2006年03月04日

J2第1節 東京Vvs徳島 国立競技場

ご招待をもらって国立へ。千駄ヶ谷の駅を出たら人が多くて驚いたけれど、隣の体育館でVリーグもやっていたのですね。
国立競技場は、相変わらずホーム側ゴール裏が改修中。いつ終わるんだろう? そんなわけでホームとアウェイの席割りが入れ替えになっていた。バックスタンドの徳島寄りで見ていたが、徳島サポは楽しそうだった。初国立だったのかも。

東京Vは選手が大幅に入れ替わって、全く別のチームになっている。タイセーの髪が伸びていて、左SBだったこともあって最初誰だかわからなかった(笑)。選手入場の前の映像には喜名さんも映ってました。
大幅に入れ替わったメンバーでヴェルディっぽいパスサッカーをやるのはまだ無理があるのか、前半はまるでパスが繋がらず動きも鈍い。むしろ徳島が良い連携から、主に左の片岡がサイドを突破してゴール前まで迫る場面が多かった。先制は徳島のCKから。しかし、そのほかのチャンスを決めきれずにいる間に、ロスタイムに東京VがCKから同点に追いつく。
後半。東京Vの動き出しが良くなり運動量も増えて、ハーフタイム中に相当ラモス氏が怒ったんだろーなーと思わせる。そうなると、個々の能力はやっぱり徳島を上回るので、前半に散々やられた片岡を押さえ込み、大橋・永井・大野あたりがパスを繋いでチャンスを作っていく。たまらず徳島DFがファウル、PKで東京Vが逆転。その後も徳島は不用意なファウルからFKを与えては追加点を奪われる。終わってみれば4-1だったが、ゲーム中の得点すべてがセットプレー(とPK)という、なんだかなーな感じではあった。徳島の内容は点差程には悪くなかったと思うのだが、守備が課題なのかなあ。ちょっともったいない。
印象に残った選手は徳島の片岡。タイセー、上がったらちゃんと戻らにゃー。金澤慎がお世話役のようでした。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック