2008年07月02日

ナビスコ杯準々決勝Leg.1 FC東京vs大分 味の素スタジアム

リーグ戦から中2日、次節も中2日ということで、東京は先発7人を入れ替えて臨む。サブ組のモチベーションに賭けて、合わせて、勝負。で、相手の手の方が上手だった、と、そういう試合。
フォローし合ってつなごう、という意識はあるけれど、どこか噛み合わずにぎこちない。意思疎通がうまくいかないので、周りが動き出せない。思ったようにいかないと、自信もなくなっていく。栗澤がすっかり下がってきちゃってるなー、徳永は何だかぼんやりしてるなー調子悪いんかなー、モニは自分のことでいっぱいいっぱいでカズの世話までできないなー。クリアが中途半端だったのは確かだが、すかさず蹴り込んだ前俊のゴールは上手かった。まずいなーズルズルいきそうだなーと思ったが、前半終了間際にきれいにパスがつながって石川のゴールで追いつく。
ハーフタイム、フジが別メニューでアップ後すぐに入っていった。誰と交代かと思ったらモニで吃驚。怪我ですか? しかしDFラインは格段に安定した。誰かが強烈にリーダーシップを発揮しないと、まとまらないものなんだなあ。石川も負傷でエメと交代するが、守備の安定に支えられて、後半の途中までは目が覚めたように攻勢に出る。が、ここで決め切れない。平山に代わったカボレも、ここまで見たことがないような不調振り。でもエメとカボレだけで点が取れる訳もないので、周りがもうちょっと効果的に動いてあげないと。失点後は焦りも手伝って、手詰まり感のままゴール前で徒にパスを回しているだけとなり、何だか昨年よく見た光景だなーと思った。

これで、Leg.2では2点差以上での勝ちが必要と、厳しい状況になった。8月初頭の大分、暑そう!頑張れ!(自分も!)

-----
今後の予定:カシマは行く。西京極は出張前につき不参加。九石は行く。瑞穂は未定。以降は多分行くんじゃないかな。ま、ちょっと覚悟はしておけ(財布的に)。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102182473
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック