2006年02月26日

PSM FC東京vs甲府 味の素スタジアム

あいにくの雨、しかも本降り。寒くて選手が気の毒なんだが、宮沢とか甲府の選手数人は半袖だった。濡れちゃったら気温は関係ないのかもしれないが、見てる方が寒いぞ。
スタメンは、大志/規郎・前田・増嶋・徳永/宮沢・伊野波・梶山/ルーカス/阿部・ササ。キャプテンマークはルーカスだった。今年もルーちゃんが見られて嬉しいよ。
実のところ、今年の東京が目指すサッカーにおいて、どういうプレーがgood/badなのか、まだよくわからない。サッカーを見始めた4年間の大半を原東京が占めているからね。東京ボールになると反射的に、裏狙って走れ、と思ってしまうんだよね。でもそれだけではなくて、バックパスについ声が出たり、セットプレーの後にクリアしないことにヒヤヒヤしたりしてしまうのは、失礼ながら、東京の皆さんの足元の技術にそこまで信用を置けていないというせいでもあるのだ(ゴメン)。パスを受ける側のポジショニングを良くするばかりでなく、それぞれがしっかりトラップしてキープして、敵に寄せられても余裕持ってパスを出せるようになってくれないと、見ている自分のスリルとサスペンスは続くと思う。頑張ってねー。

考えてる時間がないので以下適当。
・規郎のSBは、攻め込まれたときに開くのか絞るのか、今は自分が上がっていいときかどうか、まだまだ整理し切れてないようで怖い。伊野波・宮沢・阿部が寄ってたかって世話を焼いているような。そうするとルーカスへの負担がまた増えてしまう気がするんだがどうなんだ。後半に金沢と憂太が入ると楽になったように見えた。
・梶山が右サイドを駆け上がっていくので吃驚した。
・甲府の前半の寄せは速かったなー。バレーがサイドでクロス上げる役になったときの方がチャンスになってたような。ということは、中にいるときは増嶋・前田が頑張って抑えたのか。増嶋はちょっとパスミスが多くて、それも怖かった理由のひとつ。

会社に戻ってから、ナビ杯@駒場のチケット発売を忘れていたことに気付いたが、既に完売していた。ついでに、DVD側でMXの試合中継を予約はしたが、ビデオ側の電源を入れてこなかったことに気が付いた(DVDに接続しているデジタルCATVではMXが入らないので、ビデオ経由で録画せにゃならんのである)。やっぱり疲れてるかなあ、と凹みつつ日付が変わる頃まで仕事して帰る。早く仕上げて、開幕戦にはキレイな身体で出かけたいものです。今年も始まるねえ。来週末は、晴れるといいね。
posted by kul at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全て同感。
何か危なっかしく思うのは親心か?
Posted by Kinutastar at 2006年02月28日 23:35
> kinutastar様
こんにちは。
まだ新しい事を始めたばかり、見始めたばかりのお互い初心者ですから
なかなかピッチ内も、ピッチとスタンドも意思疎通できませんね。
ちょっとずつ変わっていくのを楽しみに、今季を過ごしたいと思います。
Posted by kul at 2006年03月01日 22:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック