2008年08月31日

なでしこオールスター 西が丘サッカー場

久しぶりに晴れたけれど、18時以降は降水確率80%。雨具を持って今日も西が丘へ。
ユース観戦に通っていると、なかなかなでしこリーグを見に行くことができなくて、こういうときだけ出かけるのが何だか申し訳ない。
五輪効果で、昨年より約1.5倍の観客だったとのこと。昨年までのJリーグのオールスターは全体に花試合ムード満点で、ゆるーい内容をお約束で楽しむものだったけれど、なでしこのオールスターはかなり真剣。観客が入った試合でリーグの代表としていいプレーを見せて、少しでもこの後の観客増へつなげようと、皆気合いが入っている。
前半開始早々にEASTのSB中村が左サイドを突破してクロス、北本が頭で合わせてバーに当たってゴール。いきなり先制して、皆でベンチへ走っていってパフォーマンス(ちょっとグダグダ/笑)。EASTは短いパスでサイドの守備をかわしてどんどん攻め込む。WESTは宮間を中心にきちんと組み立てていく感じだが、精度が今ひとつ。1-0でHT。
後半、双方メンバーを入れ替えると、交代で入ったEASTの大野・安藤が活躍。安藤のクロスから大野が追加点を決めて、このままEASTがイケイケで押し切るのかと思ったら…。今度はWESTの交代で入った川澄が活躍。スルーパスに飛び出してGKと1対1になりかけたところは止められたが、次のチャンスは思い切りよく振り抜き、DFに当たってゴール。これでWESTが息をふき返して、坂口のスルーパスにプレチーニャが抜け出し、1対1を落ち着いて流し込んで同点に。残り15分、互いに攻め合って、最後は川澄のシュートがゴールポストを叩いたりしたものの、引き分けで試合終了。うーん、サッカーって予想がつかない。面白い。でも、どちらも持ち味を出して、オールスターとして良い結果だったのでは。
ロスタイムに入るあたりから雨が降り始めたが、表彰式まで見て帰る。MVPは澤。この試合だけでなく、色んな意味を含んだMVPなのだろう。

4年前頃と比べると、当時は澤が一人、頭抜けて遠くまで見えて身体能力・反射神経も良い感じだった。今は、澤と肩を並べる選手が揃っている。女子サッカーは成長しているんだなあと改めて思った試合だった。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック