2008年08月23日

J1 第22節 FC東京vs東京V 国立競技場

水曜あたりから急に涼しくなって、今日は朝から雨降り。ダービーだけれどスタンドもちょっとさびしい。
平山がベンチで赤嶺が先発。左SBに浄、ボランチに今野・梶山。

2週続けて負けると特に悔しい相手にホームで負けて、しかも今日はロスタイムにセットプレーで逆転を食らった。それには本当にがっくりきたのだけれど、内容はここ数試合ではいちばん良かった。2点目を取れないという課題がのしかかる。
いや、2点目は取れてたと思うよ、あのありえないオフサイド判定。でも審判が全般的にアレなのはもう仕方がないことなので、それを無にする問答無用の2点目が必要なのだ。手数のかけ過ぎはやや改善してきて、ゴールの一歩手前までは行けるようになった。あとはゴール前での正確性、冷静さ。今ちゃん、長友、赤嶺、落ち着け。
モニを筆頭に守備陣はよく頑張っていたけれど、後半は中盤でディエゴにやられた感じ。抑えきれなくなったのは、点が入らなくて全体的に焦ってしまったのもあると思う。クイックリスタートが何度かあったけれど、受ける側の準備ができてないと無駄だよね。受ける側が予期してない方が良くないけれども。
カボレがずいぶん左に開いていてボールを受けやすそうだったが、受けてはたいたらすぐ中に入って行かないと、せっかくのFWがもったいないのではないか。これまでゴール近くまで仕掛けて前が詰まっちゃってから打ってGKに当てるのが多かったけれど、今日は詰まる前に早めに打ってたのが「外国人選手」らしくて(笑)良かった。これでふっきれてくれないかな。
この内容で勝てないのは残念で困ったこと。でももう少し、もう少しだと思える。敵はいろんなことへの「焦り」だ。克服するには「自信」が必要で、それを得る確実な方法は「勝利」というのが難しいところです…。

-----
ついでみたいになってしまうが、池上が草津へレンタルとのこと。経験積んで帰ってくるのを待ってるよ、頑張ってこい!
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105297967
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック