2006年03月05日

J1第1節 FC東京vs大分 味の素スタジアム

深夜に仕事を完了して帰宅し、ハイになりすぎて寝付けないのでそのままマドリーダービー観戦。アトレティ、どうしてバルサは得意なのに白い所は苦手なんだ。不貞寝したら寝過ごして、makiさんのメールで目が覚めた。慌てて支度して、選手紹介直前に到着。トーチュウ特別版と東すかをもらい損ねてしまいました。

味スタは芝の状態がイマイチのようで、時々踏ん張りがきかずに足を滑らせる選手もいたが、先週よりはマシになったか。この週末はずっと良い天気、だいぶ暖かくなって観戦しやすくなってきた。昨日も観戦には出かけたのだけれど、“自分のチーム”の試合になって、やっと本当に始まった感じがする。
PSMのスタメンから、大志→土肥、前田→茂庭、宮沢→今野、阿部→リチェーリ。リチェーリは初めて見る。足速いねー。それにしても若いスタメンだ。
PSMのときよりも、ずいぶん安定してパスが繋がるようになった。ボールを持った選手の周りに、ちゃんと別の選手がいる。規郎もまだ上がるか下がるかはっきりしない場面はあったが、守備の怖さは減ったかも。今ちゃんのフォローがあるせいか。横にモニがいるのも大きい。増嶋も、モニと土肥ちゃんがいる安心感からか、落ち着いてプレー出来ていた。大分の攻撃を身体張って防ぎに行く場面も。今日は良かったぞ!頑張れ! 左サイドから来られたときに裏が空いてたので、徳永と話し合ってね。
梶山と伊野波の背格好や歩き方が似ているもので、あれはどっちだ?と何度も混乱するはめに。さすがに、ボールを持つとわかるのだが(クネクネしてたら梶山)。伊野波は気後れせずにガンガン指示出ししたり主張したりしていて頼もしい。中盤の3人とルーカスが、頻繁にポジションを変えながら守備して、後ろと前を繋いでいた。ルーちゃんの運動量は相変わらず凄い。足元も上手いし。あとはゴールだけなんだけどなあ。点取らせてあげたいなあ。でも今年はある程度割り切って、中盤の前目という位置でプレーしている気もする。
パスを繋ぐことを重視するようにはなったが、機を見たら一気にサイドへ縦へという切り替えもできるようになったと思う。前半の2得点はそのカウンターから。14分、今ちゃんのロングパスに左からリチェーリが抜け出してクロス、ササが右のアウトサイド(かかと?)に当てて先制。27分、また今ちゃんのロングパスにササが囮になってスルー、右からリチェーリがしゃかりきで追っかけて、PAぎりぎりでGK西川を股抜きして無人のゴールへ流し込み2点目。メインを指差していたのは、石川への合図だったんだね。ええ子じゃのー。
後半にリチェーリが少し傷んだところで、川口と交代。川口が入った後は、完全にカウンター型になった印象。追加点が奪えそうな場面は何度もあったが、決められませんでしたね。ルー・ササが二人一緒に頭抱えていたのはちょっと可笑しかった。最後にルーカスが憂太と交代。憂太が倒されて、FKを蹴ったところで試合終了。

まだまだ、全体的には大幅に変わったとは言えずに、昨年までにアクセントを加えたといったくらいの変化だと思う。でもポジションが変わったり、人が変わったりする中で、それぞれにこれまでとは違うことを考えながらやっているんだろうなーと。これからどんな形に組み上がっていくのか、わくわくどきどきですね。そして、リチェーリも見たいけど、ジャーンも見たいし、阿部も川口も戸田も赤嶺も小澤も見たいし、それだけじゃなくてみんな見たいのよ。困るなあ。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック