2019年04月14日

プリンス関東第2節 三菱養和SCユースvsFC東京U-18 養和巣鴨グランド

14時からトップチームは味スタで鹿島戦、U-15は深川で青赤ダービー。そして16時から巣鴨でプリンス関東。どこに行ってもハシゴするには時間が重なるという、ファン泣かせな日程が恨めしい。
選べないので西が丘で関東大学リーグ2節、明治1-0東洋(佐藤亮のゴール!)と、筑波2-2桐蔭横浜の前半だけ見て移動。


三菱養和SCユース [ 0 - 1 ] FC東京U-18

【三菱養和SCユース】=============================
−−−−10栗原−04望月−−−−
07今野−−−−−−−−−08上田
−−−−02古舘−06井上−−−−
13竹内−03清水−05岩崎−14田村
−−−−−−01渡辺−−−−−−



【FC東京U-18】=============================
−−−−−11宮田−−−−−−
−−−20安田−10小林里−−−
12大迫−−−−−−−05森田慎
−−−−14沼田−12金−−−−
−06佳史扶−02木村−03岡−−
−−−−−30野澤大−−−−−


前日のヴァンラーレ八戸戦@西が丘で、U-23は今期初勝利! …の試合にフル出場していた02木村と06佳史扶がスタメンで出場。今年も選手は忙しい。怪我だけはしないように、トレーナーさんよろしくお願いします。


東京のキックオフで試合開始。

やや受け気味に試合に入ってしまい、早速「遠慮しないよ!自分達から!」と中村監督の声が飛ぶ。

05分、12大迫が左スローインのボールをピッチ中央のスペースへ投げ込むと、逆サイドからしぼって走り込んだ05森田慎がダイレクトで合わせてミドルシュートを打つ。面白いアイデアだったが枠上へ。

10分、12大迫が対面の08上田がボールを持ったところにガッと詰めて奪うと、20安田とのワンツーで左サイドを一気に抜け出しゴール前へ折り返す。が、ボールに勢いがつきすぎて中の走り込みが間に合わず、そのままファーに流れてしまう。

先週の開幕戦では攻撃面での持ち味を出せず、やや消極的にも映った12大迫だったが、今日は立ち上がりからどんどん前に出ていく。アオトはそうでなくっちゃ!

養和はCB2人からロングパスでサイドへ。サイドから長身2トップへクロス、あるいは斜めのパスで2トップの抜け出しを狙う。攻守の切り替えが双方速い。11宮田には、下がりすぎずCBに対しチェックの指示。シャドウ2人の片方は、そのフォローを意識させる。

15分、02木村が前に出てボールを奪うと、そのまま相手陣内まで運ぶ。いったん左でつないでから木村が右へ大きくサイドチェンジ。05森田慎が追いついてクロスを入れるが、ゴール前には合わず。

DFラインで02木村のカバーがとても良い。ハイボールは木村と03岡ではね返すが、セカンドボールを相手にひろわれてしまっている。

29分、右サイドを11宮田がドリブルで抜け出して、中へ切り込みシュートを打つ。ニアでGK渡辺がブロックして、こぼれたボールをDFがクリア。05森田慎の左CKはファーでエンドラインを切る。

31分、中盤でボールを回して、06佳史扶からのパスを中央の10小林里がワンタッチで縦に送ると、11宮田もDFを背負ったままダイレクトにゴール前へヒールパス。左から20安田が走り込むが、先にGK渡辺がキャッチ。

37分、中盤で02古舘がカットして前に運び、左の10栗原へ。栗原が後ろに戻して、07今野のクロスに逆サイドポスト際へ08上田が走り込むが、06佳史扶がブロック。右CKは今野からショートで古舘へ、古舘のクロスはニアでクリア。

39分、左でボールを奪い返した12大迫が少し前に運ぶと、ハーフウェイラインを越えた辺りから意表を突くループシュートを打つ。遠目にネットが揺れて、入ったー?!と喜んだが、実はわずかに枠上で、ゴールの裏からボールがぶつかったのだった(苦笑)。惜しい!

45分、06佳史扶からの縦パスを走って受け、12大迫が左サイドをドリブル。エンドライン際でDFとの競り合いをかわして、中へ折り返す。ニアの10小林里がボレーで合わせるが枠上。

展開の速い前半は、0-0でHTへ。

-----
後半。
養和の交代、06井上→32影山。

46分、右スローインを11宮田がDFを背負って受け、振り向きざまに角度のない位置からシュート。ゴール前を横切る。

47分、左から07今野のロングスローに、ニアの10栗原が頭で合わせる。GK野澤大の後ろで02木村が頭でクリア。

49分、08上田のアーリークロスをクリアするが、セカンドボールを32影山がひろってミドルシュート。枠を切る。後半になって、養和は積極的にミドルシュートを狙ってくる。

前半は東京DFがはね返した後をひろえなかったが、後半立ち上がりは東京のフィードやアーリークロスがはね返された後をマイボールにできず、なかなか波状攻撃にならない。「ボランチが一人出る!」と中村監督。

52分、中盤で縦パスを07金がカットして、下りてきていた11宮田へパス。宮田は横の10小林里へボールを預けると、前へ走り出す。小林里が右前方へ出したパスに追いついて、抜け出そうとするところで養和DFが足を伸ばしてボールをカット。しかし、後方から走り込んでいた小林里がこぼれたボールを受けると、そのままミドルシュートを突き刺す。東京が先制。【0-1】

55分、14田村が持ち上がり、マークについた12大迫を半身かわしてクロスを入れる。ファーで04望月が待ち構えるが、頭上を越える。

56分、07今野に出たパスを03岡がクリアするが、ボールは高く上がってゴール前ではずみ、逆サイドにこぼれたところを08上田がミドルシュート。DFに当たり、枠を切る。07今野の左CKをファーでキャッチしたGK野澤大と10栗原がぶつかり、栗原のファウルに。

58分、08上田のドリブルから、07今野の右CK。ファーで東京DFがクリアして左CK。ファーに流れてエンドラインを切る。

59分、東京の交代、14沼田→17常盤。怪我からの復帰戦。

63分、養和中盤からのフィードをそのままエンドラインまで出そうとするが、10栗原が02木村に詰めて左CKにする。07今野の蹴ったボールをファーで13竹内が受けてシュートを打つが、枠を切る。

68分、10小林里からパスを受けて11宮田が左サイドをドリブル。中を見て丁寧に折り返すが、走り込んだ20安田の前でGK渡辺がキャッチ。

69分、07今野の左CKにファーで10栗原が頭で合わせる。バーに当たり、こぼれたボールをクリアしたところから東京のカウンターに、と思ったらクリアされて、逆に養和のカウンター。右から02古舘があげたクロスはゴールからそれる。

お互いに落ち着かず、ふわっとした印象の時間帯。少し集中力を欠いた感じが怖い。

73分、東京の交代、05森田慎→15横田。20安田→42野澤零。

74分、右遠めから32影山のFK。GK野澤大がキャッチ。

76分、中央の10栗原からパスを受け、07今野が左サイドをドリブル。これを止めて左CKに。今野の蹴ったボールはGK野澤大がキャッチ。

78分、養和の交代、02古舘→16田中。

79分、東京DFの半端なクリアを、16田中がダイレクトでミドルシュート。枠外。ゴールキックのフィードを養和DFがサイドでクリアして、左スローインを受けた10小林里がドリブル。PA内へ回り込んだところでDFともつれて倒れるがファウルはなし。

80分、養和の交代、08上田→17白井。最後は3バックの配置になる。
−−−−10栗原−04望月−−−−
07今野−−−17白井−−−14田村
−−−−16田中−32影山−−−−
−−13竹内−05岩崎−03清水−−
−−−−−−01渡辺−−−−−−


82分、11宮田がドリブルで粘って、07金の左CKに。ファー後方で17常盤が頭で合わせるが、GK渡辺がキャッチ。
すぐに養和のカウンターから07今野の左ロングスロー。ニアの04望月が頭で合わせるが枠外。

84分、左遠めから16田中のFK。ファーで混戦となって05岩崎がシュートを打つが、逆サイドのポストに当たる。セカンドボールをひろった07今野のクロスは、東京DFがクリア。

88分、14田村の右クロスに、中央へ走り込んだ17白井がGK野澤大の目の前でトラップしてシュート。やられた、と思ったが、野澤大の後ろにカバーに入った15横田がライン上でクリア! セカンドボールに10栗原が頭で合わせるが枠を切り、もう一度横田がクリア。07今野の左ロングスローは、ゴール前でバウンドしたところをGK野澤大がキャッチ。

89分、東京の交代、12大迫→23新。

AT3分。

90+3分、サイドチェンジを受けた42野澤のドリブルから左CK。前の3人で時間を使おうとするがこれは失敗。カウンターをクリアして、試合終了。

-----
ラスト10分の養和の猛攻をしのいで、東京が逃げ切り勝利。
17常盤のほか、B戦では18青木も怪我から復帰。23新はT1での活躍が評価されてAチームで初出場と、良いニュースも続いた。

このまま3-4-3を継続するのかどうかはわからないが、前節も監督から言われていたように「(3-4-3で)ボランチがキツいのは当たり前」。サイドを見たり前に出たり後ろに戻ったりと仕事量も運動量も大変だが、頑張ってほしい。

-----
昨日U-23が勝ってトップも勝って、U-18プリンス関東も勝てたのだけど、U-15は青赤ダービーだったので深川が勝ってむさしは負けて。なかなか全カテゴリーが揃って勝つ週末は実現できない。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | サッカー:観戦記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

T1第1節[3] 町田ゼルビアユースvsFC東京U-18B 小野路グランド

レッズランドのレッズJYvs深川から小野路へハシゴ。夕方になってもあたたかいので助かるが、明日から寒くて雨なんだよなーやだなー。


町田ゼルビアユース [ 1 - 1 ] FC東京U-18B

【町田ゼルビアユース】=============================
−−10金澤−−09菊池−−11石川−−
12渡邊−−20八木−05小山田−13船戸
−−07新井田−03高島−02杉本−−−
−−−−−−−01鈴木悠−−−−−−


新人戦決勝と番号は同じだろうか。配置はだいぶ違う。


【FC東京U-18B】=============================
−−−42野澤零−27梅原−−−−
26上田−−−−−−−−−15横田
−−−−39谷村−33梶浦−−−−
35菅原−23新−29古屋−31小林慶
−−−−−−01飯塚−−−−−−


同日のアウェイG大阪U-23戦への帯同は、木村、野澤大、森田慎の3人。


04分、東京DFからのパスを42野澤零が後ろに落とし、自分は前へ走る。39谷村が受けて左の26上田へつなぐと、上田がサイドチェンジ。野澤零が右奥まで走ってクロスを入れるが、ゴール前には合わず。

05分、右サイドに05小山田が走り込み折り返すが、東京DFがクリア。

06分、自陣から東京のカウンター。27梅原からパスを受けた42野澤零が左サイドをドリブル、DFを振り切って抜け出しシュートを打つが枠を切る。逆サイドに39谷村も走り込むが、ボールは外へ。プレーが途切れたところで、梅原へのファウルに対し05小山田にイエローカードが出る。

07分、右から27梅原がドリブルで持ち込んでシュートを打つが枠外。

いい感じに試合に入れたものの、次第に町田の勢いで押し返され始める。

08分、左スローインから中へつながれ、ルーズボールに20八木が走り込みシュートを打つ。東京DFがブロックしてもう一度スローイン。ここからサイドをえぐられてクロスが入るがブロック。八木の右CK、左CKと続いて、セカンドボールを八木がミドルシュート。GK飯塚がはじく。

町田のカウンターが速い。スピードのある選手がどんどん後ろから追い越して、なだれ込むように駆け上がっていき、サイド奥まで入り込まれる。

と、押される時間帯だったのだが。

12分、縦パスを右で受けた42野澤零がドリブルで運ぶと、そのままミドルシュート。これが見事に決まる。前日のプリンスに続き、この日もゴール。【0-1】

14分、右スローインから20八木の右CK。大外から町田の選手がなだれ込むが、GK飯塚がキャッチ。

23分、15横田(?)からパスを受けた31小林慶がドリブルで粘って、右CKに。23新の蹴ったボールに、ファーサイドの29古屋が頭で合わせるが、GK鈴木悠がキャッチ。

26分、ファウルがあり左から23新のFK。セカンドボールをひろって15横田がシュートを打つが、GK鈴木悠がキャッチ。

31分、右スローインから13船戸が持ち上がってクロスを入れる。混戦の中でシュートが2本続くが東京DFがブロック。20八木の右CKに、GK飯塚と相手選手が競り合うがボールは外へ。ゴールキックに。

35分、東京のカウンター。右で粘って27梅原→15横田→42野澤零とつなぎ、野澤零のシュート。絶好、と思ったがDFに当たって外へ。23新の左CKはファーでクリア。セカンドボールをひろって39谷村がミドルシュートを打つが、DFがクリア。

37分、縦パスを42野澤零が追って、DFがクリア。23新の右CKに正面左で頭で合わせるが、ギリギリでDFがクリア。

39分、町田のショートカウンター。縦パスに左から05小山田が抜け出してクロスを入れる。ファーサイドに13船戸が走り込み、エンドライン際で足を伸ばして合わせるが、GK飯塚がキャッチ。

43分、中央左で縦に出たパスに東京DFの反応が遅れ、10金澤が抜け出してシュート。何とかブロックすると、今度は東京のカウンター。39谷村がDF2人をかわして抜け出し、27梅原→33梶浦とパスをつないで梶浦がシュートを打つが、DFがブロック。こぼれたボールをひろって切り返すが、シュートは打てず、ファウルで相手ボールとなる。

押し込まれながらも少ないチャンスで先制して、1点リードで折り返し。

-----
後半。
東京の交代、35菅原→45宮下。宮下が右SBに入り、31小林慶が左SBへ移動。

49分、39谷村のスルーパスに42野澤零が正面左から抜け出すが、先にGK鈴木悠がキャッチ。

51分、右遠めから20八木のFK。クリアしたセカンドボールをひろって後方からのミドルシュートはGK飯塚がキャッチ。

57分、27梅原のドリブルが倒され、PA右角からFK。23新が直接狙うが、枠上へ。

59分、右スローインからのクロスをブロックして、20八木の右CK。GK飯塚が両手ではじいたボールを後方でひろい、左から切り込んでシュート。飯塚が止めたところへ走り込んでぶつかった07新井田にイエローカードが出る。

飯塚が傷んで治療中に、23新から「ヨシがやってくれてるぞ!」と味方を盛り立てる声がかかる。こういうところ、とても良い。

62分、20八木の右CK。セカンドボールをつながれるが何とかクリア。

63分、東京の交代、26上田→22佐藤。佐藤が右に入り、15横田が左へ移動。

64分、交代直後の左CK。20八木の蹴ったボールに02杉本が頭で合わせて同点ゴール。GK飯塚、相手選手とかぶって見えなかったかも。【1-1】

65分、右サイド、ハーフウェイラインあたりから20八木のFK。ファーで折り返したボールをDFがクリアして、前方へパスを送ると、42野澤零がそのまま中央をドリブルで突進。シュートを打つが、GK鈴木悠が一度はじいてキャッチする。

追いつかれたものの、この辺りでようやく少し相手陣内でパスをつなぎ、連続した攻撃ができるようになる。

69分、町田の交代、05小山田→06塩澤(?)。

72分、ファウルがあり、右から20八木のFK。ファーで頭で折り返したボールをGK飯塚がキャッチ。

74分、町田の交代、11石川→19山野辺(?)。

75分、左サイドをえぐって折り返したボールを、23新が絞ってクリア。左スローインからゴール前で町田がパスをつなぐが、何とかクリア。

82分、町田のカウンター。中央からのパスを右で19山野辺が受けてシュートを打つが、枠外。

83分、東京の交代、15横田→46森田翔。森田翔がボランチに入り、39谷村が左へ移動。

84分、町田のカウンターから20八木の右CK。ファーでクリアしたボールが味方に当たり、左CKに。八木が蹴ったボールはGK飯塚が片手パンチングでクリア。

88分、ハーフウェイライン後方からGK鈴木悠が蹴ったロングFKをクリア。このボールを42野澤零が追って走り、中の27梅原へパス。DFの間で受けた梅原がターンで抜け出すがシュートは打てず。

89分、東京の交代、27梅原→43米陀。

90分、右クロスをGK飯塚が上にはじいて、セカンドボールをキャッチ。

AT3分。

90+1分、左から押し込んでパスをつなぎ、最後は後方から42野澤零がシュートを打つが枠外。

90+2分、中央から右へつなぎ、22佐藤がつぶされこぼれたボールを45宮下がひろうとそのまま前へドリブル。マイナスの折り返しに43米陀がシュートを打つが、枠外。

試合終了。

-----
町田の勢いのある攻撃を頑張って頑張ってしのいで、引き分けに持ち込む。週中の駒澤大高戦は「チンチンにやられた」試合だったそうだが、そこから持ち直して貴重な勝ち点1を獲得。

CBは日替わりで色々お試し中な感じだが、この試合のセットは23新、29古屋とも遠くまで見て前へのパスが出せるのが良かった。「声」も出せるのが、声フェチにはポイント高いです。
posted by kul at 22:59| Comment(0) | サッカー:観戦記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

プリンス関東第1節 FC東京U-18vs横浜FCユース 武蔵野苑人工芝グラウンド

開花は早かったが、その後気温が下がったせいで、まだ桜の盛りの週末。日向は汗ばむほどで、絶好のお花見日和。味スタへ行く前に、小平でプリンスリーグ関東の開幕戦。


FC東京U-18 [ 3 - 1 ] 横浜FCユース

【FC東京U-18】=============================
−−−−−11宮田−−−−−−
−−−20安田−10小林里−−−
12大迫−−−−−−−05森田慎
−−−−14沼田−12金−−−−
−06佳史扶−28大森−03岡−−
−−−−−30野澤大−−−−−


翌日にJ3とT1があるため、ベンチスタートの選手もあり。


【横浜FCユース】=============================
−−−−−09佐々木翔−−−−−
17佐々木柊−07奥村−−−10宮原
−−−−04小倉−11中川−−−−
06小林−15森本−03北田−08田畑
−−−−−−01深宮−−−−−−


07奥村が引き気味に見えたけど、普通に4-4-2かもしれない。


横浜FCのキックオフで試合開始。

09分、前線で10小林里がボールホルダーにプレスをかけると、側の11宮田がこぼれたボールをひろって切り返してシュート。GK深宮がさわり左CK。05森田慎が蹴ったボールを、ファーサイドから28大森がヘッドで折り返すがDFがクリア。

横浜FCのFW2人は東京DFラインのパスを追ってくるが、中盤ではそれほどプレスはかけてこない。しかしルーズボールは11中川がサッと前に出て来てさらっていく。もう一人のボランチ04小倉は後ろでバランスを取る。

17分、中盤で少ないタッチでパスをつなぎ、左へ送ったボールを07金が受けると、中へ切り込む。正面で一人かわしてシュート、近くでDFにブロックされたボールをひろってもう一度シュートを打つがこれもDFがクリア。

中村監督からは「出すとこなかったら、はたいて」の声。とにかくテンポよくボールを動かしてペースを掴もうとするのは、前年から変わらない。

21分、中央でボールをもった10小林里が2人かわして横にパス。中央左で受けた14沼田が左前へスルーパスを送る。12大迫が駆け上がって受け、中へ折り返すが戻ったDFがニアでクリア。

24分、06佳史扶が自陣でボールを奪ってそのまま持ち上がり、左前方へパスを送る。10小林里がDFと併走して、左CKに。05森田慎が蹴ったボールを11宮田が押し込むが、ファウルでノーゴール。

28分、中盤で14沼田(?)がカットして縦に入れたパスを11宮田が受け、ゴール前右へスルーパス。10小林里が抜け出すが、角度のない位置からのシュートはGK深宮がブロックして、こぼれ球も自分で抑える。

32分、相手DFライン中央で10小林里がボールを奪うと、そのままPA内へ進入。DFをかわして体勢を崩しながらシュートを打つが、わずかに枠を切る。

35分、中央のドリブルを06佳史扶が中へ絞ってカット。09佐々木翔がひろって右へ出したパスを、上がってきた11中川がフリーで受け、28大森のスライディングをかわしてGKと1対1。しかしシュートは枠を切る。

38分、左からのサイドチェンジを05森田慎が受け、前へパス。10小林里が走るがDFがクリア。07金の右CKをファーで28大森(?)が折り返すが、DFがクリア。

0-0でHTへ。

横浜FCは選手個々が上手いので、安易に長いボールを蹴らずにつないでくる。東京としては、そう簡単には奪えなくても、中盤でプレスをかけてボールを取りに行く選択肢が生まれる。
東京はボールを持つと後方でのパス回しで形を整え、要所で11宮田をはじめ前の選手の抜け出しを狙う。
割と狭いエリアでつないだ後、06佳史扶から05森田慎へのサイドチェンジが何度か。3バックのこのメンバーだと、佳史扶の左からのクロスがなくなってしまうのがもったいない気もする。

-----
後半。

47分、東京DFが2人、足を取られた隙に、左からパスが入る。ゴール前で11中川受け、切り返してシュートの体勢となるが、28大森がカット。こぼれたボールを10宮原がひろってミドルシュートを打つが、GK野澤大がキャッチ。

48分、07金が縦に送ったパスに11宮田が中央を抜け出し、飛び出したGKの前でさわる。ループ気味のシュートが決まり、東京が先制。【1-0】

49分、中央を10小林里がドリブルで運び、右でフリーとなった05森田慎へパス。森田慎がゴール前へ折り返したボールに小林里が走り込むが、先にGK深宮がキャッチ。

52分、左から切り込んできた11中川のドリブルを、06佳史扶がカット。しかし身体を入れ替えて奪い返され、後ろから倒してしまい、右遠めからのFKとなる。10宮原がゴール前へ入れたボールはDFが頭でクリア。

54分、東京DFラインのパスを09佐々木翔がカットすると、1人かわして切り込み、倒れつつシュートを打つ。GK野澤大がキャッチ。

56分、05森田慎からゴール前への折り返しに、20安田がニアに走り込んでシュートを打つが枠を切る。

57分、14沼田が右で時間を作り、外の20安田へパス。安田のクロスは中央の11宮田を越えて、ファーサイドで12大迫がひろう。一度下げたボールを受け、07金がミドルシュートを打つが枠上へ。

58分、サイドチェンジを受けた17佐々木柊がミドルシュートも枠上。

62分、中央のスライドが遅れてサイドが空き、08田畑がフリーでパスを受けると前にドリブルで持ち上がる。そのままスルスルと中へ切り込んでミドルシュート。GK野澤大がキャッチするが、ちょっと簡単に打たせすぎた。
中村監督からは、「(3-4-3で)ボランチがキツいのは当たり前よー」と発破がかかる。

この辺りで横浜FCは、10宮原と11中川がポジションチェンジ。中央の宮原からサイドへ長いパスが出る。

68分、縦パスに12大迫が走ってボールを持つと、足を滑らせつつ1人かわして中へ切り込む。ゴール前へマイナスの折り返しを送るが、シュートはDFがブロック。

1点リードしていることもあって、「(今は)カウンターじゃないよ。バランス、全体のバランス」(中村監督)と攻撃を焦らないようにとの声。

74分、横浜FCの交代、15森本→02花城。

80分、中央で奪って右へつなぎ、05森田慎が切り込んでサイドからシュート。枠を切る。

82分、後方でパスを回して03岡がロングフィード。05森田慎と11宮田がDFと競り合い、こぼれたボールを11宮田がひろってシュートを打つ。GK深宮がさわって右CK。
その前に横浜FCの交代、04小倉→14永田。少し足を傷めたか?
07金の右CKはニアでクリア。セカンドボールを競り合った05森田慎へファウルがあり、ゴール正面からのFKとなる。金が蹴ったボールは壁に当たる。こぼれ球に反応した森田慎のシュートは枠上へ。

横浜FCは、14永田が右に入り、10宮原、11中川がボランチに。

86分、右で05森田慎がパスを受けると、アーリークロスと見せかけて、シュート性のグラウンダーのボールをゴール前へ入れる。これがそのままゴールへ吸い込まれ、蹴った本人もびっくり顔のスーパーゴールに(笑)。試合終盤に追加点が決まる。【2-0】

87分、自陣のクリアボールを11宮田が受けたところに03北田がファウル。イエローカードが出る。

東京の交代、20安田→42野澤零。

90+1分、中央でパスを受けた42野澤が縦に突進。DFを1人かわし、2人かわし、もう1人かわして、GKと1対1をきっちり決めて追加点。水曜日のT1(vs駒澤大高、0-3で敗戦)で昨年からの連続ゴールは途切れたが、プリンスリーグでもいきなり得点。気分の波も少なくなって、好調が続く。【3-0】

90+2分、横浜FCの交代、09佐々木翔→20堀越、17佐々木柊→30前田。最後の配置はこんな感じ。
−−−−07奥村−20堀越−−−−
30前田−−−−−−−−−14永田
−−−−10宮原−11中川−−−−
06小林−02花城−03北田−08田畑
−−−−−−01深宮−−−−−−


東京の交代、10小林里→15横田、11宮田→09久保。

90+4分、14永田が右から切り込み、前へパスしてそのまま中へ走り込む。こぼれてきたボールをゴール正面で受けてシュートが決まる。最後に1点返されてしまった。【3-1】

90+5分、東京の交代、06佳史扶→23新、03岡→29古屋。

試合終了。

-----
プリンスへ降格して、初戦は無事に勝利。最後の失点があっさりだったのはいただけないが、今後に向けての教訓としよう。2度目の再昇格は簡単な途ではない。甘い部分を少しずつ削いで、チームも個人も強くなりたいね。

前日くらいから急に気温が上がったので、試合終盤には足の攣る選手もいた。そんな中、最前線の汗かき役でプレスをかけハイボールに身体を張る11宮田には、本当におつかれさまと言いたい。なかなか報われない試合もあるが、今日はゴールできて良かった!

-----
急いで移動して、試合開始直後に味スタで着席。トップも勝って、良い日でした。
posted by kul at 22:59| Comment(0) | サッカー:観戦記2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする