2008年09月13日

高円宮杯グループF 第2節 桐光学園vsG大阪ユース 西が丘サッカー場

今日もあーつーいーー。これでまた中1日でグループリーグの最終節が控えているのだから、選手はほんとに大変だ。

【桐光学園】=============================

−−−−09寺内−−11瀬沼−−−−

12佐竹−−−−−−−−−−14寺田
(89分 →23小島)     (86分 →07岸本伸)

−−−−10西川−−06久保−−−−

03上阪−05岸本準−04稲川−02友澤

−−−−−−−25峯−−−−−−−


【G大阪】=============================

−−−−11原口−07大塚−−−−

10宇佐美―−−−−−−−13神門
(69分 →18三ノ宮)

−−−−06田中−05水野−−−−
(78分 →20大森)   (73分 →22望月)

08岡ア−03内田−04菅沼−12山田

−−−−−−01森廣−−−−−−


【得点】=============================
21分 G大阪 10宇佐美
47分 G大阪 10宇佐美
61分 G大阪 06田中
64分 G大阪 10宇佐美

【警告・退場】=============================
74分 G大阪 07大塚 退場


桐光は、初戦の広島戦(得点まで)は慎重に手堅く勝ち点を取りに行ったのか、ボールを奪ったらまずはロングフィードを前線の瀬沼・寺内に当ててカウンターを狙う戦法だったが、今日は本来の中盤からつないでいく形で試合に入った。で、結果的には個人の技術とチームの錬度で勝るG大阪にミスを突かれ、楽な展開に持ち込ませることを許してしまった。
どうもいつも中に入ってきたがってDFに囲まれて自由になり切れないところを、この日は外から勝負するよう言われたか、大きなサイドチェンジから左でボールを受けるG大阪の10宇佐美がキレキレ。21分の先制は、宇佐美のドリブルがファールで倒され正面左で得たFKから。08岡アがちょんとさわったボールを、宇佐美が豪快にずどーんと決めた。うわ、やっぱりすげーや(守備しないけど)。
25分に給水タイム。その後も桐光は立て直せずに、ほとんどボールにさわれない展開が続く。
後半開始早々47分に、10宇佐美が左からドリブルで切り込みそのままシュートで追加点。ノリノリで好き放題に攻撃を仕掛けるG大阪。61分、DF裏へのパスに10宇佐美が抜け出し、右でフリーの07大塚へパス。大塚からゴール前へのパスに06田中が走り込みゴール。3分後には、08岡アからのサイドチェンジを受けた13神門が11原口とワンツーでDF裏へ走り、DFがついてきたところで中央へ折り返す。10宇佐美が後ろへ落とし、07大塚から戻ってきた浮き球のパスをトラップしてDFをかわしシュート…までが速! 宇佐美はこれでハットトリックで、69分に交代。
74分に07大塚が一発レッドで退場に。何でもない競り合いのファールに見えたのだが、よくわからず。大塚も激昂してキャプテンマークを投げ捨ててピッチを後にする。G大阪が一人少なくなったものの、後半の給水タイム後も戦況に目立った変化はなくG大阪の圧勝で試合終了。

今日はさすがに、前回を教訓として体調・水分補給に気をつけたのか、足をつらせる選手はほとんどいなかった。

公式記録(PDF)
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107399764
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック