2017年12月10日

プレミア第18節 FC東京U-18vs青森山田高校 小平グランド

小平Gは冬になるとあまり強い風が吹かなくなる。快晴。

泣いても笑ってもこれで最終節。対するは今年も青森山田。プレミア復帰後の3年間、一度も勝っていない相手だ。
昨年は小平奥の天然芝Gでの試合で、観客をさばき切れず大混乱だったが、今年は人工芝Gの両ゴール裏+通路を観戦エリアに開放。周辺の駐車場にはベンチ外の選手を案内役に配置して、スムーズな運営に努める。

昨年と同じく2位で迎える最終節だが、今年は青森山田は同勝ち点、得失点差で3位。どちらも優勝の行方は勝ち点1差の清水の結果次第だが、それにはまず、目の前の相手に勝たなければならない。


FC東京U-18 [ 3 - 2 ] 青森山田高校

【FC東京U-18】=============================
−−−−−14原−−13吉田−−−−
07杉山−−−−−−−−−−11横山
−−−−18品田−−10小林幹−−−
06荒川−04長谷川−03篠原−09吹野
−−−−−−16高瀬−−−−−−−


スタートメンバーは全員3年生。ベンチにキャプテン岡庭が戻ってきた。
驚いたのは、18品田・10小林幹のボランチ。公式戦では初めての組み合わせではなかったか。この大一番でこの配置、カズキ監督は勝負師である。


【青森山田高校】=============================
−−−−11中村−−20田中−−−−
07壇崎−−−10郷家−−−09佐々木
−−−−−−−08堀−−−−−−−
03佐藤−04小山内−05蓑田−02鍵山
−−−−−−12飯田−−−−−−−−


08堀、02鍵山は深川OB。アウェイでは早い時間に堀に直接FKを決められ、1-0で敗戦。廣末陸からこちら、OBに苦しめられている(苦笑)。


-----
前半。青森山田のキックオフ。

東京が立ち上がりからボールをテンポよく動かしてプレスをかわし、ペースをつかむ。10小林幹を起点に14原への縦パスで何度かチャンスを作る。

08分、GK高瀬のクリアを右で09佐々木が追うところを、マークについた07杉山が倒してPA右で青森山田のFK。08堀の蹴ったボールを14原がクリアして、20田中の左CK。11中村がショートCKを受けて後ろに下げ、堀がミドルシュート。ゴール正面で11横山のクリアが上に飛び、右CKに。堀のCKにファーで田中が頭で合わせたボールはゴール前を横切り、GK高瀬がさわってポストをかする。これをひろって折り返されるがDFがクリア。

11分、09吹野がカットして11横山→18品田とつなぐ。品田からの縦パスに14原が中央を抜け出し、05蓑田と競り合ってかわしてシュートを決めるが、その前にファールの判定。

17分、左の14原からパスを受け13吉田がシュートを打つが、枠を切る。

19分、青森山田のカウンターをファールで止めて右から08堀のFK。セカンドボールをゴール前でつないで20田中のシュートは枠外へ。

23分、右スローインを受けた13吉田にファールあり。右遠めから18品田のFKに、ファーサイドの11横山が頭で合わせるが枠上。

27分、青森山田のカウンター。中央をドリブルで運んで右の11中村へ。中村からの速い折り返しに09佐々木が走り込むが、04長谷川がその前でさわってGK高瀬がキャッチ。

28分、バックパスをGK飯田がキャッチしてしまい、PA内、正面左でFKを獲得。ボールの近くに壁を作って隠し、18品田が右へ動かして10小林幹がシュートを打つ。DFがブロックして左CKに。これを品田が直接、ファーサイド上隅に決めて先制! 実は品田はプレミア初ゴール。最後にすごいのを決めた。【1-0】

35分、東京のカウンター。07杉山がドリブルで運び、中へパス。14原の角度のないシュートをGK飯田がはじく。そのまま後ろにこぼれて入りそうなボールは、DFがなんとか戻ってクリア。

37分、11横山が右サイドをドリブル。中央で13吉田がパスを受け、14原へ落とす。原から右前へのスルーパスに07杉山が走り込みシュートを打つも、わずかに枠を切る。惜しい!

38分、13吉田がポストとなって左へ展開。07杉山がドリブルで持ち上がり、中へ戻す。10小林幹がダイレクトで右へ送ったボールに09吹野が走り込み、これもダイレクトで折り返す。小林幹のシュートは枠上へ。

40分、青森山田が右からつないで中へパス。クリアに07壇崎が走り込みシュートを打つが枠上。後ろが薄くなったところのカウンターに注意したい。

43分、東京のカウンター。09吹野からのフィードを14原が落として13吉田が受け、右へ戻す。原が追ってシュートを打つが、GK飯田がニアでブロックしてこぼれをキャッチ。

前節鹿島戦で相手プレスに後手に回った反省か、今日は非常に良い入り方ができた。しかし相手は前節に清水に3-1から追いついて4-4で終わっている青森山田。全然まったく気が抜けない。
他会場では、柏が清水に先制している。

-----
後半。

51分、やや強いコンタクトで18品田からボールを奪い、10郷家がパスを出して青森山田のカウンター。11中村が左を抜け出して切り返し、中へ折り返す。20田中のシュートをニアでGK高瀬がはじき、08堀の右CK。ニアに蹴ったグラウンダーのボールに中から02鍵山が走り込みシュートを打つが枠上。

52分、青森山田の交代、09佐々木→25瀬尾。後でメンバー表を見ると、瀬尾は今年鳥取U-18から加入した選手のようだ。

53分、09吹野がドリブルで持ち上がり、中へ切り込みシュートまで行くが当たりが弱くGK飯田がキャッチ。

55分、11中村のドリブルに04長谷川がマークについてシュートをブロック。02鍵山の右ロングスローをニアでクリアするが、セカンドボールを10郷家がひろってクロスが入る。ファーでクリアしたボールをつながれ再びクロスが入るがこれは大きく外へそれる。

57分、中央でパスを受けた18品田が右前へボールを送る。サイドを並走する11横山が受けて右から切り込み、そのままシュート。思い切りよく蹴ったボールがゴールネットに刺さり追加点。【2-0】

58分、11横山の守備へファールがあり、25瀬尾にイエロー。

60分、青森山田の交代、12飯尾→01坪。なんと、GKを交代。

64分、自陣でボールをカットした18品田が、14原の動き出しを見て前へ大きくフィードを送る。原が正面右をトラップで抜け出してGK飯田と1対1、シュートを打つも枠上へ。

67分、パスをつないで09吹野が右から抜け出し、中へ折り返すが、ニアで13吉田・14原がかぶってしまう。シュートを打ち切れずにGK飯田がキャッチ。

69分、東京の交代、13吉田→15久保。青森山田の交代、03佐藤→06住田。住田も名古屋U18から加入らしい。

70分、右前へのパスに11横山が追いつき、後ろに戻して09吹野がクロスを入れる。14原が走り込み足先で合わせるが枠上。

72分、左から11中村のシュートはDFがブロック。こぼれたボールを10郷家がシュート。GK高瀬が右へ飛んでキャッチ。

74分、中央で15久保がパスを受けて前へドリブル。左を07杉山、右を11横山が並走するのを見て右前へパスを送るも、横山の抜け出しは一歩間に合わず、GK飯田が前に出てキャッチ。

75分、左の10郷家から中央でパスを受け、08堀がドリブルで前へ、ゴール左からシュート。遠いサイドでよくわからなかったが、03篠原に当たってコースが変わったらしい。1点返される。【2-1】

しかし77分、右の11横山からパスを受け、15久保がドリブル。正面右からPA内へ切り込んで右足でシュート。青森山田が勢いづく前に再び2点差とする。【3-1】

ここで両チームがカードを切る。東京の交代、11横山→24草住。青森山田の交代、25瀬尾→16浦川。
東京は草住が左SBに入り、06荒川が1列前へ。07杉山が右へ移動。

79分、06荒川が中央から右へドリブルしてクロスを入れる。ファーで14原が待つがわずかに頭上を越え、15久保が追ってボールを取り返し、中へパスするも、受けた原はDF3人に囲まれクリアされる。

青森山田は縦にシンプルに長いボールを入れ始める。交代で入ったGK坪もロングフィードの精度が高い。

82分、青森山田の交代、08堀→19安藤。

85分、05蓑田のロングフィードを中央で10郷家が受け、浮き球で前へ送る。飛び出したGK高瀬を07檀崎がかわしてゴール。またも1点差、青森山田が食らいつく。【3-2】

87分、ファールがあり青森山田に中央遠めからのFK。10郷家がフェイントでグラウンダーのボールを左へ送る。06住田のクロスに04小山内がボレーで合わせるが枠外。

89分、左から速いクロスに中央へ11中村(?)が走り込むが、DFへのファールが取られる。

90分、06住田(?)のシュートをGK高瀬がはじく。右でひろって左へつなぎクロスが入るが高瀬がキャッチ。

AT3分。

90+2分、ハーフウェイラインからGK飯田がFKを蹴る。セカンドボールを右でひろって02鍵山がクロスを入れる。ファーで20田中がシュートを打つが09吹野がブロック。田中の左CKはDFがクリア。ファールがあり05蓑田にイエロー。

90+3分、東京の交代、07杉山→17寺山。

05岡庭も交代準備していたが入れず、試合終了。

-----
人事は尽くした。さて、他会場は。遅れて向こうでも試合終了。1-2で、アウェイ柏U-18が清水ユースに勝利!

観客が沸き、ベンチに確認して、東京の選手達が喜びを爆発させる。逆転優勝だ!

昨年最終節は2位と1位の対決で、目の前の相手に勝てば逆転できた。今年は2位と3位の対決で、たとえ勝ってもどうなるかはわからなかった。それが逆に開き直ってリラックスして、良い入り方ができた要因かもしれない。また、今年はJユース杯を敗退して三冠のチャンスを逃したことで、プレミアに懸ける思いも強かっただろう。メンタルの部分は難しいなあと思う。

これで今年のチームの解散は1週間延びた。最後に追加されたあと1試合を、みんな楽しんで、存分にサッカーしてほしい。ファンも楽しむよ!どうもありがとう!

-----
卒業生へのゲーフラ贈呈も来週に延びたが、一人だけお先に。応援にきてくれていた長谷川大貴くんへ、無事に渡すことができた。元気で頑張ってください。

他にも進学したOBやその親御さん、トップ昇格した選手たちも観戦・応援にきてくれていて、同窓会のようで嬉しかったです。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | サッカー:観戦記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする