2008年09月07日

高円宮杯グループF 第1節 桐光学園vs広島ユース 西が丘サッカー場

雨の予報だったけれど、夕方までは降らないらしい。真夏に逆戻りの晴天。念のため雨の用意もして、西が丘へ。第一試合はメインスタンドから観戦。

【桐光学園】=============================

−−−−09寺内−−11瀬沼−−−−

12佐竹−−−−−−−−−−14寺田
(89分 →23小島)     (86分 →07岸本伸)

−−−−10西川−−06久保−−−−

03上阪−05岸本準−04稲川−02友澤

−−−−−−−25峯−−−−−−−


【広島】=============================

−−−−11不老−−17玉田−−−−
         (56分 →25川森)

10宮原−−−−−−−−−−04板倉
(82分 →12浅田)

−−−−19大ア−−13茶島−−−−
(76分 →05植木)

15宮本徹−14佐伯−03宮本将−09沖田

−−−−−−−01原−−−−−−−


【得点】=============================
43分 桐光 11瀬沼
47分 桐光 11瀬沼
53分 広島 14佐伯

【警告・退場】=============================
73分 広島 19大ア
75分 桐光 10西川


桐光のGK峯は、元U-15深川の1年生。インターハイあたりからスタメンに抜擢されているらしい。今日はベンチを外れた2年の17河田も元U-15むさしのGK。よそへ行っても、こうして元気にサッカーしていてくれると嬉しくなる。
前半は広島ペース。右サイド04板倉が再三駆け上がってチャンスを作る。桐光DFも最後で粘ってはね返し奪い返すが、攻撃はとりあえず前へ大きく蹴るだけになっていて、ターゲットの11瀬沼も競り切れず前線にボールが入らない。セカンドを広島のボランチ2人がしっかり拾って、左右へ配球したり、自分でドリブルで持ち上がったり。
20分過ぎに給水タイム。本当は給水タイム中は作戦伝えちゃダメなのだが、ま、そこはそれ。桐光のロングフィードのターゲットが、11瀬沼をおとりにして、09寺内に変わった様子。背は高くないけれど、寺内はポストが上手くてボールが納まる。桐光はここからサイドに展開できるようになってくる。それでもやっぱり広島優勢。桐光が上がってきたところを取り返しては、カウンターで13茶島、04板倉、11不老らがドリブルで仕掛けてクロスやシュートまで持って行く。これをGK峯がしっかり防ぐ。前半終了近く、広島の攻撃を桐光DFがカットして、ロングフィード。09寺内(?)が受けて右サイドを走る14寺田へパス。寺田がそのままドリブルで駆け上がり、中へ折り返したパスを11瀬沼が受け、DFをかわしてシュート。ものの見事にカウンターが決まった。広島ペースだった中で、大きな先制点。
後半立ち上がりにも、桐光は09寺内がDFからのボールを右で粘ってキープ、一度後ろに戻してもう一度受け、左へパス。中央で張ってた11瀬沼がDFをかわして追いつき、ダイレクトでシュート。たちまち追加点を奪い、全体が落ち着いて中盤からきちんとつないで攻撃を組み立てるようになる。
広島も、ファールでゴール右からのFKを得ると、ニアで一人蹴り損ねたボールが14佐伯の前に転がりシュート。1点返す。まだまだ30分以上の時間が残っている。広島はFWを交代して、ゴール前で細かくパスをつないで崩そうとするが、桐光DF陣が集中。給水タイム後の波状攻撃も、何とかしのぎ切る。
次第に焦ってきたのか、広島はPKをもらいにいくプレーも出てきて、19大アのダイブにイエロー。攻撃陣の足も攣り始めた。決定機はあったが決められず、結局、2-1で桐光が勝利。前評判から言えば、少々意外? フィニッシャーがいるかどうかの差だったかも。

印象に残ったのは、桐光の09寺内、04稲川、25峯。広島の13茶島、19大ア、04板倉。

公式記録(PDF)
posted by kul at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
桐光学園
23小島→兒島
ではないですか?
Posted by at 2008年09月08日 07:09
失礼いたしました。
兒島くん、小島くんと二人いたんですね。
申し訳ありません。
Posted by at 2008年09月08日 07:11
こんにちは。
そうなんです、コジマ君が2人いるんですよ。

でもよくほんとに間違えて書いているので、また何か気がつかれましたらご指摘ください。
ありがとうございました。
Posted by kul at 2008年09月09日 02:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック