2008年08月01日

クラブユース選手権準決勝 FC東京U-18vs東京Vユース ニッパツ三ッ沢球技場

午後半休で三ッ沢へ。明日は休日出勤。時間に融通の利く職場でありがたいです。ゴール裏で応援しつつ観戦。日差しは強いが、少し風があるので案外過ごしやすい。Jヴィレッジ帰りの選手達は、ピッチ上で大変でしょうけれども。

【東京】=============================

−−−−−09山村−−10岩渕−−−−−
(82分 →08山崎侑)  (69分 →22重松)

24梅内−−−−−−−−−−−−07山浦
(70分 →20山口)   (89分 →41江口)

−−−−14三田啓−−17大貫−−−−−

02阿部−−03藤原−−04畑尾−−33廣木

−−−−−−−−01井上−−−−−−−

2トップだけれど、岩渕は少し引き気味の位置。

【東京V】=============================

−−−−−−−−11真野−−−−−−−

14高木俊−−−−13久利−−−−15佐藤
      (57分 →37小林) (39分 →30高野)

−−−−−10富所−33高木善−−−−−
(84分 →09高塚)  (75分 →05山越)

07山崎−02高橋−34キローラン木−08和田

−−−−−−−−01本田−−−−−−−


【得点】=============================
18分 東京 14三田啓
82分 東京 22重松

【警告・退場】=============================
36分 東京V 15佐藤
88分 東京V 08和田


04分 ヴェルディ左CK。ファーに流れてエンドラインを切る。
05分 大貫とのワンツーで抜け出した梅内がドリブル、左からシュートを打つがサイドネット。
12分 三田啓のドリブルから左CKを得る。セカンドボールを拾い岩渕がオーバーヘッドで狙うが枠上。
14分 山村が相手陣内でパスカット。中央をドリブルしてミドルを打つが枠上。
18分 右サイドから山浦→山村→三田啓とつないで、三田啓がDFをかわしてシュート。気持ちよく決まって先制! 1-0。
21分 自陣で浮き球のパスをカットして、前線へ縦パス。山村が受けてドリブル。ミドルを打つがGKがキャッチ。
25分 左サイド阿部のドリブル。エンドライン際でDFにボールを奪われるが、粘って取り返し低いクロスを入れる。GKがキャッチ。

左サイドの阿部・梅内が好調。全体にしっかりパスをつなげている。対するヴェルディが不安定。縦に長いパスを入れていくタイミングが合わない。

36分 阿部のドリブルを倒して、15佐藤にイエロー。左からのFKにファーで畑尾が合わせるが、GKがはじき左CK。CKのボールがファーに流れたところからカウンターを受けるが、藤原がクリアしてヴェルディの左CK。
その前に、38分、ヴェルディの交代。15佐藤→30高野。高野がCB、02高橋がボランチ、33高木善が右サイドへ移動。CKのボールはファーに流れる。
41分、大貫がパスカットして、岩渕→右の山村へ。山村がDFの間からシュートを打つが枠外。

両チームにあやしいファール判定が続いて、右サイドが少し熱くなる。両ベンチもうるさい(苦笑)。

44分、右からつないで中央で山浦が後ろへ落し、大貫がミドルシュート。枠上。
ロスタイム1分。1-0で前半終了。

後半。交代なし。
52分、右のスローインから廣木(?)のクロス、ゴール前で山浦が頭でつなぐ。GKが前に出たところを、岩渕がヘッドでループ気味に狙うがゴールの上へ。
55分、早いリスタートからヴェルディのカウンター。10富所が中央をドリブルで上がり、右の11真野へパス。真野のシュートは井上がキャッチ。
56分、右CKから中央で阿部がシュートを打つが、DFがブロック。
57分、ヴェルディの交代。13久利→37小林。小林がボランチに入って、10富所がトップ下へ。
59分、14高木俊のドリブルを倒し、ヴェルディ右からFK。井上がはじく。スローインから14高木俊のクロスが入るが、11真野(?)のヘッドは枠外へ。
62分、FKからの流れで岩渕がライン裏へスルーパス。梅内が左からシュートを打つがGKがはじく。残っていた畑尾がセカンドを拾ってシュートを打つが、DFにあたる。さらにセカンドを拾って大貫(?)がシュートを打つも枠上へ。このあたり、ヴェルディも集中した守備。
64分、14高木俊がドリブルで切り込みシュート。井上のクリアが中途半端となり、畑尾が慌ててクリアするが、セカンドを拾われてシュートを打たれる。これを井上がキャッチ。あぶない〜。
65分、梅内が岩渕とワンツーでライン裏へ走り込むが、GKがキャッチ。
66分、山浦がドリブルで持ち上がってマイナスのクロス。ファーの梅内がダイレクトでシュートを打つが枠上。

梅内は好調だったが、2・3回の決定機を決め切れなかった。69分、ここで東京の交代。岩渕→重松、梅内→山口。梅内は交代のボードを見て「俺かー」って感じで凹んでいた模様(苦笑)。頑張れ。

72分、02高橋にパスカットされ、14高木俊が右からドリブルで中へ切り込む。DF3人でマークにつき、こぼれたボールを井上がキャッチ。
74分、山口からのクロスが、ゴール正面の山浦の足元に入り過ぎたところを、02高橋にかっさらわれてカウンター。東京ゴール前でパスを回されるが、コースは開けない。ヴェルディ左から無理にシュートを打たせて枠上へ。
75分、ヴェルディの交代。33高木善→05山越。山越が左に入り、14高木俊が右へ移動。阿部は途中からずっと高木兄弟とマッチアップしていることになる。負けてません。えらい。
76分、山村がゴール正面で倒されFK。山浦のボールは壁を巻いて行くが枠外。
82分、ヴェルディ陣内で34キローラン木鈴がパスミス。これを大貫がカットしてカウンター。中央をドリブルで持ち上がり、右の山村へパス。山村のシュートはGKにはじかれるが、フリーでセカンドを拾った重松が流し込み追加点。2-0。重松は今大会、途中出場だけで6得点目。この時点で得点ランキング単独首位となった。すごい決定力。

ここで東京の交代。山村→山崎侑。山崎侑が左に入り、山口がトップへ。山口・重松のむさし2トップとなる。
続いて84分には、ヴェルディの交代。10富所→09高塚。高塚と11真野の2トップに。

87分、三田啓のドリブルから右CKを得る。三田啓と山浦でキープに入るが、ファールを取られて失敗。
88分、山崎侑のドリブルを倒し、08和田にイエロー。
89分、37小林がドリブルからクロスを上げる。11真野がDFをかわし裏へ抜け出してシュートを打つが、井上がブロックしてこぼれたボールを藤原がクリア。
ロスタイム3分。東京は、07山浦→41江口に交代。江口の頭がくりくり坊主になってるのでびっくりだ。そのまま試合終了。

シュート数19対3。ヴェルディは無理矢理のクロスはあったけれど、東京DF陣がシュートを打つところまで行かせなかった。プリンスでの対戦では、東京が少々ラッキーなPKで勝利したけれど、今日は完勝と言えるだろう。あの頃と比べると、三田啓のボランチとしての成長が著しい。運動量があって素早くてトリッキー。面白い選手になったなあ。
梅内も夏になって急成長。ゴール数は重松に及ばないが山村も復調。身長・体格はそんなにないのにポストが上手いよね。とにかく前向いて自分でシュート!の姿勢も良し。

ヴェルディは細かく布陣を変えて修正しようとしていたようだが、対策を練り過ぎ?考え過ぎ?だった印象。全体に、上手くいかないまま思い切りが悪くなっている感じがした。

何にせよ、ダービーに勝つのは気持ちの良いことです。お疲れさま!よく休めよ!
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック