2008年07月30日

夏のクラ選開催中

25日からJヴィレッジで開催されているadidas CUP 2008 第32回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会。
FC東京U-18は、グループリーグAを無失点で1位通過。双方の選手達には失礼ながら、組み合わせ的に恵まれていたことは否めまい。

 26日(土) FC東京U-18 2-0 愛媛FCユース
 27日(日) FC東京U-18 5-0 仙台ユース
 29日(火) FC東京U-18 2-0 大分ユース

今日の準々決勝は出入りの多い試合だったが勝ち抜け。今年は無事に三ツ沢に戻ってこれました。

 30日(水) FC東京U-18 8-4 名古屋ユース

1日(金)の準決勝@三ツ沢の相手は、ヴェルディユース。16時から東京ダービーです。
第2試合は19時から、G大阪ユースvs柏U-18。こちらも面白そう。
そして、決勝は3日(日)18時@三ツ沢!

毎年、Jヴィレッジに行ってみたいと思いつつ、なかなか果たせずにいます。真夏の短期集中で選手は大変だが、1日中試合三昧できて見る側にはお祭りだ。セントラル開催で十分な休息日を設けると宿泊費や賃貸料が問題、全国股にかけたリーグ戦では交通費と移動疲れが問題。全国大会の方式って難しいね。

参照:JCY | 日本クラブユースサッカー連盟

明日はPSM、明後日は三ツ沢。日曜日も三ツ沢に応援に行けますように。

【追記】
準決勝が東京ダービー=関東勢同士、どちらかが2位内になるということで、高円宮杯のクラ選枠を関東で1個は確保できるんですね。ということは、両チームとも既にプリンスリーグ関東での高円宮杯出場が決まっているから、プリンス枠が1個余って6位の桐光学園が繰り上がりになるね。
posted by kul at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック