2008年06月08日

ナビスコ杯予選第6節 東京VvsFC東京 国立競技場

雨の用意をして行ったけれど、薄曇りで蒸し暑い。千駄ヶ谷駅前は、東京体育館のバレーボール観戦(なのかジャニーズ目当てなのか)のお嬢さんでごった返している。試合前に、秋葉原で通り魔事件があったらしいと聞いたけれど、あんなひどいことになっていたとは知らなかった。国立競技場では、長沼健氏に対して半旗、黙祷、喪章。

塩田発熱で荻が初スタメン。DFラインは徳永・茂庭・藤山・椋原。梶山が五輪代表から戻って、ブルーノと2ボランチ。左右に羽生とエメを置いて、平山が引き気味でカボレと2トップ。またまた今期初布陣だ。練習に遅刻したという平山をどうするのかと思っていたが、城福監督はスタメンで使ってきた。のっぽ君は、さあ、どう応える?
ヴェルディは、ディエゴと土屋が不在で、左右に廣山と飯尾を起用。ブラジル人3人が前にいるより、廣山・飯尾(と福西)が積極的にフッキとレアンドロに絡んでいく今回の布陣の方が嫌だった。

前半は、両チームとも妙に足が止まってて何だかぽっかりした展開。その割には点が入った。梶山とブルーノが噛み合わず、同じように動いてしまって中央が開く。カウンターからフッキのシュートを荻が止めるが、セカンドに廣山が走り込み先制される。しかしすぐに梶山のフィードに抜け出したカボレが、土肥の頭を越すループを決めて追いつく。しかししかし、またすぐに東京ゴール正面からヴェルディのFK。フッキのボールがゴール隅に決まる。前半の荻は、久々の実戦に緊張したかやや不安定だった。得点が動いている割にはポイントのない試合で、負ける気もしないが、ゴールが決まる感じもしない。ぼんやりしたままリードされて終わるの嫌だなあと思っていたら、前半終了間際のCK、羽生のやや低いクロスにニアの平山がヘッドで合わせゴール。おお!ちゃんと応えられた!

後半。開始早々にカボレがドリブル。DFと競りながらライン際からゴール前へマイナスのパス、平山が走り込み押し込んで勝ち越し。カボレがとても嬉しそうだった。前半と違って、梶山が上がりを控えて守備に重点を置きバランスを取る。後半は荻も落ち着いた。走り回ってお疲れ様の羽生と石川が交代。石川のCKに、平山が今度は高い打点で合わせて、何とハットトリック! 高校選手権での活躍も、昨年の5人抜きゴールも国立だった。国立のピッチは、平山贔屓なのか。ここ数試合、徐々にチームの中で仕事できるようになってきて、ようやく最高の結果を出せた。良かったなあ。
その後も、カボレ→祐介(交代後、スタンドに向かって妙にきちんとおじぎするカボレ。いい人だー)、エメ→大竹と攻めの交代をしながら時間を使い、完勝で試合終了。予選同グループ1位の清水が敗れて東京は勝ち点で並び、得失点差でグループ2位に。他グループでは、神戸が引き分け、大分が勝ち。ということで、2位での勝ち抜けは東京と大分。今年も大分アウェイが2回か、行けるかな?

それにしても平山。プレーに毀誉褒貶の多い、言動にも突っ込みどころの多い選手ではあるものの、それはこのように“当たればデカい”ことを知っているのに本人は何考えてんだかよくわからないからであって、周りの思惑と関係なくマイペースにチューニングしてしまうのが彼のスタイルなら、気長に付き合うしかないのか。ある意味王様。反町さんの選考基準はさておき、一般論として時間の限られる五輪代表を外されるのは仕方がないのかもなあと思う。

2度目のスタメンも東京ダービーの椋原は、今日は飯尾とずいぶんやり合っていた。追いついたもののすぐにまた失点し、ちょっと元気なくバタバタとCKを与えてしまった前半25分過ぎ、手を叩いて声を出し、味方を鼓舞していた。1対1と状況判断だけでなく、こういうキャプテンシーが彼のいいところだ。トップの試合でも臆せずやってて、ユースファンは安心して満足。

-----
以下、その他雑感。

ネタコールは東京ゴール裏の持ち味だけれど、中には眉をしかめるものもあって、今回は土肥へのコールはやり過ぎだと思った。その場限りにその場を楽しむプロレスノリは悪くない。が、プロレスはブックのあることが周知の前提で、観客もブックの中の役割に沿ってベビーとヒールを決めてそれぞれコールを送る訳だ。でも、サッカーにブックはない(普通はね)。真剣にやってる選手に向かって、かけるべきではないコールもあると思う。「お約束」と「マジ」の区別ができない客も増えてることだし。もっとも、土肥ちゃんが出ている試合でヴェルディが失点していると、DFは何やってんだよ!とムカついてるような土肥ファンだから、余計にああいうコールが気に障るのかもしれませんけどね。

勝利後のお祭りゴール裏。こっちは別にいつものことで問題なかったと思うのだけれど、ぷちんと切れたヴェルディサポの方がおられたようで、バックスタンドに怒鳴り込みに来ているのが見えた。帰ったのでその後の事は知らず。勝った相手が長っちりになるのは仕方がない。負けたときには、相手が喜ぶ様子から顔を背けて、次は見てろよと思いながらとっとと帰る。だから余計に勝ったときが嬉しいんじゃないか。悔しさの発散させ方を間違えないようにしないと、とこれは自戒も込めて。

それでもまあ、ダービーでのプロレスノリも勝ってわーいと喜ぶのも、今の状況では若干気がひけるというか。普通にやってても数に物を言わせているようになってしまうのが困る。たまたまチームの調子が良いものだから、「多数=正しい」と思い込みかねなくて危険なことでもある。

-----
帰りに代々木門から出て信濃町駅へ向かう途中、ふと前を見るとフジT着用の方が! 極少ロットなのに、よくもまあ出会うものだ。さすがに声はかけませんでしたが、思わず後ろから拝んでしまいました。ありがたやありがたや。

-----
勝ち試合の感想は長いのだ。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100116378
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック