2008年08月01日

クラブユース選手権準決勝 柏U-18vsG大阪ユース ニッパツ三ッ沢球技場

メインスタンドへ移動して2試合目を観戦。こちらも楽しみなカード。柏にはクラ選関東大会決勝ではPK戦で勝ったものの、内容は押されてたということで、もう一度やってみたい。G大阪には、ここ数年なかなか勝てずにいるので、こちらともやってみたい。でも、柏に高円宮杯に出てほしいので、少し柏贔屓。
ちょうど横浜港の花火大会が始まって、バックスタンドの向こうに時折花火が打ち上がっているのが見える。気温も涼しくなってきて、何とも贅沢な試合だった。

【柏】=============================

−−−−−−09工藤−−−−−−

25指宿−−−−−−−−−11山崎

−−−−10武富−06畑田−−−−

−−−−−−08仙石−−−−−−

22酒井−20島川−12茨田−02御牧

−−−−−−01松下−−−−−−


【G大阪】=============================

−−−−11原口−07大塚−−−−

10宇佐美−−−−−−−−20大森
        (70分 →13神門)

−−−−06田中−05水野−−−−
        (76分 →17臼井)

08岡崎−04菅沼−03内田−12山田

−−−−−−01森廣−−−−−−


【得点】=============================
59分 柏 09工藤

【警告・退場】=============================
71分 G大阪 13神門


東京U-18の試合を見慣れてしまっているので、それに比べると随分きれいな試合だなあという印象。どちらも技術が高く、長短のパスをつないでいくポゼッションサッカー。ロングボールや無理な仕掛けは少なくて、特に柏は何度でも後ろに戻して組み立て直す。ファールが少ないし、ボールがほとんどラインを割らない。粛々という感じで試合が進み、スタンドもじっくり見入ってて静かになっている。何よりベンチが静かだ(笑)。
注目の的は、やはりG大阪の1年生宇佐美だったのだろうが、決定的な働きをする機会は少なかった。ドリブルを仕掛けようとしても、対面の柏の山崎・御牧がきっちりついてPA内まで入らせなかった。柏はその御牧が深い位置までどんどん駆け上がっていって、クロスを入れていた。これもまた宇佐美対策だったか。
前半はがっちり組み合ったまま、双方それ以上の手を打てない感じで終了。
後半になって、立ち上がりから柏が前線で少しプレスをかけるようになり、高い位置でボールを奪おうとし始める。得点はCKから、工藤が豪快なボレー。わー、重松とまた得点数が並んだ。得点すると勢いがつくのはどこのチームも一緒で、この後は柏優勢で進む。終盤、G大阪もセットプレーから何度かチャンスがあったが、柏のGK松下がナイスセーブ。そのまま1-0で試合終了。柏は結局、1人も交代しなかった。暑いのによく動けるねえ…。

今大会はもう1試合残っているのだけれど、高円宮杯出場権を自力でもぎ取ったということで、柏の選手達は優勝したかのような大はしゃぎ。面白いチームが大きな大会の舞台に残って、こちらも嬉しい。でもその前に日曜日。楽しみだ。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104245197
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック