2009年05月20日

ナビスコ予選 第3節 JEF千葉vsFC東京 フクダ電子アリーナ

選手入場直前に到着。草民スタメンはともかく、椋原もいるので驚く。ルーキーの米本と草民、2年目の権田と椋原。平均年齢の若いスタメンの、お目付け役にボランチ金沢。3度は負けられない、ただし状態の悪い相手に対して、こういうある意味攻撃的なスタメンを組んでくる城福監督は、嫌いではない(お主も悪よのぅ、という感じで)。

千葉はやっぱり、相変わらず巻めがけてロングボールを放り込んでくるばかり。東京は、放り込ませてカバーするか、セカンドを拾って対応。さすがに初めての布陣でミスやタイミングが合わないことは多かったけれど、速いプレスも、奪ったらきちんとつないでいこうとするのも、チームの意思は統一できていた。平山が前でキープして起点になってくれるので、不慣れなメンバー構成でも助かる。
祐介が、左の同じ角度から、1回目は外したけれど、平山の縦パスに飛び出した2回目には決めてみせた。前半から、もっと取れそうなチャンスはあったけれど決められず、いや、でも千葉相手に2点リードは不吉じゃないか、などと妙な葛藤を覚えつつ時間は経過。
たまにミスから抜け出されたり、巻がいいトラップから振り向きざまにシュートを打ったりというのはあったけれど、ほぼ抑えきって試合終了。このメンバーできっちり勝てたのは収穫。

草民は、最初は遠慮気味なのか流れに入り切れない様子だったけれど、時間の経過とともに落ち着いて、時折おっというプレーも出るようになった。後半、草民のスルーパスに米本が抜け出してGKと1対1になった場面が決まっていれば、お祭り騒ぎだっただろうに、惜しかった。横浜FM戦で、米本は中央を持ちあがって前が開いたのに一瞬パスコースを探してしまい、シュートチャンスを失ったけれど、今日はちゃんと自分でシュートに行った。学習してます、良し良し。
椋原はアレックスとマッチアップして、相当イラつかせていた。アレックス交代後は主に深井と対峙して、やられるときもあり抑えるときもあり、いい経験ができたのではなかろうか。
今野・ブルーノで守備が安定しているので、しばらくCBはこのままかなあ。2人とも、最終ラインから自分で前へ出て行けるというのが大きい。前線だけでなく、10人全部が機会があればポジション関係なく動く、というのが目指すところなのか。面白いけど大変。

ちょっとずつ、良くなってきてる。ナビスコも、まだ楽しめる。気分よく東京へ帰る。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック