2009年05月24日

J1 第13節 FC東京vs川崎 味の素スタジアム

心情的には「演出家・扇谷、乙」な気分なのですが、審判がどうであろうとそれも含めてJリーグであるので、そこを言い訳にしてはいけない。何があっても動じないで、利用できるくらいに強くなりたいものです。
2点を取るまでの流れは完璧だった。カボレ、梶山、そして石川の復帰戦。スタジアムでDown Beat Stompを歌い、ユルネバを熱唱し、石川がゴールを決めて、川上さんのためにあるような試合だと思ったんですが。
一度くらい川崎FWの突破力にやられるのは仕方がないので、PKだけなら立て直せただろうが、ブルーノの退場が誤算だった。いや、誤算というなら、その前の羽生さんの負傷交代から始まっていたのかもしれないけれども。退場後の2人目の交代でモニを投入するのはともかく、替える選手が、プレーで周りのモチベーションを引き上げられて、この試合の「ラッキーアイテム」で好調の石川であってはいけなかったのだと思う。また、石川交代後に守備面において平山をサイドに置いても意味がないのがわかった時点で、すぐに手を打つべきだった。ついでに言うなら、むしろカボレを外して、北斗と通じ合っている平山を残すべきだった、と思います。後付けなら何とでも言えるという感じだが、平山に守備時の石川の役をさせるのは無理だってことくらい、やってみなくてもわかるじゃないか。気持ちを立て直せずに怖がってしまった選手たちにも失点の要因はあるが、相手につけいる隙を与えてしまった交代策に大きな問題があったと思います。城福さんの選手交代は、どうもよくわからんことが多い。
失点の中では、2点目が余計だった。梶山のファールの判定に異議を唱える間にクイックリスタートから失点。審判がどうであれ、冷静であれ、という部分だ。本当は、落ち着きさえすれば、一人少なくなっても十分対応できたはず。昨年だって10人で戦って勝ったのだから。2点目→退場&PKの間隔が短すぎたことが、慌てる原因になってしまったのかなあ。

まだまだ青い、悔しい、という結果になったものの、これだけやれるようになったと確認できた試合でもあった。負けても、大丈夫、これからこれから、と思えるようになったのは嬉しいことだ。

----------
試合前、チラシを受け取ってくださった方、ありがとうございました。しかし、選手紹介で山崎ナオ選手の背番号が昨年時のままになっておりました。「26」→「18」です。どうしてこう詰めが甘いのだ…>自分。
posted by kul at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした。

当日は遅刻しないようにお願いします(笑。
Posted by aoaka note at 2009年05月25日 21:14
> aoaka note様
毎回遅刻したり誤植したり、申し訳ありません。
31日が11時開始でなくて本当に良かったです。
Posted by kul at 2009年05月25日 23:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック