2005年12月18日

Jユースサハラカップ準々決勝 三菱養和SCユースvs横浜FM U-18

帽子をかぶってダウンを着込んでホッカイロを持って、フクダ電子アリーナへ。激寒。風強し。フクアリに初めて行ったけれど、こぢんまりした見やすいスタジアム。スタンドの傾斜がきつめなせいか、仙スタよりもやや小さく感じる。ただ、工業地域特有の臭いがなければなあ。風向きのせいで余計に臭いが流れてきたのだろうか。

少々遅れて第一試合開始10分過ぎ位にスタジアムの下に着いたら、ゴール後の歓声が聞こえた。メインスタンドに上がってみると、開始1分に横浜FMが先制、10分に養和が追いつき、さっきの歓声は12分にオウンゴールで横浜FMが再びリードしたところだった。しかし前半は養和が押し気味。横浜FMはカウンターで攻めようにも前でボールが収まらない感じ。FW10田中がいいなーと思っていたら、28分、スローインからのクロスに田中がボレーで合わせてゴール。養和ペースのまま2-2で折り返し。
後半4分、横浜FMのカウンター、右後方からのクロスをDFと競争しながらFW9斉藤がワントラップしてすかさずシュート。思わず「うわ、上手い」と声の出るゴール。後半に横浜FMの中盤でのマークがきつくなったことで、養和は前半のようには攻めて行けなくなる。だんだん焦ってロングボール多用で縦に急ぐようになり、横浜FMにはね返される。パス交換のエリアも狭い。対して横浜FMは、何度か左から右への大きなサイドチェンジでチャンスを作る。3分のロスタイムも残りわずか、ここまでか(ホーム側の父兄の多い中で見ていたので、つい養和に肩入れ)、と思ったところで横浜FM陣内でパスカットして養和のカウンター、左サイドからのグラウンダーのクロスにファーで合わせて、後半途中で投入のFW14神村が同点ゴール! この後すぐにタイムアップ。
勢いは養和にある。PKはそれぞれ5人までが決めて、横浜FM6人目をGKがはじく。…が、養和6人目は枠を逸らしてしまう。7人目。8人目。横浜FM9人目が決め、養和9人目、GKがはじく。横浜FMの準決勝進出が決まった。
2-3のままで終わらなかったのはOGしてしまった選手にとっては良かったけれど、PKでの決着は、今度は止められちゃった選手にとってつらいなあ…。
posted by kul at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10810744
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック