2005年12月18日

Jユースサハラカップ準々決勝 FC東京U-18vs清水U-18

さて第2試合は“うちの子”達の試合。試合前のアップ中から本当に明るくて元気が良くて、いい雰囲気で試合を迎えられたんだなと思った。
スタートメンバー:
  樋口  金森
 常盤 永露 村田
    井澤
森村 伊藤 田中 小川
    権田

立ち上がりから樋口が調子が良くて、前でボールが収まる。清水が予想外に引いているのもあって、前半15分までは完全に東京ペース。ゴール前までは簡単に行けるけれど、DFが多くてなかなか良い形でシュートを打てない。ここまで清水の攻撃は、中盤のパスミスを奪われてのカウンター2回位。前半はずっとこんな感じで、攻めてるのに最後をこじ開けられない。逆に終了直前にカウンターでDFの裏に2人抜け出され、権田と1対2のピンチになるが、権田が勇気持って前に出てコースを切り見事に神セーブ!さすが! 清水の前線2人は背が高いねえ。後半に交代で入ってきた選手達も長身だったな。
後半、金森→中野で永露がトップに。やや清水が積極的に出てくるようになるが、膠着状態は変わらず。15分、樋口→大竹で常盤がトップに。チャンスは何度かある、が決められない。攻撃陣はゴール前で繋いで崩そうとするが、手数をかけ過ぎに見える。永露がいつもより慎重過ぎる感じ、調子が悪いのかもしれない。清水のプレスやこぼれ球への反応が速くなり、攻め込まれる場面が増えてくる。40分、今度は東京がパスを繋いで攻め込み、スルーパスに抜け出した井澤がGKと1対1になるが止められる。その井澤→稲葉で村田がボランチに。44分、清水が負傷交代。このままこの試合もPK戦か? ロスタイム2分、清水の最後のカウンターを2人で止めに行き、挟んで倒すような形になってしまう。ゴール左遠めからのFK、ファーへ蹴られたボールの中への折り返しがそのまま入ってしまった。最後まで諦めずに攻めようとするが、タイムアップ…。

今年U-18を何度か見に行って、終了間際にうっかり失点してしまう試合が数回あって、そのときは点差をつけて勝っていることが多かったから、最後の失点は余計だったねーと苦笑できたのだけれど。今回の失点は痛すぎたね。相手ベンチへの挨拶から戻って来た権田が、スタンドへ挨拶する前に突っ伏して泣き出してしまったのとか、伊藤が最後まで立ち上がれなかったのとかを見て、このチームは本当にこれで終わりなんだなあとまた辛くなった。今年の3年生達は昇格しないので、皆別々に大学へ進むことになる。どこに行っても、頑張れ、応援してるから。来年のプリンスリーグ昇格を残してくれて、本当にありがとうね。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック