2009年01月15日

志の輔らくご in PARCO

今年もチケットを取っていただいて、初笑いは志の輔らくごにて。
風水で今年のラッキーカラーだというエメラルドグリーン、というか鶯色の背景の中に高座が置かれて、座布団の紫色が映える。志の輔さんも鶯色の着物で登場。
一席目は新作の「ハナコ」。偽装問題を皮肉って、疑念のないように何事もあらかじめお断りしておく温泉宿の噺。相変わらず上手い! 「ヨーデル食べ放題」でまた笑う。
橋掛りが用意されて、二席目「狂言長屋」。以前に聞いたときよりも、長屋の衆の与太話が少し刈り込んであるか? 独演会ならではの仕掛け(狂言との融合)が噺の中に溶け込んで、見事な演出だと思う。
中入り後は「柳田格之進」。志の輔さんで一度聞いたことがあると思うが、どこでだったか。地味目の人情噺をじっくり聞けるのが良い。エンディングをどうするか、なかなか難しい噺だと思うが、志の輔版では、柳田が帰参が叶うと同時に娘を受け出していて、二人連れ立って萬屋を訪れ、碁盤を斬る。矛盾のないように、後味が良いように、という終わり方。
とても贅沢をしたような気分で、気持ちよく帰る。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 演劇/舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112828548
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

笑い 座布団
Excerpt: 泣く子は育つハッケヨイ! 平戸で子泣き相撲 長崎新聞「泣く子は育つ、はっけよい」...
Weblog: かんたの日記
Tracked: 2009-02-10 19:13