2009年07月11日

シンポジウム「百鬼夜行の世界」 有楽町朝日ホール

この夏、歴博@佐倉と国文学研究資料館@立川で企画展「百鬼夜行の世界」が共同開催される。開催前のシンポジウムに行ってきた。
国際日本文化研究センターが新たに収蔵した「日文研B本」と呼ばれる「百鬼夜行絵巻」を軸に、従来の「真珠庵本」を中心とする研究から一歩離れて、もう一度絵巻の系譜を辿り直してみようというのがおおよその趣旨。

基調講演は小松和彦氏。『百鬼夜行絵巻の謎』(集英社新書ヴィジュアル版)のダイジェスト的な内容。「日文研B本」の原本の方が成立が古いとすると、初期には付喪神系の妖怪がおらず、動物の擬人化が多い。動物の擬人化から鬼への変化過程に注目。

「美術史の立場から」若杉準治氏。貴族らの行事を記録した行列図に連なるものとして、百鬼夜行図を捉えることができるのではないか。わからないものを目で見たいという博物学的な興味(地獄絵巻とか)との関連ももちろん。

「国文学の立場から」徳田和夫氏。中世の芸能(田楽)、風流(ふりゅう)の流行(異形異類で昼夜を歌い踊り歩く)と百鬼夜行図の関連。行列の先頭に、行列の趣旨を読みあげる妖怪があること。赤鬼は櫃から妖怪を解放しているものと見るなら、すべての行列のスタートは屋内ではないか。

「情報学の立場から」山田奨治氏。同じ妖怪の登場する9巻について、図像配列の差異を数値化して系統樹を作る。これを基に各巻の成立過程を推測する。この発表は、とても面白かった。より詳細に部分についても作業を行っていけば、民俗史・文学史・美術史的な研究を、見事に裏から補強できるかもしれない(偶然を拾い上げてまったく見当違いとなる可能性もあるが)。

パネルディスカッションでは、百鬼夜行図がさかんに模写された近世の視点も持ち込まれて、話がかみ合っているのだかいないのだかわからない感じに。物語を含み当世文化の反映でもあったものが、次第に意味来歴を失って図像的な面白さが楽しまれるようになる。良い画材を使い技術も高い「真珠庵本」は、少し特殊な存在であろう点に注意すべき。
「鳥獣人物戯画」は、かつては「獣の図」のように呼ばれ、「戯画」とは呼ばれていなかった。決して滑稽なだけではなく、薄気味悪い絵とも思われていたはず、というのは目から鱗だった。現代の視点だけで考えてはいけない、危ない。

----------
企画展は来週末から。歴博は中途半端に遠いんだよね…頑張ろう。

国立歴史民俗博物館「百鬼夜行の世界−百鬼夜行絵巻の系譜−」
2009年7月18日(土)〜8月30日(日) 第3展示室(近世)副室

国文学研究資料館「百鬼夜行の世界」
2009年7月18日(土)〜8月30日(日) 1階展示室


こちらも参照。
「転換期を迎えた百鬼夜行絵巻研究」小松和彦(人間文化研究機構)

----------
聴講した方のレポート。
人間文化研究機構 第10回シンポジウム「百鬼夜行の世界」 (美術史が好き!)
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展/イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123640836
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック