2018年07月01日

プレミアEAST 第7節 FC東京U-18vs浦和レッドダイヤモンズユース 東京ガス武蔵野苑多目的グラウンド

今日も今日とて強風の小平。午後早い時間の試合で勝利し、U-15深川の帯広行きが決まったので、安心して目の前の試合に臨める(笑)。


FC東京U-18 [ 2 - 2 ] 浦和レッドダイヤモンズユース

【FC東京U-18】=============================
−−−−−11今村−13宮田−−−−−
09鈴木−−−−−−−−−−−03森田
−−−−−06天野−17寺山−−−−−
22佳史扶−04草住−20湯本−05高橋亮
−−−−−−−21飯塚−−−−−−



【浦和レッドダイヤモンズユース】=============================
−−−−09二見−28長田−−−−
24山中−−−−−−−−−10池高
−−−−16玉城−05大城−−−−
14柳田−04大桃−02北村−08白土
−−−−−−01石井−−−−−−



前半は風下から。東京ボールでキックオフ。

03分、立ち上がりの浦和の攻撃をしのいだ後、11今村のパスに13宮田が右から抜け出し、パスかシュートか。左で09鈴木がフリーで受けて、GKのニアサイドを抜くシュートが決まる。東京が早々に先制。【1-0】

06分、縦パスを受け11今村がドリブルからシュートを打つがDFがクリア。22佳史扶の右CKをニアでクリアして、浦和のカウンター。左から中へつないで前へ送ったボールをGK飯塚がクリアするが、中央でひろわれて縦にパスが出る。28長田が受けてシュート。04草住が足を伸ばしさわるがボールは後ろに飛び、GK飯塚がキャッチ。

東京は試合に良い入り方ができた。速いパスをつないで前に運び、ミドルシュートも積極的に狙っていく。20湯本のロングフィードも良い。

12分、13宮田が中盤まで戻ってボールを奪い、左の09鈴木へパスを送ると、鈴木がDFをかわしてドリブル。ゴール前へパスを送り、11今村が走り込むが間に合わず。

16分、浦和の左スローインをカットして逆サイドへつなぎ、09鈴木がフリーで受けてドリブル、ミドルシュートを打つがわずかに枠を切る。

20分、DFの間で縦パスを受けた10池高に、04草住がマークにつく。右へ流れて外の08白土へパス。白土のクロスをDFがクリア。

21分、飲水タイム。

23分、左スローインから少し下げてクロスが入る。09二見のヘディングシュートにGK飯塚がさわって、16玉城の右CKに。GK周辺に密集して視界を塞がれるが、密集のすぐ裏へ落ちるボールを飯塚が両手ではじく。再び右CKはニアで09鈴木がクリア。ファー後方へ飛んだボールを22佳史扶がひろって前へ運ぼうとするのを、24山中がひっぱりイエローカードが出る。

27分、浦和のカウンターを中盤で05高橋亮(?)がカットして、縦にパスを出す。オフサイド位置の03森田の後ろから13宮田が走り、エンドライン際で追いついてゴール前へ折り返すが、ニアサイドの味方に当たる。

30分、浦和のカウンター、10池高がドリブルで運び中へパス。09二見が受けるところをカットするが、後方で28長田がひろってミドルシュートを打つ。枠外。

35分、中→左→中とつないだパスを09二見がDFの間で受けてミドルシュート。枠を切る。

40分、左DFラインからショートパスをつないで相手をかわし、自陣中央へのパスを06天野が受ける。右から追い越しフリーで前へ走り始めた05高橋亮へ、と見せて、縦にパスを入れると、これを受けた03森田がDFをかわして前へ運び、さらに縦にパス。11今村が受けてドリブルで抜け出し、GKと1対1。右からのシュートを決める。追加点は見事なカウンター!【2-0】

41分、左からのサイドチェンジを03森田が受けて、エンドライン際でDFをかわして切り込みマイナスのパス。17寺山のシュートはDFがブロック。

42分、右からのパスを中央の11今村がDFを背負って受け、左後方へ落としたボールを09鈴木がミドルシュート。DFに当たりこぼれたボールを今村がひろってシュートを打つが枠外。

45+1分、右で09二見が受けてターンで中へ切り込みシュート。04草住が足を伸ばしてさわり、左へ飛んだボールを10池高がミドルシュート。決定的だったが枠上へ。

風下の不利を感じさせない、速いパス回しからの攻撃で、前半に2点リード。長身でボールの収まる28長田も何とか抑えることができた。良い内容でHTへ。

-----
後半。浦和のHTミーティングはいつも長い。
浦和の交代、24山中→17波田。前はこうなる。
−−−−17波田−28長田−−−−
10池高−−−−−−−−−09二見


47分、縦パスを受けて13宮田が中央左を抜け出しシュートを打つが、GK石井がブロックしてクリア。

浦和GK石井のキックがとても良く、苦戦する選手の多い小平の向かい風の中でも正確で飛距離が出る。

48分、正面左でファウルがあり、浦和のFK。16玉城が囮で走って、10池高が右へボールを送るサインプレー。外で受けた02北村のクロスはファーポストに当たり、混戦をなんとかクリア。

50分、右からつないでシュートは枠上。浦和の攻撃に押され始める。

52分、右から05大城のロングスローを逆サイドへつないで、09二見がシュート。枠上。

53分、右遠めから16玉城のFK。長身28長田の上でGK飯塚がキャッチ。

55分、05高橋亮の縦パスに11今村が抜け出し、PA内で倒されるがファウルはなし。

57分、自陣から大きくクリアしたボールに13宮田が追いつき、中へ切り込むところをDFがクリア。03森田の左CKは大きくファーに流れる。

58分、09二見(?)のキープから右へつなぎ、10池高が抜け出してシュート。GK飯塚がはじく。16玉城の右CKは競り合ってゴールキックに。

62分、浦和の交代、28長田→37堀井。

63分、14柳田のクロスにニアで17波田が頭で合わせてゴール。【2-1】

東京1人目の交代、11今村→25青木。

65分、縦パスを受けた13宮田が浮き球をDF裏へ送る。25青木がDFをかわして走り込むが、GK石井がクリア。

東京の選手の運動量が落ち始め、中盤でなかなかボールを持てない。前半に飛ばしすぎたか、03森田が足を攣らせる。

67分、飲水タイム。
東京の交代、03森田→07小林里。

70分、中央で東京のDFをかわして右へパス。駆け上がった08白土が受けて中へ折り返したボールに、09二見が走り込みシュート。枠上。

71分、05大城の右ロングスローをクリアするが、中盤でひろわれ縦にスルーパスが入る。17波田が走り込むが合わず。

72分、05高橋亮のミドルシュートは枠外。

74分、右からのパスを17寺山が逆サイドへつなぎ、22佳史扶が中へ切り込む。DFに囲まれてこぼれたボールに07小林里が走り込んでひろい、左外の09鈴木へつなぐ。鈴木がエンドライン際を回り込んでゴール前へ折り返すが、GK石井がキャッチ。

76分、中から右へパスを振られてクロスが入るが、09鈴木がブロック。16玉城の右CKをクリアするが、セカンドボールを玉城がひろってクロス、クリアしてまたクロス、なんとかクリア。

80分、浦和の交代、14柳田→03林。09二見→23遠藤。3バックに変更。
−−17波田−10池高−37堀井−−
03林−−16玉城−05大城−02北村
−−23遠藤−08白土−04大桃−−
−−−−−−01石井−−−−−−


東京の交代、06天野→37角。
−−−−−25青木−13宮田−−−−−
09鈴木−−−−−−−−−−−37角
−−−−07小林里−17寺山−−−−−
22佳史扶−04草住−20湯本−05高橋亮
−−−−−−−21飯塚−−−−−−


84分、交代したばかりの23遠藤の左ロングスローから、37堀井がシュート。耐え切れず追いつかれる。【2-2】

何とか勝ち越したい東京、直後に左から抜け出した09鈴木のクロスに、ファーから走り込んだ37角が競り合うがファウルに。

86分、37角がDFにプレスをかけてパスカット。25青木がDFを背負って受けて、左へつなぎ、09鈴木がミドルシュートを打つが枠上へ。

87分、東京の交代、13宮田→18久保。

88分、右からのパスを中央で18久保が受け、左へ。22カシーフが切り込みシュートを打つがDFがクリア。

89分、左遠めから22佳史扶のFKのクリアを07小林里がひろって、縦にスルーパス。佳史扶が追うがDFがクリア。左スローインからのクロスに、中央後方でフリーの05高橋亮が頭で合わせるも枠外。コースを狙いすぎたか…。

90分、左から18久保のクロスにDFが先にさわり、クリアしようとするボールを17寺山が足先で蹴り上げてループシュートを狙う。右から37角も飛び込むが、GK石井がキャッチ。

45+1分、浦和の交代、10池高→22佐藤。

45+3分、右からつないでゴール前で17寺山が切り返してシュートを打つが、DFがブロック。

東京の交代、22佳史扶→10芳賀。

45+4分、センターサークルあたりから16玉城のFKをクリアしたところで試合終了。前半のリードを守れず、引き分けとなった。

-----
前半の出来を考えると、後半に受けて入ってしまったことが悔やまれる。ロングフィード、ロングスローを使われることで必要以上に慎重になり、風上の優位を活かせずに次第に後手に回ってしまった。中断開けの前節から内容は良くなってきているのだが、あと少しが足りなくて、流れが相手に移りつつあるときにまだ引き戻すことができない。その「あと少し」は、多分「勝ちグセ」のようなもので、経験値を得ることでしか身につかないのかもしれない。まずはどんな形でも勝ち切って、自分達に自信を持つこと。劣勢のときにも焦らずに、ゲームを落ち着けることができるようにすること。あと少しだ。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | サッカー:観戦記2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする