2008年06月15日

クラブユース選手権関東2次予選 第5節 FC東京U-18vs三菱養和SCユース 小平グラウンド

今日も快晴、観戦日和。ソウルはともかく韮崎での練習試合も気になったのだけれど、午後は小平へ。トップチームが出払っているので、今日の試合は奥の芝生ピッチで行われた。
東京・養和は前節終って勝ち点10で並ぶも、得失点差で東京が予選リーグ首位。3位横浜FCが勝ち点7。得失点差が大きいので東京の予選2位内(=関東8位内)はほぼ確実と思われる。対する養和は今節の結果次第では3位となって、来週の順位決定戦で9決(予選4グループの各3位チームがトーナメントを行い、関東9位=関東代表の最後の枠を決定する)に回る可能性がある。そんな訳で、養和は普段の対東京戦をさらに上回るモチベーションで試合に臨んできた。

※今回の左右は攻撃側目線です。どうも、どう書いたら(自分に)わかりやすいのかよくわからん…。


【東京】=============================

−−−−09山村−22重松−−−−−
        (89分 →12須藤)

14三田啓−−−−−−−−−07山浦
             (84分 →08山崎侑)

−−−−10岩渕−17大貫−−−−−

02阿部−03藤原−04畑尾−13久保田
            (73分 →37松藤)

−−−−−−01井上−−−−−−−


【養和】=============================

−−−−−−09恵津森−−−−−
      (80分 →20前田)

06石井−13加藤−10玉城−07桜井
            (70分 →14田中豪)

−−−−−−08安田−−−−−−

22花田−03松本−04三沢−02阿南
            (70分 →16中村侑)

−−−−−−21原田−−−−−−

※89分 ?→25


【得点】=============================
34分 養和 13加藤
44分 東京 04畑尾

【警告・退場】=============================
20分 養和 04三沢
27分 東京 13久保田
73分 養和 03松本
83分 養和 20前田
89分 養和 21原田


やや風が強く、ハイボールは流され気味。養和は4-1-4-1の布陣で、攻撃にどんどん人数をかけて東京に攻める暇を与えるな!という感じ。
09分、養和のロングフィードへの競り合いからゴール正面でFKを与える。キッカーは10玉城、と見せかけて13加藤。壁に当たったこぼれを10玉城が拾い、クロスが入るが、ヘッドは枠外へ。
15分、山浦の右CKに岩渕がヘッドで合わせるが、枠外。
山村、重松の両FWがどちらか下がってボールを引き出したり、あるいはポストになったりは出来ているが、周りの押し上げが1テンポ遅い。好調で強さもある重松を前に置きたい+前では岩渕へのマークが厳しい、ということでこのところ(前回養和戦の後半から)岩渕がボランチに入っているのだけれど、今日はプレーの印象が薄かった。養和が攻撃に人数をかけて東京の守備を振り回し、ボランチのところを上手くいなされてしまった。
17分、ゴール前で左右にパスを回され振り回される。養和右サイドからの低いクロスは井上がキャッチ。
18分、右遠めから東京のFK。DF裏へ重松が飛び出すがGKがはじく。
20分、ファウルの判定に異議(?)で04三沢にイエロー。
23分、左サイドでパスをつなぎ、三田啓が後ろへ落としたボールに山村が走り込みシュートを打つがGKがはじく。
27分、養和のドリブルをファウルで止めて久保田にイエロー。
28分、養和の右CK。井上がはじくが中途半端で、双方選手がヘッドでお手玉状態に。最後は枠外へ。
31分、東京の左CK。ファーで重松がヘッドで合わせるがGKがキャッチ。
33分、養和のロングフィードへの競り合いに阿部が相手を倒し、ゴール正面でFK。10玉城もいたが、キッカーは今度も13加藤。直接決めて、養和が先制。井上は読みを外された感じ。
36分、右遠めからのFK。山浦が直接狙うがGKがはじき、左CKに。重松のヘッドを、DFがぎりぎりでクリア。
41分、左でパスをつないで押し上げを待ち、三田啓(?)のクロスに岩渕がヘッドで合わせるがGKがキャッチ。
44分、右CKからDFのクリアを拾って久保田がクロス、ファーで畑尾がヘッドで決めて同点。さすがですキャプテン! 振り出しに戻して前半終了。

後半。
立ち上がりに三田啓がミドルを打つがGKがキャッチ。
57分、右で久保田が岩渕を追い越しながら1-2でパスを受けてクロス。山村が飛び込むがGKがキャッチ。
58分、養和が右サイドでつないで崩し、フリーとなった07桜井がシュート。井上がはじく。
60分、今度は左から09恵津森が切り込みシュート。角度が足りずサイドネットで助かる。
67分、東京の反撃。右からつないでゴール前で山村が受け、振り向きざまにDFの間からシュート。しかしバーを直撃。はね返りを拾った大貫のシュートは、DFに当たる。
68分、左から阿部と三田啓がパスをつないで持ち上がり、阿部のクロスを受けた重松がDFをかわしシュートを打つも枠外。
養和が無理に攻めずにまずは守備、となったため、東京の攻撃がつながり出すが、ゴールを割れない。
70分、養和の交代。07桜井→14田中豪。02阿南→16中村侑。右サイドを入れ替えて、対面で勢いの出てきた阿部・三田啓に当てる。
73分、スライディングで03松本にイエロー。右遠めからのFKの前に、13久保田→37松藤。山村のFKは上へ。
ここまでボランチで消え気味だった岩渕が、左サイドの三田啓とポジションを交換。今年は「ボランチのもう一人」と「前の組み合わせ」が悩ましい…。
80分、養和の交代。09恵津森→20前田。
83分、ゴール前に養和のパスが入り、井上と畑尾がDFに行ったところへ20前田が滑り込み、イエロー。
84分、07山浦→08山崎侑。
89分、左遠めでFKを得たところで、22重松→12須藤。あわよくば、だったけれど不発。
ロスタイム、ゴールキックで時間を稼ぐ養和GK原田に、遅延行為でイエロー。引き分ければ2位が確定する養和は、交代でも時間を使う。東京も、引き分ければ1位確定するので、最後のCKは時間を使う。養和のベンチ外選手達からは、「サンキューF東!サンキュー!」の声。ちょうど近くで見ていたため、試合終盤の彼らの一喜一憂が面白かった。そのままタイムアップ。

最後のCKで時間を使ったのはベンチの指示だったのか? 須藤も入れたのに、と、選手達は思ったのではないか。勝って2次リーグを締めたかった選手達は、リアリストにはなり切れず結果に不満げ。一方、養和は9決に回らずに済んだため、優勝したかのような喜び方。ホームで相手チームに喜ばれちゃって、ますますヘコんだ気分になってしまう東京のユース君達。切り替え切り替え!


その後、Bチームによる練習試合。風が強くて震えながら見てたのでメモは無し。山崎侑と江口が元気。小さいのに江口の運動量は物凄い。どこにでも江口。あそこだ、と見たらダッシュで走り込んで行く様子を見ていると、チョロQを連想する。三田尚も調子を上げているようで、豪快なミドルを打っていた。…とはいうものの、こちらも0-1で養和でした(いや、さっきの試合は負けてない…)。


来週の順位決定戦@那須には行けないが、気持ちを切り替えて、気分良く全国大会へ進めるように。頑張れ!
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック