2008年06月29日

J1 第14節 FC東京vsJEF千葉 味の素スタジアム

味スタ周辺はそれほど雨足が強くない。
買い物してたら遅れて、U-15スペシャルマッチは後半から観戦。今年はホームユニのむさし1年生が、深川1年生に2-0で勝利。6年後(?)のデビューを待ってるよ。

リーグ再開。SOCIO招待もあって自由席等の前売は完売していたが、天気ばかりはどうしようもない。28000人弱でちょっと残念でした。

今日は佐原(と塩田)劇場。
前半7分、ロングフィードの目測を佐原が誤り、レイナウドの突進を、追いすがった今野がPA内で倒してしまって一発レッド。赤は厳しくないかー?と思ったが、あそこでファウルしてでも止めるのは仕方がない。PKは塩田がナイスセーブ。
80分以上を10人で戦うことになったが、千葉がまず守備からのやり方を変えなかったので、守備でも攻撃でも人数の少なさは感じなかった。梶山が後ろでボールをさばいて、平山は引き気味でパスを受けて、エメと羽生さんが走り回って。中盤が非常に良かった。平山はどんどんチームのやり方に馴染んで機能してる。やることを整理して伝えてやれば、ちゃんとできるんだよね。千葉のDFラインのパスを平山が追って、PA内で倒されPK獲得。ちょっと、高山主審の帳尻合わせのような…。カボレがボールをセット。何となく失敗しそうな気がしていたら(カボレって、こういう場合に素直そうで…)、やっぱり立石に止められてしまった。
39分、セットプレーでうまくマークを外しフリーになった佐原がヘッドで押し込み先制。今ちゃん退場直後はテンパっていたが、これで落ち着くかな、良かったな、と思ったんですが。

後半に千葉が巻・谷澤を入れてきて、押される時間ができる。浄と接触して佐原が瞼を切り流血。治療で外へ出ている間に新居のクロスからレイナウドに決められてしまった。1人少ないのは支えられても、さすがに2人少ないのは支えきれませんでしたか。しかしもったいない。試合後に選手達も反省してたが、佐原治療の時間帯はボールを失わないことを第一としているべきだった。あるいは時間がかかるなら早めに交代に切り替えても良かったか。所詮は結果論ですがね。
城福監督は攻撃陣で次々カードを切っていくが、交代の洋平・祐介・赤嶺は流れに入りきれなかった感じで追加点はならず。ただでさえ芝の悪い濡れた味スタピッチで選手はよく走って、終了後ヘトヘトになっていたが、やっぱりもったいない引き分けではあった。

それにしても、エメは本当によく走ってくれる。一緒に見ていたマリサポさんが絶賛でしたよ。うふふーんだ。
混雑を避けて、飛田給で飲んで帰る。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック