2008年07月05日

J1 第15節 浦和vsFC東京 埼玉スタジアム

髪を切りに行っていて、U-13の試合には間に合わず。柏あたりへ行くのと大して時間は変わらないのに、埼スタに出かけるとものすごく遠くへ来た気がする。周りがだだっ広い更地になっている中を歩くせいか。

佐原・藤山のCBだったが、序盤に田中達也を捕まえる前にしてやられてしまった。佐原は頭に包帯を巻いての出場で意気を感じたが、立ち上がりにぽっかりうっかりしているのは相変わらず悪い癖だ。
早い時間に先制されたことで、まんまと相手のやりたい戦術に嵌められてしまった。後ろに人数をかけて、個人で何とかしてしまうサッカー。この状態から五分に持ち込むには、まだ東京は力も技術もアイディアも足りない。前半は特に、慎重になり過ぎて縦への仕掛けが少なかった。梶山・今野のボランチが噛み合わない。この組み合わせで実戦経験を積めなかったという点で、改めて千葉戦での今野退場は痛かった。
後半、田中達也の交代後はDFが落ち着いて、全体が前に出て行けるようになるが、ゴール手前で手詰まりになって、横へパスを回すだけになってしまう。カボレがやはり不調、というか、このところ審判にややナーバスになって調子を崩している気がする。前線の動き出しが少なかったので、後半途中に信男さんと交代。残り5分を切って、羽生→石川。ゴール前の打開策がないところで、カードを切るのが遅すぎたのでは? 完全に前掛かりになったところで、長いボールをぽーんと蹴られて浄の頭上を越し、永井にぶっちぎられて失点。仕方ない面もあるけれど、なんとかゴールを奪おうとする最後にこういう失点は気力を削ぐのでいただけない。反省しましょう。

浦和はここしばらく不調とは言え、伊達にアジアで戦ってきた訳ではないということだ。やはり勝負事だから、勝つことが正しい。でも一方で、ただ勝つだけでは物足りないだろ、というのもあって、できることなら面白くて勝つサッカーを目指していきたい。その方が難しくて楽しい。理想論、負け犬の遠吠え、何でもいいけど、実現するための努力を怠っていないのであれば理想を語って何が悪い。ということで、つまりは悔しいから、城福さんと東京の皆さん、8月の味スタでは頑張ってね!
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック