2009年06月05日

『盟三五大切』花組ヌーベル 駅前劇場

めっきり観劇回数が減っていて、下北駅前、駅前劇場に来るのも数年振りだ。
若手主体で実験公演的な意味合いの強い、花組ヌーベルの第2弾。前回の『恐怖時代』は全員浴衣、今回は全員が黒のスーツ(喪服)で、舞台美術は精進落としの宴席を表す(“本日のご遺体”は磯村さん/笑)。
美術と衣装が物語と乖離しているので最初は妙な感じも受けるが、物語が進んでいくにつれて、そんなことはどうでもよくなってくる。物語の力と、役者の身体と台詞だけを拠り所に見えてくる情景。廻る因果、その果てに行きつくところはすべて死で、葬式の花々が陰惨華美なる殺しの場を飾る。イメージの二重写し。

小万=小林、三五郎=加納と、ちょっと意表をついた配役。ここまで小林さんは立役ばかりだったので、いい勉強になったのでは。
源五兵衛=北沢で、大事を待つ身で小万を引く軽薄浅慮な調子の良さも、裏切りから人を殺めた後の荒廃しきった様も、どちらも納得できる。小万の首をコンビニ袋にぶら下げて帰ってきて、電子レンジで温めた白飯のパックに直接お茶を注ぎ、取り出した首にお前とこうして差し向かいで飯を食いたかったと語りかけながら茶漬けをかっ込む。…ありがちな演出ではあるものの、背筋がぞっとするような日常と異常の対比だった。

中心の3人以外はそれぞれ数役を兼ねていて、この人はこういう役もできるのかと面白かった。特に谷山さんは、もっと色々見たい。今後に期待。

全員スーツなので身体の動きにごまかしがきかない訳だが、日舞の稽古をする人というのは、腰の位置が動かない。衝立のかげから登場人物が次々にすーっと現れるところで、頭の位置がぶれないのに驚いた。新人さんたちも、皆、上手くなったなあ。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇/舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック