2009年01月12日

高校選手権決勝 鹿児島城西vs広島皆実 国立競技場

昨日とは打って変わって冷え込んで、試合開始直前からしばらくは、パラパラと霰のような雪が降っていた。寒いのに、もの好きにもバックスタンドの最上段に上がって観戦。
絶対的なFWがいるチームの弱点を突いて、皆実がいいサッカーをした。城西の攻撃を、大迫と周囲の連携が取れないように分断(それだけ対策されてても、無理やり点を取ったりアシストしたり出来てしまう大迫もすごいけど)。中盤ではセカンドを頑張って拾って、長短のパス交換からサイドに振って、1対1で勝負。皆実の攻撃でのパス回しが意表を突くので、近くで見ようとする穴沢主審がときどき慌てて避けていた(笑)。

皆実のキャプテン、CBの松岡君は明大か。岩渕・山村・三田のチームメイトになるんだね。

高校サッカー部では、クラブチームほどには各ポジションに万遍なく力のある選手をそろえることはできないのだろう。チーム間のタイプやレベルの違いが大きいので、何試合か見ていると、「それなりの組織があれば簡単には失点しない」というのと、「それなりのボランチがいないと攻撃はできない」というのを強く実感するようになる。中盤が作れるかどうかですごい差がつくんだなあと、今さらながらよくわかった大会でした。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック