2018年10月31日

T1 第11節 FC東京U-18Bvs帝京高校 東京ガス武蔵野苑多目的グランド

水曜夜の小平、だいぶ寒くなってきました。


FC東京U-18B [ 4 - 0 ] 帝京高校

【FC東京U-18B】=============================
−−−13宮田−−27梅原−−−
40安田−−−−−−−−15横田
−−−−12金−38常盤−−−−
34菅原−23岡−39古屋−26上田
−−−−−16橋優−−−−−


この試合のキャプテンマークは13宮田。40安田虎士朗は深川3年生。


【帝京高校】=============================
−−−−−−−20赤井−−−−−−
07入澤−−−10佐々木−−−09中島
−−−−08三浦−−06中村−−−−
03石井−04梅木−−05鷲田−02久保
−−−−−−−01冨田−−−−−−


帝京には青赤OBが多く進学していて、この試合では20赤井シャロッド裕貴(3年)、10佐々木大貴(3年)、03石井隼太(2年)、控えの12山本乾太(2年)がむさしOB。07入澤大(3年)、06中村怜央(3年)が深川OB。


帝京のキックオフで試合開始。

07分、23岡のフィードから27梅原が抜け出してゴール。東京が幸先よく先制。【1-0】

08分、20赤井が落として左へ展開、07入澤のシュートはGK橋優がキャッチ。

14分、12金の左CKがファーポストに当たり、跳ね返ったボールを40安田が押し込む。【2-0】

16分、左から12金→13宮田へつなぎ、外を追い越していく34菅原へパス。DFがクリアして金の左CK。ゴール前の混戦をDFがクリア。

21分、23岡のフィードを13宮田が左から抜け出して受けると、GK冨田の飛び出しをかわしてシュート。逆サイドネットに刺さる。【3-0】

26分、右遠めから03石井のFK。GK橋優が飛び出すも相手選手とぶつかってはじききれず、正面でひろってシュート、となるがファウルの判定でゴールキックに。

29分、縦パスに中央左から20赤井が抜け出す。GK橋優が大きく飛び出すがはじききれず、こぼれたボールはカバーに戻った26上田がクリア。

相手にパスをつながれるが、中盤で粘ってカットできている。帝京は守備のときのボールの奪いどころがはっきりしない感じ。
この試合、東京のDFラインは両CBが開いて間に38常盤が入り、後ろからの組み立てに参加。23岡の縦フィードが大変良い。

35分、中盤中央でのFK。12金が直接狙ったボールはポストに当たり、外へ。

40分、38常盤からパスを受けた12金が右サイドを駆け上がりシュート。GK冨田がさわって左CK。金の蹴ったボールはDFがクリア。

42分、34菅原が左サイドを駆け上がってクロスを入れ、ニアで受けた13宮田がシュート。GK冨田がブロックしてこぼれたボールを、左に走り込んだ38常盤がひろい、シュートを打つがDFがブロック。12金の左CKはクリアされる。

前半途中から帝京のDFラインが配置を入れ替えて、02久保がCB、05鷲田が右SB、になっていたような。

-----
後半。
帝京の交代、06中村→14石川。

52分、帝京の交代、10佐々木→11塩入。

後半開始からは帝京ペースで試合が進む。ボールを奪いきれずにパスを回される。

58分、左で12金が奪って中へつなぎ、15横田がゴール正面で受けてターン、シュートを打つが枠上。

60分、13宮田が左から抜け出してシュートを打つが、GK冨田がブロック。セカンドボールを左で38常盤・40安田の連携で奪い、宮田→27梅原→12金とつないで金が抜け出しシュート。GK冨田がブロックして左CK。金が蹴ったボールはクリアされる。

62分、帝京の交代、09中島→12山本。

65分、26上田のドリブルを14がスライディングで倒し、イエローカード。

67分、帝京の交代、07入澤→15。並びはこうなる。攻撃時は03石井がかなり高い位置。
−−−−−−11塩入−−−−−−
20赤井−−−08三浦−−−12山本
−−−−14石川−−15−−−−−
03石井−04梅木−02久保−05鷲田
−−−−−−01冨田−−−−−−


75分、帝京の交代、20赤井→18中瀬。
左遠めから03石井のFKをGK橋優が一度落とすが、DFがクリア。

76分、また左遠めから03石井のFK。GK橋優が片手ではじき、帝京選手がセカンドボールを受けたところをシュートを打つ前にクリア。

83分、27梅原へのファウルはいったん流されるが、40安田も倒されたところで、先のファウルの11塩入にイエローカード。PA左から12金のFKはファーに抜け、安田が走り込むがDFが身体を入れてボールは外へ。

85分、34菅原のクロスをDFがクリア。12金がひろって抜け出しクロスを入れが、GK冨田がさわって外へ。
CKの前に東京の交代、27梅原→19谷地田。
金の右CK、ニアに39古田が走り込むもその前でDFがカット。

87分、中盤で東京ボールをカットして帝京のショートカウンター。12山本から中へのパスを中央で15が受けてシュートを打つ。やや蹴り損ねてGK橋優がキャッチ。

88分、26上田のドリブルから右CK。
その前に東京の交代、15横田→32佐藤。26上田→08中谷。
12金の右CKはニアでクリアされ、セカンドボールをファーで39古屋がひろうがDFと競り合って外へ。

90+1分、19谷地田の左からの抜け出しに対応しようとしたDFがつまづく。谷地田がボールを奪い返してクロスを入れると、ぽっかり空いた中央に走り込んだ32佐藤が合わせて、終了際にダメ押しの追加点。【4-0】

90+2分、東京の交代、12金→35立川。13宮田→31小林慶。

90+3分、右から持ち込んでのシュートはGK橋優がキャッチして試合終了。


-----
T1残留に向けて大きな勝利。大量点のおかげで、得失点差も+1になった。
T1で首位に立つの帝京は、3日前の日曜に選手権予選準々決勝で堀越と戦ったばかり(2-1で勝利)。少し疲労や脱力があったかもしれない。

12金が公式戦で久しぶりにボランチに入り、攻守に大活躍。他のポジションもこなす器用な選手だが、できれば真ん中で見たいと思う。
この試合、23岡のフィードが大変良かった(大事なことなのでもう一度)。たまにポカもあるのだけど、前向きにはじけられる明るい性格はチームを支える力になると思うので、コツコツ頑張ってほしい。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | サッカー:観戦記2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

Jユース杯 3回戦 ヴィッセル神戸U-18vsFC東京U-18 時之栖スポーツセンター裾野グラウンド

今年も時の栖でのJユース杯は雨。というか静岡での試合はほぼ雨だ。「晴れの国」なのにどういうことだ。天然芝の状態が悪いということで、会場は人工芝に変更。


ヴィッセル神戸U-18 [ 2 - 1 ] FC東京U-18

【ヴィッセル神戸U-18】=============================
11泉−−−−13臼井−−−−11原
−−−−−−08船越−−−−−−
−−−−07山内−25押富−−−−
20坂口−02宋−−05右田−06谷村
−−−−−−−01多久美−−−−−−


これまた今年も、時の栖でのJユース杯は神戸と対戦。大柄な選手が多い。


【FC東京U-18】=============================
−−−−18久保−−25青木−−−−
09鈴木−−−−−−−−−−−37角
−−−−14沼田−07小林里−−−−
22佳史扶−02木村−28大森−04草住
−−−−−−−30野澤−−−−−−


キャプテン寺山は先週の負傷で欠場。やや足を引きずりつつ裏方で仕事している。


東京のキックオフで試合開始。雨は断続的に降ったりやんだり。

立ち上がりは五分五分、中盤でボールを取り合う。東京はサイドの抜け出しからクロスを図り、神戸はサイドで運んでからスピードを落として守備陣形の外で回して隙を伺う。

11分、東京ボールをカットして左前へのパスに、11泉が28大森をかわして抜け出す。02木村がしぼったところを切り返して13臼井にスイッチ。臼井のシュートはやや弱く、GK野澤がさわってファーでDFがクリア。

13分、20坂口が意表をついたアーリークロスを入れるが、02木村が高い打点でクリア。

神戸の対人守備は、ボールが入って「次」の動作に移るタイミングでプレスをかけてボールを奪う感じ。東京も選手間をコンパクトに保って対応しようとするが、なかなか前線に起点を作れない。焦りからか、縦のパス、フィードもずれてきている。

17分、神戸が右スローインから中へつなぎ、13臼井(?)がシュート。東京DFがブロックして、08船越の右CKは中央で18久保がクリア。

25分、神戸のハンドがあり右からFK。22佳史扶がニアへ低く入れたボールを、GK多久美がはじいて右CK。佳史扶が今度は大外へ蹴り、18久保が頭で合わせるが後方へ飛んで外へ。相手に長身の選手が多いので、セットプレーで工夫している様子。

29分、神戸の右スローインを受けるところの守備でファウルを取られ、右やや内側から08船越のFK。中央で頭で合わせたボールが混戦の足元に落ち、東京DFがクリア。

この試合、主審は「後方から」「手を使う」守備でファウルをきっちり取っていた。これが後で響く。

32分、右から13臼井(?)とのワンツーで10原が抜け出しクロスを入れる。ニアでブロックに入った14沼田にかすったボールをGK野澤がキャッチ。と思ったが、PA内で沼田の手に当たっていた(故意ではないが)ということでPKの判定となる。08船越が蹴ったボールはポストに当たってゴールの中へ。神戸が先制。【1-0】

36分、中央左への縦パスを18久保が追い、GKが飛び出してクリア。ゴール正面へ飛んだボールに25青木が詰めて受けるが、DFがクリア。

37分、22佳史扶の右CK。ニアに走り込んだ02木村の体に当たり枠上へ。

40分、左遠めから22佳史扶のFK。18久保が走り込み足で合わせるが、ループ気味に飛んだボールは枠外へ。

43分、自陣左から09鈴木→22佳史扶→18久保がヒールで前へ送ったボールを、追い越した佳史扶が受けて、さらに鈴木へつなぎクロスを入れる。ファーサイドから25青木が走り込むが、その前でDFがクリア。

44分、中央遠めから22佳史扶のFK。右で02木村が頭で合わせるが上に浮いて外へ。

AT1分。前半終了。

-----
後半。少し風が出て、東京が風下となる。

47分、縦パスに07小林里がさわって外へ出す。08船越の左CKはクリア。

48分、右から中央へのパスに09鈴木が走り込んだところでDFがファウル。22佳史扶のFKはクリア。

51分、左で縦パスをそのまま外に出した、と思ったが、DFがさわったという判定。08船越の左CKにファーで競り合って、こぼれたボールはGK野澤がキャッチ。

52分、右からのパスを中央で07小林里が受けて左前方へボールを送ると、22佳史扶が抜け出す。GK多久美がブロックしてこぼれたボールをひろうが、DFがクリア。

東京は後半もDF裏を狙って後方・中盤からパスを送るが、コースが雑なままで前の選手に届かない。焦りか、緊張か、気持ちが入りすぎて空回りなのか…もう少し落ち着きたい。

62分、相手フィードにさわってボールは外へ。08船越の右CKはGK野澤がキャッチ。
ここで東京の交代、25青木→13宮田。ボールの収まりどころを作る狙い。

64分、09鈴木と競り合ったところで、06谷村が倒れる。頭を押さえて、脳震盪の様子。スタッフからバツが出る。

66分、66分、神戸の交代、06谷村→33藤本。

67分、東京の交代、37角→10芳賀。芳賀が左に入り、09鈴木が右へ移動する。

68分、右から10原(?)が回り込もうとして22佳史扶と競り合い、PA外でファウルに。佳史扶にイエローカードが出る。08船越のFKをクリアして右CK。船越がニアに蹴ったボールを頭ですらし中へ送るが、東京DFがクリア。

上空の風が強いようで、GK野澤の蹴ったボールが押し戻される。

70分、22佳史扶からパスを受けた10芳賀のドリブルをDFがカット。04草住が左に回ってロングスローを放り込むと、PA内でDFが後ろから押さえたとのことでPKの判定。ベンチに確認を取って、10芳賀がキッカーとなるが、狙いすぎて左に外してしまう。

73分、右から神戸のカウンター。10原(?)がスルスルと中へ切り込み、中央でパスを受けた選手がシュート。東京DFがブロックして08船越の左CK。ニアでブロックして、GK野澤がキャッチ。

84分、神戸の交代、13臼井→27五味。

88分、右から13宮田→18久保→10芳賀とつないで、芳賀が切り返してシュートを打つ。GK多久美がさわってDFがクリア。そのまま神戸のカウンターとなるところで、GK野澤が前に出てクリアするが、遠くへ飛ばずに中央で08船越がひろう。船越のシュートはDFがブロック。セカンドボールを右でひろってもう一度シュートはGK野澤がキャッチ。

AT3分。

何とか追いつきたい東京。CB28大森が相手陣内まで出てセカンドボールをひろい、クロスを入れる。DFがブロックして22佳史扶の右CK。クリアされて、04草住の右ロングスロー。クリアがまた神戸のカウンターとなるが、走り込む選手とからみつつGK野澤がキャッチ。

90+2分、09鈴木のクロスにGKとDFが交錯、こぼれたボールを中央で07小林里がシュート。終了間際、土壇場で追いつく!【1-1】

90+4分、後方からのフィードを18久保が受けたところにホールディングがあり、PA外、中央右寄りでFK。10芳賀が入れたボールに02木村が頭で合わせるが枠外。

後半終了の笛が鳴り、10分ハーフの延長戦へ。

-----
延長前半。神戸のキックオフ。

91分、左から11泉がドリブル、マイナスの折り返しからのシュートは東京DFがブロック。

95分、左スローインから中へつなぎ、18久保(?)がクロスを入れる。ニアで合わせるがGK多久美がキャッチ。

96分、右から27五味がドリブルで持ち上がり、中へ折り返す。中央で東京DFがクリア。

98分、浮き球を右で競ったところで、02木村が後ろから倒してしまう。ぎりぎり、PAの中。木村にイエローカードが出て、PKは再び08船越が決める。【2-1】

-----
延長後半。

104分、フィードの競り合いでゴール正面で28大森がファウル。FKはGK野澤がキャッチ。

109分、10芳賀がパスを受けたところで倒される。中央左から22佳史扶のFKは壁に当たる。

試合終了。今年のJユース杯はベスト16で敗退となった。

-----
PK2発。勝てない試合ではなかっただけに悔しいだろうが、「されど」のPK2発だ。PKの場面だけでなく、全体に細かいミスが多かったことが敗因だろう。
「ボールをどこで/どうやって奪うか」がようやくチームの共通意識となってきて、次の課題は精度向上。練習と経験あるのみ、だけど、今季残るはリーグ戦3試合となった。
さあ、プレミア残留に向けて、やるしかない。

-----
今季初めにT1で中村コーチに「全部(ボールを追え)、全部(プレスをかけろ)」と言われていたとは思えないほどの、18久保の献身。選手は育つ。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | サッカー:観戦記2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

Jユース杯 2回戦 FC東京U-18vsカターレ富山U-18 東京ガス武蔵野苑多目的グランド

試合前半は、晴天で暑いくらいだったのに…!
夜にB戦を行うためやってきたV・ファーレン長崎U-18Bの選手達も観戦中(Aチームは翌日に川崎U-18とJユース杯2回戦)。


FC東京U-18 [ 4 - 1 ] カターレ富山U-18

【FC東京U-18】=============================
−−−−17寺山−−25青木−−−−
09鈴木−−−−−−−−−−27梅原
−−−−−14沼田−07小林里−−−−
22佳史扶−05高橋亮−28大森−04草住
−−−−−−−−30野澤−−−−−−


芳賀と木村は翌日のJ3アウェイ北九州戦のため不在。この試合後に移動する選手もいるだろう。


【カターレ富山U-18】=============================
−−−−10朝野−11村瀬−−−−
19里見−−−−−−−−−07南部
−−−−02安倍−18向川−−−−
03横田−04野寺−05近藤−16橋場
−−−−−−−01早勢−−−−−−



東京キックオフで試合開始。

02分、17寺山が左から切り込みミドルシュートを打つ。枠上。

06分、09鈴木(?)のドリブルが倒されて左から22佳史扶のFK。低いボールはニアでクリア。

立ち上がりは東京が攻め込むも早い時間のゴールはならず。富山は全体に小柄で東京の選手とは身長差があるのだが、中盤でのハイボールの競り合いにきちんと勝てていない。富山は守備陣形を整えるのが速く、細かくスライドしてコースを消し、東京の最終ラインからは効果的なパスをなかなか前へ出せなくなっていく。10朝野が俊足。ボランチの02安倍がサイドの守備に顔を出し、佳史扶・鈴木の東京左サイドが深い位置までボールを運べずにいる。

13分、後方からのフィードを受けた10朝野を東京CB2人ではさみ、ボールを奪ったところでファウルの判定。05高橋亮は異議、28大森は笛の後にボールを蹴ってしまったためイエローカードが出る。正面PA外から07南部のFK、壁の右外を巻いてゴールが決まる。富山が先制。【0-1】

開始すぐに何度かいい形が作れたことで、ちょっとゆるんでしまった感がある。もう一度集中が必要。

22分、中央でパスを受けターンした09鈴木にDFの足がかかり、中央左遠めからFK。壁に当たったボールをひろって左へつなぎ、鈴木が受けてシュートを打つ。GK早勢がブロックして、22佳史扶の左CK。クリアを左で14沼田(?)がひろいシュートを打つが、ライン上でDFがクリア。ひろってまたシュートもブロックされる。

24分、右から27梅原のミドルシュートはGK早勢がはじく。セカンドボールをひろってシュートもDFがブロック。

25分、富山のカウンター。左の19里見からのパスを中央11村瀬が受けてターン、シュートを打つが枠外。

29分、後方からのフィードを競り合いながら受けてターンしたところで、17寺山が倒れる。左足首をひねったらしく、かなり痛そう。治療のため外へ。

やはり戻るのは無理で、33分、東京の交代、17寺山→18久保。CAPマークは04草住に。1点を追う状況でキャプテンの負傷交代。さあ、どうする。

37分、28大森(?)からの縦パスを富山DFがカット、セカンドボールを09鈴木がひろってミドルシュートを打つが枠を切る。

38分、中央左から14沼田が縦に送ったボールを18久保が落とすと、後ろで受けた09鈴木が強烈なシュートを決める!【1-1】

41分、富山右から中へのパスを04草住が逆サイドまでしぼってクリア。これを左前で18久保が追って受け、中へ切り込みながらヒールで落とすと、追い越しながら受けた14沼田がクロスを入れる。DFがブロックして左スローイン。スローインからのボールを受けた27梅原がDFと競りつつ右から切り込みシュートを打つが枠外。

44分、09鈴木からのパスを外で受けた22佳史扶がアーリークロスを入れるが、DFがクリア。佳史扶の左CKはニアで14沼田の頭をかすり、中央でクリアされる。セカンドボールをつないで07小林里が左へパス、09鈴木が中央左からミドルシュートを打つが枠上へ。

前半のうちに追いついてHTへ。

-----
後半。

開始早々、右からパスを受けた10朝野がターンしてシュート。GK野澤が一度はじいてキャッチ。

46分、18久保のパスを受け25青木が右からドリブル、ミドルシュート。GK早勢がはじくが、シュートの勢いを殺しきれずゴールへ飛ぶ。東京が逆転。【2-1】

47分、中盤右から18向川のFK。東京DFの間を抜けるが、GK野澤がキャッチ。

49分、03横田のドリブルから11村瀬の左CK。ファーに流れてエンドラインを切る。

50分、28大森のバックパスのコースが悪く、GK野澤が何とかクリアしようとするところに10朝野が詰める。交錯してボールは外へ。ゴールキック。

52分、後方からのフィードを18久保が落として25青木→07小林里とつなぎ、青木がもう一度受けてシュート。GK早勢がはじく。セカンドボールを競り合ってスローインに。右から04草住がロングスローを入れると、小林里がトラップしてシュートを打つが枠外。

53分、中央で18向川(?)がミドルシュート。枠外。

54分、04草住のアーリークロスに18久保がファーで走り込むが、GK早勢が前に出てキャッチ。

後ろで回す東京に、ベンチの佐藤監督から声が飛ぶ。「3点目取りに行く意志を見せろよ。何を落ち着いてんだよ!」

60分、富山の交代、16橋場→08工藤。11村瀬→09篠原。

このあたりで雨が降り始める。また後ろで回しているところをカットされて、ショートカウンターを食らう場面も。

63分、東京の交代、27梅原→03森田。

雨が次第に強くなり、時折ゴロゴロと低い音の雷が聞こえ始める。

72分、09篠原のドリブルからのクロスをブロックして、08工藤の左CKに。ニアでクリア。

73分、東京の交代、25青木→13宮田。

75分、右からパスが入り東京ゴール前で混戦。こぼれたボールに02安倍が走り込んでシュートを打つが枠上。

77分、富山の交代、(?)→13練合。

78分、13宮田が左で縦パスを受けてドリブル、クロスを入れる。中央で待つ18久保が頭で合わせるが枠上。

79分、左へのパスを22佳史扶が受け、クロスにファーから03森田が走り込むが、雨で足が滑ってしまい合わず。

81分、03森田のクロスを富山DFがクリア。右で14沼田がひろってクロスを入れる。ファーに流れたボールを18久保が追って、角度のない位置からシュートか折り返しか。ライン上でDFがクリアするが、ゴール正面で09鈴木が受けてシュート。鈴木のこの日2点目が決まる。【3-1】

ここで西の空に稲光一閃。試合は即中断。観客にクラブハウスのテラスが開放されて、避難する。

一度光った後、雷は収まっているが、まだ強い雨は降り続ける。後半30分を過ぎているので試合は成立するが、シーズン終盤のカップ戦トーナメントなだけにここで終わることはできないだろう。雨がやや弱まってきて、約30分の中断の後、17:10に試合再開となる。

84分、09篠原(?)がドリブルで東京ボランチ2人を振り切り、左から中へ折り返すが、DFがブロック。08工藤の左CKはニアでクリア。

85分、東京の交代、09鈴木→37角。

86分、左から14宮下(※交代がわからず…)が中へ持ち込みシュート。DFがブロックして08工藤の左CK。ファーで頭で合わせたるがオフサイド。

88分、東京の交代、14沼田→11今村。

89分、18久保の右クロスをGK早勢がはじく。22佳史扶の右CKはニアでクリア。

90+1分、右から18久保がグラウンダーのシュート。GK早勢がキャッチ。

90+4分、右スローインから18久保が深い位置まで進入してミドルシュート。ファーポストに当たり、ゴールへ。終了間際、ダメ押しの追加点はナイスゴール。【4-1】

-----
前半はキャプテンの負傷はあったにせよ自分達で試合を難しくしてしまったが、後半は雨の中で徐々に技術を発揮してゴールを重ねることができた。

09鈴木は、昨年まではとにもかくにも強引に左サイドを突破してクロスを入れる!というスタイルだったが、今年は走力を活かして縦横広いエリアに顔を出し、攻守に活躍している。ゴール後に感情を爆発させる様子も、頼もしい選手になったなあと嬉しい。頑張れ3年生。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | サッカー:観戦記2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

Jユース杯 1回戦 FC東京U-18vsJEF千葉U-18 東京ガス武蔵野苑多目的グランド

リーグ戦はしばし中断して、Jユース杯が始まる。
この日の小平は先に11時キックオフで台風のため延期になったU-15関東1部、追浜vsむさしの試合が行われ3-1敗戦。リーグ優勝は、少し難しくなったか…。


FC東京U-18 [ 3 - 2 ] JEF千葉U-18

【FC東京U-18】=============================
−−−−17寺山−−25青木−−−−
09鈴木−−−−−−−−−−10芳賀
−−−−14沼田−07小林里−−−−
22佳史扶−02木村−28大森−−37角
−−−−−−−30野澤−−−−−−


AFCU-16選手権を優勝して、火曜日に帰国した野澤、角、青木がスタメン。角は代表と同じ右SBに入る。疲労が心配だが、優勝の「勢い」をチームに注入したいというのもあるか。


【JEF千葉U-18】=============================
−−−−−−−18桜川−−−−−−
11秋元−−−20中村−−−04神宮司
−−−−−28井上−08鶴岡−−−−
02内野−03久保庭−05カルム−14堀
−−−−−−−01広浜−−−−−−



東京ボールでキックオフ。
05分、14沼田がカットして縦にパスを送る。17寺山が中央右から抜け出してのシュートはGK広浜がブロック。こぼれたボールを寺山が自分で追って、角度のない位置からシュートを打つがポストにはじかれる。

先週のプレミア清水戦では消極的なプレーをしてしまった沼田だったが、今日はボールを持って前を向き、積極的に縦パスを狙っていく。

06分、07小林里が右からえぐってクロスを入れるが、中央に走り込んだ09鈴木には合わず、そのまま外へ。鈴木のプレーエリアが攻守にものすごく広い。

11分、02木村のフィードを受けて22佳史扶が左サイドをドリブル、DFをかわして切り込むところでクリアされ左CK。佳史扶の蹴ったボールはニアでクリアされ、もう一度左CK。中央で木村(?)が競り合いニアにこぼれたボールを14沼田が蹴り込み、東京が先制。【1-0】

千葉もすぐに反撃。13分、GK広浜からのボールを18桜川が収めて左前へパスを送ると、11秋元がドリブルで駆け上がる。東京右サイド2人のマークを振り切って折り返したボールに、中央へ走り込んだ04神宮司が合わせて同点に。【1-1】

18桜川ソロモン、縦も厚みも「でか!」という印象。懐深くボールを収めて、追い越していくサイドにパスを出す。
同点で勢いづいた千葉が左右幅を使ってボールを動かし、東京のプレスがかからなくなってくる。

19分、左から大きくサイドチェンジのボールを受けて中へ切り込み、今度は中央から左へパス。11秋元が受けてドリブル、中へのクロスは02木村が跳ね返すが、後方で08鶴岡がひろって、浮き球をゴール前で待ち構える18桜川へ入れる。GK野澤が飛び出して片手ではじこうとするが、桜川が競り勝ち、頭でさわったボールは一度バウンドしてゴールへ転がる。千葉が逆転。【1-2】

25分、02内野のクロスをGK野澤がパンチングでクリア。20中村がひろってミドルシュートを打つが枠上。

千葉のサイドチェンジに振り回され気味なので、サイドにボールが出る前に中央で潰したい。

32分、東京FKの流れから、02木村が右でDFをかわしてクロスを入れる。DFがクリアして、22佳史扶の左CK。ニアで木村が頭で合わせるがGKの正面。

前半終盤は東京もパスをつないで攻め込む。

43分、パスカットから22佳史扶の左CK。またニアで02木村が頭で合わせたボールが、ふんわり飛んでファーサイド上隅へ。前半のうちに追いつき、試合を振り出しに戻す。【2-2】

-----
後半。東京がネジを巻き直す。

47分、25青木がアウトサイドで浮き球を前に送ると、中央右を17寺山が抜け出して折り返す。流れたボールを09鈴木が追ってクロスを入れるがDFがブロック。22佳史扶の左CKに中央の寺山がドンピシャのヘッドで同点、と思ったら、07小林がファウルを取られておりノーゴールに。

50分、10芳賀が左から切り込むも囲まれてエンドラインを切る。

51分、右中よりでファウルがあり04神宮司のFK。ファーに流れる。

52分、09鈴木がドリブルからクロスを入れるがDFがブロック。22佳史扶の左CKがニアでクリアされ、佳史扶が自分でひろって17寺山へパス。寺山がPA左へ切り込み倒されるが、シミュレーションの判定でイエローカードが出る。東京側スタンドの前だったので、ちょっとザワザワ…。

54分、左から17寺山が切り込むが、シュートの前にGK広浜がキャッチ。

55分、09鈴木からパスを受けた22佳史扶がドリブル、DFの足がかかり左からのFK。佳史扶の蹴ったボールに、ニアに14沼田が飛び込むも合わず。

57分、右で10芳賀がパスを受けて抜け出し、25青木→09鈴木へつなぎ、鈴木が右から切り込みシュートを打つが力が乗り切らず枠外。

58分、千葉の交代、04神宮司→09大野。

60分、03久保庭がキックの瞬間に足を攣らせる(?)。

62分、サイドチェンジを10芳賀が右で受けて中へ運び、、17寺山へパス。寺山が縦に送ったスルーパスに25青木が抜け出しシュートを打つが枠を切る。

千葉の交代、03久保庭→22長島。

65分、02木村(?)からのフィードに17寺山が左で追いつきキープ。駆け上がって外で受けた09鈴木が中へ切り込み、マイナスのクロスを入れる。寺山がニアでシュートを打つが、GK広浜がブロック。こぼれたボールに25青木が詰めるも、DFがクリア。22佳史扶の左CKにファーで28大森が頭で合わせるが枠上。

67分、サイドチェンジを右で37角が受けて切り込む。シュートはDFがブロック。セカンドボールを左でひろってクロスを入れるが、クリアされる。

69分、22佳史扶がドリブルで抜け出してクロスを入れるが、DFがブロックして左CK。ニアでのクリアを佳史扶がひろってもう一度クロスを入れる。ファーで28大森が折り返すが、中央には合わず。佳史扶がひろって切り込むところを倒して、28井上(?)にイエローカードが出る。37角のFKはニアでクリアされる。

72分、千葉の交代、20中村→16持田。この時点でこういう並び。
−−−−−−18桜川−−−−−−
11秋元−−−16持田−−−09大野
−−−−28井上−08鶴岡−−−−
22長島−02内野−05カルム−14堀
−−−−−−01広浜−−−−−−


73分、22長島の右ロングスロー。ファーで折り返したところをGK野澤がキャッチ。

76分、右で10芳賀のドリブルが倒されFK。37角が蹴るがGK広浜がキャッチ。

78分、千葉の交代、08鶴岡→07柳堀。

81分、東京の交代、25青木→18久保。

82分、千葉のカウンターから22長島の右ロングスロー。クリアしたボールがファーに飛び、ひろってクロスが入るがオフサイド。

89分、左遠めから22長島のFK。ファーで頭で合わせたシュートをブロックして、28井上の右CK。クリアしたボールをひろってのシュートは枠外。

90分、東京の交代、14沼田→27梅原。梅原が右に入り、10芳賀がボランチへ移動。

AT3分。

90+2分、千葉の交代、11秋元→19大和。

90分で決着つかず、10分ハーフの延長戦に。

-----
延長前半。千葉のキックオフ。

92分、左深い位置から22長島のロングスロー。ニアでクリアしたボールをひろって、07柳堀がミドルシュートを打つが枠上。

96分、10芳賀が中央でボールを受けてターン、ドリブルで運び左へパス。22佳史扶が受けて折り返し、ニアで(?)がシュートを打つがGK広浜がブロック。22佳史扶の左CKはファーでクリアされる。

98分、中盤でボールを奪い18桜川へ。桜川が左から折り返し、07柳堀がミドルシュートを打つが、GK野澤がキャッチ。

10芳賀の足が攣る。右サイドの37角・27梅原がイマイチ合わず、佐藤監督から「話しろー」と声が飛ぶ(苦笑)。

-----
延長後半。

102分、ロングフィードを17寺山がトラップで落とし、これを受けた10芳賀が中央左からPAへ突進。DFにコースを塞がれて外へパス。09鈴木が受けて大外から強引に切り込み、ふわっとしたクロスを入れると、ゴール前で待ち構えた17寺山が頭でたたき込む。3年生3人で奪った勝ち越しゴール!【3-2】

103分、左から22長島のロングスロー。ニアでクリア。

104分、東京の交代、10芳賀→13宮田。宮田がトップに入り、17寺山がボランチに移動。

105分、09鈴木がドリブルで運び、キープして外の22佳史扶へ。佳史扶のクロスをDFがブロックして左CK。中央で18久保が頭で合わせるが枠上。

107分、東京の交代、37角→05高橋亮。

ピッチに残る17寺山も足が攣る。あと少し。

AT2分。

110+2分、右からのクロスをクリアして07柳堀の左CK。セカンドボールをつながれるが、何とかクリア。

試合終了。

-----
お互いに力を出し尽くした試合で、見ているだけで疲れた。決勝ゴールの3点目は、3年生の意地が光って、思わず涙腺が緩んだ。

先週のプレミア清水戦では、なんとなく、淡々と破れてしまったので心配していたが、この試合の気持ちの入り方、チームのまとまりは今季いちばんだったと思う。
今年のチームは皆技術はあるのに、チームになり切れない、あと少しの意志疎通が足りないため結果がついてきていないように感じていた。それが、ようやく色々なものが結びつき始めた感じがする。
このチームでの残り少ない時間、試合を大切に使ってほしい。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | サッカー:観戦記2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする