2008年10月11日

高円宮杯準決勝 岡山県作陽高校vs浦和ユース 国立競技場

夜半からあいにくの雨。ポンチョを持って国立へ。千駄ヶ谷駅に降りた頃には、雨はほぼ上がっていた。
自分で告知チラシを作ったくせに、何故か11:00/13:30のキックオフと勘違いしていて、第一試合は遅刻だーと慌てて着いてみたらまだ始まってなくて拍子抜け。メイン屋根下で観戦。

【作陽】=============================

−−−−−−−−25岩崎−−−−−−−−

18小端−−−−−06佐藤−−−−−12中村
(HT →11村上)          (84分 →07吉田)

−−−−−17苫田−−10亀井−−−−−−
(106分 →24浅田)

13松田−−03山部−−04安良田−−05木下

−−−−−−−−01山本−−−−−−−−


【浦和】=============================

14原口−−−−−−09阪野−−−−−−−07高橋
(108分 →18葦本) (71分 →24礒部)

−−−−−−−08山田−−10田仲−−−−−−−

−−−−−−−−−05浜田−−−−−−−−−−

06永田−−−−04菅井−−03山地−−−−25岡本
           (99分 →19石沢)

−−−−−−−−−01柴田−−−−−−−−−−


【得点】=============================
13分 浦和 08山田
30分 作陽 05木下
105分 浦和 14原口

【警告・退場】=============================
54分 作陽 05木下
58分 浦和 03山地
80分 作陽 04安良田
109分 作陽 07吉田

作陽はグループCを2位通過。決勝Tでは野洲と東京Vを破って準決勝に進出。準々決勝まで出ていたFW09辻本とボランチ08淵本が受験のため不在。
浦和はグループAを1位通過。決勝TではC大阪と城西を破って準決勝へ。準決勝のため、14原口がU-19代表から戻ってきている。14原口(2年)、07高橋、08山田、05浜田、06永田は来季トップ昇格が決定していて、タレントを見ればおそらく世代最強、チームの中でも一つのピークだろう。09阪野をセンターに置いて、14原口、07高橋は左右に動き回る。

前半立ち上がりから浦和が攻勢。07分、14原口と07高橋の連携で左を突破、ファー09阪野へのクロスはDFがクリア。13分、中央でパスを受けた08山田が反転してドリブル、DFをかわしてミドルシュートが決まり浦和が先制。0-1。
20分、左サイドでつなぎ、中へ動いた14原口がパスを受けミドル、枠外。23分、10田仲から右前へのスルーパスを、上がった25岡本がフリーで受けてドリブル、自分でシュートを打つが枠をそれる。25分、中央でパスを受けた14原口がドリブルでDFをかわし、PA内へ。右からシュートを打つがDFがクリアして左CK。ショートでつないでゴール前ヘパスを送るが合わず。
戦力的にも圧倒的に浦和有利と思われるが、ところがどっこい、作陽守備陣は粘り強く浦和のパスを読み、カットして、攻められている印象の割には決定機を作らせていない。守備の良いチーム(作陽)vs攻撃の良いチーム(浦和)という感じ。作陽は、パスカットしても、次の攻撃につなぎ切れないのが辛いところ。裏を狙ってサイドを走らせるが、なかなかシュートまでは行けない。流れでダメならセットプレーがある。29分、18小端の突破から作陽の左CK。中央で05木下がヘッドで合わせるが枠外。直後の30分にもう一度、18小端を走らせて左CKを獲得。10亀井のボールに05木下が今度はきっちり合わせてゴール、作陽が追いつく。したたか。
32分、14原口がドリブルで中へ切り込みシュート、GKがキャッチ。38分、06永田のドリブルを10亀井が止めて浦和が左からFK。DFがクリアして右CKに。10田仲のボールを05浜田が落とし、ファーの08山田がボレーシュート。至近距離でGK山本がブロックして、DFがクリア。

後半。作陽は18小端→11村上に左サイドを交代。
46分、ゴール前でFKを得た浦和がクイックリスタート。左で受けた14原口がクロスを入れるが、DFがクリア。49分、左サイドでのパスカットから中でパスを受けた10田仲がミドルシュート。GKが一度こぼすがキャッチ。
54分、浦和のFKを遅らせ、作陽05木下にイエロー。ゴール前へのクロスをDFがクリアして、浦和の右CK。07高橋のボールはDFがクリア。
58分、DFからのロングフィードに作陽11村上が走るところを、03山地が押してイエロー。作陽のFKはDFがクリア。
62分、浦和09阪野が競り合いで鼻血。ちょっとピッチを出る。
63分、作陽25岩崎から右へパス。12中村がDF裏へ抜けだして中へクロスを入れるが、11村上のヘッドはDFがブロック。
前掛かりで攻勢の浦和はやや攻め急ぎな印象。作陽は、前半から引き続きコースを定めてパスカットしては、浦和の高いDFラインの裏を狙っていく。小柄なトップ下、06佐藤が運動量もあり攻守に気が利いていて良い。不在の選手がいたらどうだったか、準々決勝までの試合を見てみたかった。
70分、浦和は中央から左でフリーの06永田へパス。ゴール前に2人走るが、永田はそのまま自分でシュート、GKがキャッチ。
71分、浦和は09阪野→24礒部に交代。
71分、作陽06佐藤が中央でDFクリアを拾いドリブル。DFを引きつけて左でフリーの11村上へパス。GKと1対1となるが、シュートはGK柴田がブロック。
76分、浦和07高橋がドリブル。DFのチェックを受け倒れるが起き上がってPAに切り込む。DFがクリアして左からのスローイン、左CKと続くが、作陽DFが瀬戸際でのクリアを続けて踏みとどまる。
80分、作陽が左遠めからのFK。ゴール前へのボールはファーへ流れるが、競り合いでファールがあり04安良田にイエロー。
84分、作陽は12中村→07吉田に交代。
86分、浦和がFKからクイックリスタートで前へ。07高橋がDFと競争となるが、GKがキャッチ。
87分、作陽DFからのロングフィードに11村上が走り、中へ折り返す。25岩崎が走り込むがDFがクリア。
89分、作陽の攻撃。ゴール前で詰まったと見るや06佐藤が後ろへ落とし、駆け上がった13松田がミドル。しかし枠上へ。
ロスタイムは2分。作陽17苫田のドリブルから左CK。中央で05木下(?)がヘッドで合わせるが、枠外。

後半終盤は完全に作陽ペースだったが、さすがに焦ったか皆が中へ中へになってしまった。もう少しサイドを使えたらどうだったか。

フルタイムで決着つかず、10分ハーフの延長戦へ。
さすがにどちらも疲れて、味方のパスに追いつけない場面が増える。99分、浦和は03山地→19石沢に交代。石沢がボランチに入り、05浜田がCBの位置へ。交代直後に延長前半が終了。
延長後半。立ち上がりから浦和の波状攻撃。101分、14原口から左の06永田へパス。永田が中へ折り返し、07高橋がシュート。DFがブロック。
104分、中央06永田が右サイド07高橋へパスを出すと同時に、ゴール前へ走る。高橋がクロスを入れるがGKがキャッチ。
105分、浦和04菅井からのロングフィードを24礒部が受け、前の19石沢へ。石沢がヒールで後ろに落としたところに14原口が走り込みシュート。一閃、という感じでゴールに突き刺さり、浦和が追加点。1-2。
106分、作陽は17苫田→24浅田に交代。
108分、浦和は14原口→18葦本に交代。
109分、作陽13松田からのアーリークロスを25岩崎(?)が折り返し、07吉田がやや強引に飛び込むがGKがキャッチ。吉田にイエロー。
ロスタイムは2分。ラストプレー、作陽05木下からのロングフィードをゴール前でヘッドですらし、さらにヘッドでゴールを狙うがGKがキャッチ。ここで試合終了。

浦和のタレントはもちろん飛び抜けていて、要所ではおおすげーっというプレーがたくさんあったのだけれど、作陽のチームとして頭の良い戦い方が印象に残った。相手のパスコースを、全員が本当によく読んでいるのだもの。前線できっちりボールの収まるところがなかったのが痛かった。MOMは浦和の原口だろうが、個人的には作陽の佐藤にあげたい。

公式記録(PDF)
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック