2018年01月21日

東京都クラブユースU-17選手権 決勝リーグ第1戦 FC東京U-18vs大森FC U-18 深川グランド

駒沢第二競技場での深川U-14vs町田ゼルビアJYから急いでハシゴ。なんとか間に合う。
小平・武蔵野苑の人工芝を張替え中のため、U-18の試合としては久しぶりの深川開催。サイドで見られる〜、と思ったら、いつものU-15の試合と同じ観戦エリアであった(えー)。次週はお願いします…。

撮影係には新兵器、高所撮影用の延長ポールが投入されていた。インフル休み明けの草住がマスク装着で操作中。


FC東京U-18 [ 3 - 0 ] 大森FC U-18

【FC東京U-18】=============================
−−−−−43横田−22今村−−−−−
25鈴木−−−−−−−−−−−19芳賀
−−−−−34小林−17寺山−−−−−
38佳史扶−29高橋亮−32木村−40森田
−−−−−−−01大本−−−−−−−



【大森FC U-18】=============================
−−11−14−−
17−−−−−02
−−10−07−−
05−13−08−16
−−−01−−−



02分、右CKのキッカーは22今村。大きくファーへ。今は、お試し中? せっかくの長身なので、キッカーで使うのはちょっともったいない気もする。

06分、中盤右から19芳賀のFK。ゴール前で混戦となったところを、22今村が蹴り込み先制。【1-0】

東京前線は25鈴木がやや内に入って3トップ気味。22今村のプレーエリアが広くなった感じ。左SB38佳史扶も上がっていって左に重心が寄ると、17寺山が機を見て空いた右へサイドチェンジ、右SB40森田が駆け上がってクロスを入れる。昨年は怪我でなかなか試合に絡めなかった森田がキレキレで嬉しい。

31分、17寺山のサイドチェンジを受けた40森田が、34小林とワンツーで前へ抜け出しクロスを入れる。中央に走り込んだ43横田(?)がDFともつれつつ合わせるが枠外。

34分、左後方からのアーリークロスに43横田が抜け出し、GKをかわしてシュート、と見せて中へ折り返すと、中央にフリーで走り込んだ19芳賀が合わせて追加点。【2-0】

-----
後半。

東京の交代、25鈴木→33久保。久保がトップに入り、43横田が左へ。19芳賀がボランチ、34小林が右へ移動。

59分、東京の交代、22今村→20中谷。43横田→37沼田。で、並びはこう。
−−−−−33久保−34小林−−−−
17寺山−−−−−−−−−−19芳賀
−−−−−37沼田−20中谷−−−−


70分、中央で縦パスを受けて34小林がドリブル、ゴール前で左へ流れてDFをかわしゴール。【3-0】

73分、東京の交代、38佳史扶→12金。19芳賀→41谷地田。01大本→30橋優。
−−−41谷地田−33久保−−−−
34小林−−−−−−−−−17寺山
−−−−37沼田−20中谷−−−−
12金−29高橋亮−32木村−40森田
−−−−−−30橋優−−−−−


78分、東京の交代、29高橋亮→28岡。32木村→42湯本。40森田→35武井。後ろも総取っ替えして交代枠9人を使い切る。

その後は41谷地田、34小林のドリブル等からゴールに迫るものの、追加点は得られず試合終了。

-----
後半は遠いサイドに行ってしまったのでよくわかりませぬ。
新人戦とあって、今はポジションや組み合わせを確認する段階か。昨年は荒川のマルチロール振りに助けられたが、今年は小林が前めのマルチロールとなりそう。芳賀、寺山も。昨年よりも新3年生の人数が少ないので、複数ポジションをこなせる選手に頼る割合は大きくなるのではなかろうか。

新人戦〜春フェスの短い時間に、大急ぎで今年のチームを作らないといけない。みんな頑張れ! 「俺を使え」とアピールするのだ!(笑)
posted by kul at 23:59| Comment(0) | サッカー:観戦記2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする