2009年05月10日

グラン・ツールの季節の本棚

高田馬場BIGBOX前で古本市をやっていたので、深川の帰りに立ち寄る。棚を見ていたら、先日出たばかりなのにamazonですぐ品切れになっていた『マルコ・パンターニ 海賊の生と死』(ベッペ・コンティ/未知谷)があったので、ジロ開幕記念に購入。
明日あたり、『ビバ・イル・チクリッシモ!』(大友克洋・寺田克也/マガジンハウス)も届くはず。自分がちょうどTdFを見始めた1994年に、パンターニはTdFで個人総合3位となってマイヨ・ブラン(最優秀若手選手賞)を獲得した。当時はまだ、スキンヘッドではなかったね。同じ頃にパンターニを初めて見て、猛烈に感動した大友克洋・寺田克也・北久保弘之は、ロードチーム「クラブ・パンターニ」を結成して、自転車にのめり込んでいく。「汗と涙と腰痛と自転車愛がサドルに踊る、総ページ192、イラスト点数280点、うちフルカラーの新作50点、エッセイ約15万字の豪華2冊組。」の自転車本なのです。

サッカーも熱いけれど、グラン・ツールの季節もやってきました。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本/漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120034473
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック