じで。

2017前面 2017前面・アッシュ


2008年にユース応援企画をスタートして、今年でなんと10年になります。
10年の間に企画に参加してくださった皆さまへ、改めて感謝を申し上げます。
たくさん、たくさんの選手達に、参加者の皆さまの応援の形を贈ってきました。
選手達が誰かに応援されていることを知って、サッカーでも他のことでも、苦しいときに「もう少し頑張ろう」と思ってくれたなら、企画担当として本望です。

今年の応援企画もよろしくお願い申し上げます。

2017ユース応援企画

posted by kul at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Tシャツなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする