2008年07月18日

「対決―巨匠たちの日本美術」東京国立博物館

美術展の狙い目は、20時閉館の金曜日。「対決」展では、金曜夜に山口晃氏のカレンダー配布もあってお得だ。カレンダーをもらうには受付で合言葉を言うのだけれど、「やまと言えば、ぐち」って問いかけの部分までこちらが言うのは変じゃないかしらん。

個々の感想はもう一度行ったときに。
雪舟を、そう言えばあまり見ていないなあ、と改めて気がついた。雪舟展には行かなかったのだよね。画面全体が異様なハイテンション、緊張状態。画面のどこをトリミングしても格好良いけれど、その分、四六時中見ているには疲れる絵だ。並べると、雪村の線がユルいことユルいこと。
見てないなあと思ったのはもう一人、等伯で、こちらは来年の京都での企画展が楽しみ。
色々、ごちゃ混ぜに寄せ集めてくると、それぞれの絵を描く(モノを作る)スタンスの違いが見えるようで面白い。描くことだけしか考えてなかったり、飾って見られる場所のことまで考えてたり、売り物だったり。
仏像と焼物はまだよくわからないが、円空と木喰を並べられると、木喰はヤだという納富さんの気分がわかった。妙に上手そうなところが癇に障る(苦笑)。運慶×快慶は1点ずつしか来てないのが残念だった。快慶はオーディエンスを意識してそうなので、仏像としては運慶の方が好き。焼物はほんとによくわからん。『へうげもの』読んで勉強します。長次郎の黒楽「俊寛」は格好良かったです。

今回の展示でいちばん好きなのは、応挙の「猛虎図屏風」かな。サファリパークな金屏風。芦雪の「虎図襖」と蕭白も捨てがたいけれども。3時間じゃ到底見切れませんでした。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展/イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103782387
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック