2005年12月03日

J1第34節 C大阪vsFC東京 長居スタジアム

新幹線ではなく早朝の飛行機で大阪へ。時間が半端にあるので、阪急に乗って十数年前に1年だけ住んでいた辺り(園田競馬場の近く)へ行って散歩してきた。さすがにあちこち変わっていたが、道とか家の並びとか、結構覚えているものですね。そんなこんなで昼前にスタジアムへ。

ササ・加地が出場停止、ルーカス・憂太は治療でお休み。最終節を前に首位に立ったC大阪は、CBのブルーノ・クアドロスが出場停止。試合前に朝日氏が今日の応援はどうする?との3択をやって、「ガチで勝ちに行く」に手を上げた人はまばら、「ネタ」と「原監督続投」がほぼ半数ずつというのが、何とも東京のゴール裏らしいというか。所詮全国ネット的には優勝戦線の脇役扱いなんだし、こっちはこっちで楽しもうってことだ。「おー、原東京、続投続投原東京」と歌って試合開始。
立ち上がり3分、左サイドからのスローインの早いリスタートに付き切れず、クロスを入れられゴール前で西澤にヘッドで先制される。この失点はいただけなかった。以前にも早いスローインから失点したことがあったよね(柏戦?)、学習しないと。
しかし今年は開始早々の失点も、自信を無くしての自滅も、終了間際に追いつかれることも追いつくことも突き放すことも、色んな試合があったので、経験値は確実に上がって簡単には動じなくなってきた。ああしまった、次だ次、と切り替えられるようになった。20分に梶山がドリブルで中央を駆け上がり、左から栗澤が中へ切り込むのにDFがつられたところでさらに外を並走してきた規郎へパス。フリーで受けた規郎がゴールのファーサイドへ流し込むように決めて同点。こういうパスがあるから梶山は病みつきになる。これで試合は振り出しに。
C大阪は、中盤のプレスが速い。ボランチのファビーニョの手足が長くて、腕でうまく遠ざけながらボールを絡め取られてしまう。奪ったらサイドの久藤とゼ・カルロスに振って、その隙に森島・西澤・古橋が時間差へ中へ入ってくる。時間差というのが、東京と比べて効率がいいなと思いました(苦笑)。
カウンター合戦の中、規郎がPAで西澤を倒してしまい、上手く取られちゃった感じのPK。キッカーのゼ・カルロスにモニがちょっかいかけたり土肥ちゃんがプレッシャーかけたりしたあげく、フェイントでコースを誘導して土肥が見事にはじく。貫禄勝ち。その後も土肥ちゃんは安定したセーブを連発。最近、本当に凄い。
1-1で折り返すが、後半48分、シュートの跳ね返りが西澤の前に飛び、これをしっかり決められてしまう。悔しいけれど西澤、気持ちが入っていた。54分、結構早めに栗澤→宮沢が交代して、ロングボールでとにかく裏へ、セカンドボールを拾って波状攻撃の作戦に変更。勝てば優勝で気持ちが守りに入った相手を攻め立てるが、なかなかゴールを割れない。入った!と思ったジャーンのシュートも柳本に掻き出される。おかしいなー負ける気はしてないんだけどなーと思った後半のロスタイム直前、宮沢のCKを祐介がシュート、そのクリアを拾って今野がシュート。DF3人位とGKとが重なり合った、狭いコースをすり抜けて同点ゴール! …こっちも7月に、やっと久しぶりに勝てると思った終了間際にFKで引き分けにされたんだから、恨みっこなしで…。そのまま試合終了。G大阪が川崎に勝ちリーグ優勝。「やっちゃった」コールは、東京の選手に向けての「えらいことして悪役になっちゃったな」の意であったと思う。

原東京のコールに、ヒロミは手を振って応えてくれたが…。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック