2006年03月11日

J1第2節 新潟vsFC東京 ビッグスワン

知人のバスツアーに便乗させてもらって新潟へ。出発遅れ+関越やや渋滞で、チアの皆様が出てきた辺りに到着。一応ダウンも持っていったけれど、思ったほど寒くなかった。

東京のスタメンは変わらず。ベンチに塩田が復帰、大志も頑張れ。新潟は前節川崎に大敗したところで、今節はホーム開幕で、気合入れて来るだろうから出来ればこのタイミングで当たりたくなかったなー、と思いつつ見に行った訳だが、やられちゃったというよりも勝手に東京が自滅しちゃった感じの試合だった。前半に失点しなかったのが不思議なくらいだ。ドタバタDFで無理矢理しのいでいたんだけど、さすがに最後までもたせるのは無理でした。
前節の後、どの雑誌だったかサイトだったか、「ポゼッション重視のパスサッカーに変わるから、これまでのように後半に息切れすることはなくなるだろう」というようなことを書いていたライター氏がいたが、そんなことはないよね。本気でパスを繋いでゴールを狙うサッカーをするなら、全員がパスを出すコースを作るために、パスを受けるコースを作るために、常に動いていなきゃならない。この試合のように相手がプレスをかけに来るのなら、なおさら受け手の側で、ボールホルダーがパスを出しやすいように動かないと。前線の選手が敵に張り付かれているのに止まってボールをもらおうとするので、DF・中盤から先へボールを出せず、無駄に後ろで回そうとした挙句、パスミスを攫われて失点、というわかりやすい自滅であった。まあ、何が悪いのかわかりやすかったのは救いであると思う。ただ、これを克服するには、戦術理解・意識改革云々よりも基礎技術の向上が問題になるような気がするので、すぐに上手く行くようにはならないだろうなあ。“今年のサッカー”を時間かけて身に付けながら勝ち点も落とさないようにしていくには、開幕戦のように、今だと思えばすぐに縦に速攻へ切り替えられるようにするべきなのではなかろうか。規郎がもう少し、上がる下がるのタイミングを計れるようになればいいんだけど。
とりあえず、新しいことを何とかこなそうという方に意識が向いていて、何だか怖々とプレーしているように見えるのがヤだな。でも、もし自分が失敗しても味方がフォローしてくれる、と信じられないと、なかなか思い切ってはやれないのかもしれない。他の味方もいっぱいいっぱいだと知っている現状ではね。こっちもしばらく辛抱だな。
その他ごちゃごちゃと整理しないままにメモ。増嶋・伊野波はパスやクリアが相手に渡ってしまうのを直すようにしましょう。増嶋は新潟が鬼門なのかねえ。以前ほどは慌てなくなったと思うけれど。CBとして増嶋、左SBとして規郎を育てないといかんというのはわかるが、両方一度にやろうとすると、モニが毎試合血尿出してしまいそうです。土肥ちゃんも、鼻は大丈夫だったかしら。DF時にボールのある側に皆が向かってしまって、逆サイドの大外を使われまくっていたのがヒヤヒヤでした。しむらーうしろうしろっちゅー感じでした。
徳永→憂太で、伊野波が中央の3バックになるのかと思ったら、伊野波が右SBで吃驚。憂太から裏狙いのロングパス・スルーパスが出るようになって、多少状況が動いたけれど、一緒に川口・阿部も入れたらいかんかったのかなあ。ルーカスが後ろと前を繋ぐのに下がり気味だから、ササがちゃんとポストできるようにならないと厳しい。でもササはそういうタイプじゃないだろうから、ルーカスか憂太が近くにいられるような状況を作らないと。中盤もっと頑張れ。相手陣内でボールを失ったとき、ほとんどプレスに行かないで、とりあえず皆退いて来るのは、あれはあれでいいんですか? 素人にはよくわからん…敵も味方もたくさんいてスペースがなかったら、相手もパスの出しようがないのかもしれないけど。

見る側の自分も勉強勉強なので、今度のホーム戦はFMで石井さんの解説を聞きながら見てみようかなーと思っております。
posted by kul at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
石井さんの解説は毎回聞きながら見てるけど、参考になるし楽しいよw
Posted by へいちゃん at 2006年03月14日 23:40
レス遅れてすみません。
愛のあるダメ出しが面白そうですね(苦笑)
明日はラジオ持って行きます。
Posted by kul at 2006年03月17日 20:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック