2018年07月23日

クラブユース選手権グループステージ2日目 FC東京U-18vsツエーゲン金沢U-18 前橋総合運動公園サッカー場

前日の各会場の最高気温は、前橋総合2試合目の42℃。ピッチの周りの陸上トラックが熱せられて、気温が高くなるのだろうか。観客はバック側の木陰で応援できるが、選手は今日も本当に大変。やや強い風が吹いていてボールコントロールは難しいが、多少はプレーしやすいだろうか。


FC東京U-18 [ 2 - 0 ] ツエーゲン金沢U-18

【FC東京U-18】=============================
−−−−−11今村−13宮田−−−−
09鈴木−−−−−−−−−−−37角
−−−−07小林里−17寺山−−−−
22佳史扶−02木村−20湯本−04草住
−−−−−−−01大本−−−−−−



【ツエーゲン金沢U-18】=============================
−−−−−−07牧野−−−−−−
09出町−−−10沢村−−−19沖崎
−−−−18川口−04宮本−−−−
06鈴木−02越元−05山越−13今岡
−−−−−−21上田−−−−−−



前半は東京が風上。

06分、右→中→左へパスをつなぎ、09鈴木がドリブルからクロスを上げるがDFがブロックして37角の左CK。ファーサイドへ蹴ったボールに02木村が頭で合わせるが、バーに当たる。セカンドボールを角がひろってもう一度クロスを入れ、木村が追うがDFがクリア。22佳史扶の右CKはDFがクリア。

10分、09鈴木が22佳史扶とのパス交換から中へ抜け出すが、DFがクリア。左スローインから競り合って、37角の左CKに。ゴール正面で混戦となり、目の前にこぼれてきたボールを07小林里が押し込む。東京が先制。【1-0】

13分、東京のカウンター。中央を11今村がドリブルで持ち上がり、右を並走する37角へパス。さらに大外の04草住へつないで、草住の折り返しはニアポスト際でGK上田がブロック。22佳史扶の右CKは大きくファーに流れる。

16分、ロングフィードに左で11今村が追いつき、パスを受けた09鈴木がエンドライン際を切り込んでゴール前へのパスかシュートか。ゴール前を横切ったボールを右で37角がひろい、PA内へつなぐもDFがクリア。

19分、22佳史扶のドリブルから37角の左CK。ニアでクリアされるが、左スローインを中へつないで、07小林里からスイッチでボールを持った17寺山がミドルシュート。枠上へ。

ここで3分間のクーリングブレイク。選手達はテント下のベンチに引き上げ、身体を冷やす。

29分、中央からの縦パスに07牧野が抜け出すが、GK大本がキャッチ。風に乗って飛んだゴールキックを11今村がDFと競り合って、37角の左CKに。ニアでクリアされ、左スローインから09鈴木が抜け出すが、クロスはDFがブロック。再び角の左CK、今度は後方へグラウンダーのボールを送るが、意図が合わず先にDFがクリアする。左スローインを13宮田が競って、みたび角の左CK。ファー後方から走り込んだ17寺山がドンピシャのタイミングで頭で合わせるが、枠外。

34分、金沢DFラインからのパスをカットして縦パスが入り、13宮田が左で受けてシュートを打つが、GK上田がキャッチ。

AT3分。

35+2分、GK大本のゴールキックを競り合って、22佳史扶の右CK。ファーで競り合うが頭上を越える。

1点リードで前半終了。

-----
後半。
東京の交代、4草住→5高橋亮。11今村→25青木。13宮田→10芳賀。連戦を鑑みて3枚替え。

39分、相手陣深くでのスローインを25青木がカットして、パスを受けた07小林里が右からPA内へ切り込む。DFに倒されてPK獲得。これを10芳賀が落ち着いて決めて追加点。【2-0】

41分、37角が一度後ろにボールを戻し、20湯本が縦パスを入れる。07小林里が追いつくが、クロスはDFがブロック。右へこぼれたボールを10芳賀が追ってコーナーフラッグ際で残し、クロスを入れる。GK上田がはじいて22佳史扶の右CK。これもGK上田がはじき、セカンドボールをDFがクリア。

43分、37角のクロスをDFがブロックして右CK。
その前に金沢の交代、09出町→20本多。
22佳史扶の右CKはDFがクリア。

46分、東京の交代、37角→03森田。

51分、縦パスに左で10芳賀が追いついて競り合い、03森田の左CK。ファーで20湯本が受けて10芳賀へつなぐがクリアされる。

53分、金沢の交代。07牧野→30駒沢。19沖崎→11愛宕。前はこうなる。
−−−−−−30駒沢−−−−−−
10沢村−−−20本多−−−11愛宕


54分、クーリングブレイク。

57分、再開時に東京の交代、17寺山→38常盤。CAPマークは05高橋亮へ。

59分、右から10沢村のミドルシュートにGK大本が片手でさわって反らし、06鈴木の右CK。強い風が影響したか、サイドネットへ。

64分、中央を10沢村がドリブルで持ち上がり、30駒沢へ、駒沢からショートパスを受けた11愛宕が中央から右へ流れてシュートを打つが、GK大本がブロック。

67分、クリアしようとした02越元へのファウルで07小林里にイエローカード。

70分、金沢の交代、20本多→29酒尾。酒尾が左に入り、10沢村がトップ下に移動。

AT3分。

70+2分、05高橋亮のドリブルが倒され右からFK。22佳史扶がニアへ蹴ったボールに10芳賀が走り込み頭で合わせるが枠外。

70+3分、金沢の交代、18川口→08小坂。

無事逃げ切って試合終了。

-----
07小林里の積極的に前に出ていくプレーが利いていて、強気な姿勢がチャンスも引き寄せるのかもしれない。昨日は終了間際の決勝点、今日も1ゴールにPKゲットの活躍。今大会のラッキーボーイとなるか?

13宮田、途中出場の10芳賀の前線でのチェイスがチームを助けている。猛暑の中、疲労との兼ね合いもあるが、次の試合も頑張って!

-----
2試合目の磐田vs徳島で磐田が勝利したため、1試合残して東京と磐田のノックアウトステージ進出が決まった。明後日はその磐田と対戦で、スタートメンバーをどのように組むのか興味深い。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | サッカー:観戦記2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする