2019年02月11日

東京都U-17選手権決勝 FC東京U-18vsFC町田ゼルビアユース 味の素フィールド西が丘

昨日は開始前にピッチ上の雪かきが行われ(運営の皆さんありがとうございます)、U-14・U-13の試合は周りに雪が残る中で行われたが、今日はあらかた溶けていた。曇りで気温は低いが、風がないので助かる。
第一試合、U-17選手権3決は、東京ヴェルディユース 3-2 三菱養和SCユース。今年は両チームと同じリーグで試合することになる。どちらにも面白い選手がいる。楽しみだな。


FC東京U-18 [ 1 - 0 ] FC町田ゼルビアユース

【FC東京U-18】=============================
−−−−18久保−−13宮田−−−−
37角−−−−−−−−−−07小林里
−−−−40安田−−38常盤−−−−
22佳史扶−02木村−20湯本−03森田
−−−−−−−21飯塚−−−−−−


久しぶりにほぼ全員揃って、決勝は4バックでスタート。キャプテンマークは佳史扶が巻く。


【FC町田ゼルビアユース】=============================
−−−−−−−−−09菊池−−−−−−−−−
12八木−−−08金澤−−−22米盛−−−06塩澤
07関口−03新井田−10小山田−02高島−13船戸
−−−−−−−−−21鈴木−−−−−−−−−


5-4-1だったが、この決勝用だったのかな。
昨年の新人戦は3決がFC東京vsゼルビア、決勝がヴェルディvs養和だったので、今年はカードが入れ替え。昨日はU-13でゼルビアが優勝していて、アカデミーが着々と強くなっているのがわかる。


ゼルビアのキックオフで試合開始。

開始30秒、22佳史扶のアーリークロスに18久保が頭で合わせるが枠外。

09分、中央で40安田がDFの間をドリブルで抜け出して左前方へパスを送る。37角が受けてミドルシュート。GK鈴木がさわって左CKに。03森田が蹴ったボールはファーでGK鈴木がはじく。

11分、13宮田が右でボールを追って収め、07小林里へショートパス。小林里がPA内へ切り込んでクロスを入れるが、DFがブロック。22佳史扶の右CKに、ファーで待ち構えた02木村が頭で合わせて先制。「U-23組」が力を見せる。【1-0】

12分、ハイボールの競り合いで20湯本がファウルとなり、正面右からゼルビアのFK。頭で合わせたボールは枠外。

13分、中央で08金澤がカットして一気に縦にドリブル。07小林里が戻ってカバーに入り、ボールを取り返す。

15分、13宮田がアーリークロスを左へ追って、飛び出したGKの前でさわるが、ループ気味に飛んだボールは外へ。

この日の2トップは、13宮田が左右に動いてボールを受け、18久保が中央で構える役割分担(?)なのだが、まだあまり上手く連動できていない感じ。

17分、22佳史扶からのアーリークロスを、ゴール正面で13宮田がきれいに胸トラップ、したものの、DFが身体を入れてクリア。

21分、20湯本を呼んで、03森田が前に走ってロングフィードを受ける。そのまま駆け上がってクロスを入れるがDFがブロック。22佳史扶の右CKに、ニアに走り込んだ森田が足を伸ばすがボールは外へ。

34分、18久保のパスを受け07小林里が右から回り込みクロスを入れる。ファーでDFがクリア。03森田の左CKをGK鈴木が片手ではじくが、DFに当たり、左へこぼれる。これをひろってクロスを入れるが、オフサイドに。

36分、右サイドからのバックパスを前に出て02木村が受け、縦にパスを出す。18久保が受けて反転、シュートを打つが、GK鈴木がキャッチ。

38分、左右に広く動かしたボールを受け、03森田が縦にドリブル。DFがカットして22佳史扶の右CK。ニアで競り合ってこぼれたボールはDFがクリア。

42分、自陣から38常盤→40安田→22佳史扶へと速くつないで、佳史扶がクロスを入れる。ニアで13宮田が頭で合わせるが、わずかに外。

45+1分、右で受けた38常盤が囲まれて、ゼルビアのファウルに。遠めからの22佳史扶のFKをGK鈴木がキャッチしたところで、前半終了。


ゼルビアが粘り強く「前プレ」をかけてくるが、今日は東京のパス出しやサポートが速い。「U-23組」の出場に加えて、久しぶりに4バックでスタートしたので、プレーの迷いが少ないのかもしれない。
東京ペースで試合を進めるが、追加点はならなかった。中村監督からは「チャレンジ&カバー!」「間延びしない!」の声。

-----
後半。
東京の交代、22佳史扶→41大迫。キャプテンマークは07小林里へ。
ゼルビアの交代、22米盛→16坂野。12八木→14猪野毛。

50分、中盤で37角がパスを受けたところへファウルがあり、02高島にイエローカード。

52分、右で13宮田とDFが競ってこぼれたボールを07小林里がひろい、そのまま駆け上がってクロスを入れる。ファーサイドに飛び込んだ37角がドンピシャのタイミングで頭で合わせるが、カバーに戻った06塩澤がブロック。03森田の左CKはGK鈴木がキャッチ。

55分、左から37角がドリブルで切り込みクロスを入れるが、DFがブロック。交錯した拍子に、角がぐるんと回転して倒れる。首を傷めたか、とヒヤリとしたが、大事無くてホッとする。03森田の左CKは、何故か蹴り損ね(苦笑)。

59分、41大迫が自陣でボールを奪うと、そのまま前へドリブル。DFのスライディングもかわして駆け上がると、エンドライン際からゴール前へマイナスに折り返す。18久保がフリーで受けるも、一瞬シュートが遅れ、DFがブロック。

61分、03森田の右CK。ファーに蹴ったボールを18久保が追ってクロスを入れるが、DFがブロック。

62分、東京の交代、02木村→28大森。18久保→15横田。
−−−−13宮田−37角−−−−−
07小林里−−−−−−−−15横田
−−−−40安田−38常盤−−−−
41大迫−28大森−20湯本−03森田
−−−−−−21飯塚−−−−−−


64分、ゼルビアの交代、09菊池→20江口。03新井田→18石川。4-4-2に変更して攻撃の枚数を増やす。
−−−−18石川−−20江口−−−−
06塩澤−−−−−−−−−14猪野毛
−−−−08金澤−−16坂野−−−−
07関口−10小山田−02高島−13船戸
−−−−−−−21鈴木−−−−−−


67分、08金澤のドリブルから40安田がボールを取り返すもファウルに。左中盤から06塩澤のFKはGK飯塚がキャッチ。

東京の守備がやや後手に回り、中盤でファウルが増えている。

72分、37角が右から中へドリブルで切り込み、左サイドでフリーの41大迫へパス。大迫のクロスに13宮田が頭で合わせるが、DFがブロック。こぼれたボールを角がひろってシュートを打つが、これもブロック。またこぼれたボールをつないでCKを獲得。大迫の右CKをニアでGK鈴木がはじくが、斜め後方へ飛んでぎりぎりで枠外。

もう一度CKの前に東京の交代、03森田→23岡。3-4-3に変更。
−−07小林里−13宮田−37角−−
41大迫−40安田−38常盤−15横田
−−−23岡−28大森−20湯本−−
−−−−−−21飯塚−−−−−−


大迫の右CKのセカンドボールをファーでひろった07小林里が粘るが、DFがカットしてクリア。

76分、07小林里のドリブルが倒され、左中盤から37角のFK。ゴール正面で23岡が頭で合わせるが枠外。

79分、16坂野のドリブルにファウル。いったん流して、ボールが外に出たところで28大森にイエローカード。

80分、07小林里が左でカットしてドリブルで突進。DFをひきつけて折り返したボールを、中央でフリーとなった15横田が受けてシュート。しかしGK鈴木がブロック。

82分、ゼルビアの交代、08金澤→24町田。最後の並びはこんな感じ。
−−−−18石川−−20江口−−−−
14猪野毛−−−−−−−−−24町田
−−−−06塩澤−−16坂野−−−−
07関口−10小山田−02高島−13船戸
−−−−−−−21鈴木−−−−−−


84分、ファウルがあり右遠めから07関口のFK。低めのボールをニアでクリア。

90分、右中盤からのゼルビアFKを、ファーでGK飯塚がキャッチ、と思ったらファンブル。こぼれたボールをひろってのシュートは枠を切る。あぶない〜。

90+3分、中央の13宮田からの縦パスを、37角が受けて右へ抜け出すが、DFがマークについてシュートは打てず。

逃げ切って試合終了。

-----
後半は交代や3バックへの変更もあり、攻撃も守備も連携があまり上手くいかなくなってしまった。今年はメンバーや状況によって4バック、3バックで切り替えできることを目指しているようだが(?)、3バックはまだ、どこまで行くかどこまで戻るか、ここは自分がやるか味方に任せるか、など、プレーの前に考える時間が長くなっているのだろう。

ともあれ、新1年生を含めたくさんの選手を試しながらの新人戦優勝、おめでとうございます。

今年も「U-23組」は不定期に不在となり、チーム作りが難しいのは間違いない。ここでU-18に「残る」選手、T1に出場する選手には、クサらずにコツコツと、「俺を使えコノヤロー!」と主張しながらプレーしていってもらいたい。そういう負けん気でチーム全体を活性化させていってほしいです。
頭が良いだけでは、こぢんまり落ち着いてしまうからね。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | サッカー:観戦記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

東京都U-17選手権決勝L 第3節 FC東京U-18vs三菱養和SCユース 武蔵野苑人工芝グラウンド

風もなく暖かい冬晴れの小平。


FC東京U-18 [ 0 - 0 ] 三菱養和SCユース

【FC東京U-18】=============================
−27梅原−13宮田−15横田−
12金−−−−−−−−03森田
−−−14沼田−38常盤−−−
−28大森−20湯本−39古屋−
−−−−−16橋−−−−−


トップチームのキャンプや、学校の修学旅行で数人が不在。07小林里はNIKE NEXT HEROメンバー選出でイングランド遠征中。


【三菱養和SCユース】=============================
−−−−09栗原−08樋口−−−−
10宮ア−−−−−−−−−07保坂
−−−−05井上−14高橋−−−−
06金野−03竹内−15畑橋−02田村
−−−−−−01渡辺−−−−−−


養和の背番号は新しくなっているようだが、試合ごとに少し違うらしい? 10宮ア楓吾はむさしの宮ア奏琉のお兄さん。


東京のキックオフで試合開始。

01分、右遠めから05井上のFKはクリア。

今日は始まった途端に中村コーチの声がかかる。「声がない声が!」「怖がるな!前向け!」

06分、20湯本が大きく前方左へ蹴ったボールを、12金(?)がダイレクトで前に送る。27梅原が抜け出してクロスを入れるが、DFがさわって外へ飛ぶ。金の右CKはクリア。

11分、東京DFラインのパスに09栗原・07保坂がプレスをかける。これをかわして中央で縦に出したパスを38常盤が受け、ターンしてすぐ前に送る。右で13宮田が受けて中へ切り返し、シュート。自陣からいいカウンターだったがGK渡辺がキャッチ。

13分、左から38常盤のクロスのセカンドボールを、上がっていった39古屋がひろい、03森田へパス。森田が右サイドを抜け出してクロスを入れるがGK渡辺がキャッチ。サイドからクロスは入るが、中の動きと少し合っていない。

14分、養和が左からつないで持ち上がり、09栗原のクロスを東京DFがブロック。05井上の左CKは、GK橋が混戦の中ではじく。

養和はプレスが速く、また、味方がプレスに行って空いたスペースを埋めるのが速い。プレスをかわして、さて次のプレーを、と顔を上げたときにはもう詰められている。東京の選手達は、プレーとプレーの間の時間がまだ長い。

18分、左スローインからの10宮アのクロスをファーサイドで28大森がクリア。これを後方の02田村が頭で前へ送り、自分でサイドを抜け出そうとするが、追いつけずにボールはサイドラインの外へ。

20分、養和が高い位置のDFラインに戻したところに15横田がプレスをかけ、パスをカットしてドリブルで前へ。左前方へのパスを27梅原が走って受け、ミドルシュートを打つが枠を切る。

22分、右から07保坂がドリブルで運び、外から追い越す02田村へパス。田村のクロスに09栗原が飛び込むが、先に28大森がクリア。

24分、中央からのパスを右で02田村が受け、ニアサイドの09栗原につなぐ。栗原のクロスは28大森がクリア。セカンドボールを中央でつなぎ、08樋口がミドルシュートを打つが枠外。

27分、10宮アのドリブルを38常盤が倒し、PA角辺りから05井上の左FK。GK橋がはじくが、その前にファウルがありゴールキックに。

30分、39古屋がちょっと躓いた横を10宮アが抜け出すが、古屋が追いついてクロスをブロック。05井上の左CKをゴール前で競り合い、ファーサイドでクリア。古屋はちょっと下がりながらの守備にもたつくところがある気がする。頑張れ。

33分、20湯本からパスを受け、14沼田が縦に入れたボールを13宮田が受ける。そのまま少し運んで左からミドルシュートを打つが、GK渡辺がさわり右CKに。15横田が蹴ったボールはクリアされるが、これを後方でひろった27梅原のクロスを39古屋がDFを背負って受けるとループシュートを狙う。惜しくもポストに当たりDFがクリア。

38分、左スローインに09栗原が39古屋をかわしてエンドライン際で追いつき、マイナスのクロスを入れる。GK橋がはじききれなかったところに08樋口と28大森がもつれて走り込み、ボールは外へ。ゴールキックに。

40分、12金が左サイドをドリブルで持ち上がり、中を見てクロスを入れる。ゴール前で38常盤がフリーで受け、持ち直してシュートを打つが、枠外。余裕がありすぎた、というやつ。

42分、09栗原が右から回り込もうとするところに20湯本が身体を入れ、ファウルに。PA横から05井上のFKは、13宮田が頭でクリア。

44分、13宮田のドリブルから、03森田の左CK。GK渡辺がはじいてDFがクリア。

スコアレスで後半へ。

-----
後半。
養和の交代、15畑橋→04清水。

48分、15横田が中で受け、一度後ろに戻して、20湯本から右サイドの03森田へ。外から39古屋が追い越してパスを受け、クロスを入れるがGK渡辺がキャッチ。

53分、左スローインから05井上の左CKに。ゴール前でファウルがあり、東京ボールに。左サイドを走った12金がゴールキックをダイレクトで前に送るが、駆け上がった27梅原は間に合わず、GK渡辺がキャッチ。

前半よりも中盤でボールを奪うことができるようになるが、そこから上手く前へつなぐことができない。すぐにプレスがかかり、後に下げてしまう。

57分、中央の09栗原から右前方の08樋口(?)へパス。こぼれたボールを栗原がひろって右から抜け出しシュート。バーに当たり跳ね返ったボールはゴールを割らず、なんとかクリア。05井上の左CKはファーでクリア。


59分、東京の交代、12金→41大迫。14沼田→40安田。

62分、養和の交代、02田村→13望月。07保坂→11上田。

64分、左からつないでゴール前にパスが入るがシュートを打ち切れず、クリアされるところをカットして取り返す。右で03森田が受けて、ドリブルからクロスを入れる。13宮田のドンピシャのヘッドは、しかし枠外。

67分、右から中へのパスを10宮アがDFと競りつつ受けてミドルシュート。GK橋がキャッチ。

68分、中央からのパスを左で41大迫が受けてドリブル。DFを振り切って回り込み、クロスを入れるがブロックされて左CKに。
その前に東京の交代、27梅原→37角。
03森田の左CKはDFがクリア。

69分、養和の交代、10宮ア→12。

71分、37角が左からドリブルで回り込み、ゴール脇から折り返しを狙うが、13望月が走り込みブロック。ボールは角に当たって外へ。

78分、左から15横田が持ち上がり、中から右へパスをつなぐ。右で37角が受け、DFと競り合う。DFが奪って持ち出し、縦に出したパスを38常盤がカットしてすぐに前へパスを出す。DFの間で受けた13宮田がターン、右から流し込みを狙うが枠を切る。

83分、養和の交代、08樋口→17町田。

84分、中央右を11上田が38常盤をかわしてドリブルで前へ。これを追って、後ろから押して倒してしまい、常盤にイエローカード。PA右角から05井上のFKは、ファウルでゴールキックに。常盤だけでなく、今年は少し、後手になったときに手を使いがちな気がするなあ。注意してほしい。

87分、ハイボールの競り合いでハンド(?)があり、中央左から05井上のFK。クリアしきれずポンポンとボールが行きかうが、ゴール前の13宮田の足元に入り何とかクリア。

90分、06金野の右ロングスローからパスがつながるのを40安田がクリアするも、安田へのファウルがあり、17町田にイエローカード。

お互い、チャンスを作り切れず、決めきれず、という感じで試合終了。

-----
ということで、得失点差により東京のグループ1位、養和の2位が決まり、それぞれ11日の西が丘に進むことになった。

養和とは今年は同じリーグで戦うことになるが、今の時点でチーム熟成度はどれくらいなのだろう。小柄なゲームメイカー05井上が良かった。

-----
今のところ中村監督がしつこく声をかけているのは、守備では「ボールに1人行く」「外に追い出す」、そして「声出てますかー?」。ボールを持つと「怖がるな」「逆見て」、といったあたり。DFからボランチへのボールをスムーズに出せないことがあって、15横田が引いてきてしまい、下がりすぎないように言われたり。一方で先週は、03森田が前に出ていくよう促されたり。
このまま3-4-3の形で行くのか、4バックに戻すのか。キャンプ参加組(≒U-23組?)をどのくらい「U-18」の戦力として使えるのか。今年も不確定要素が満載のプレシーズンです。ドキドキ。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | サッカー:観戦記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする