2006年03月12日

F1開幕 バーレーンGP決勝

ルノー、フェラーリ、マクラーレン、ホンダ。実力伯仲の面白いシーズンになりそう。ピットインしてタイヤ交換があるのを見て、こーでなくっちゃ!と思いました。昨年の給油だけのピット作業風景は異様だったよ。エンジン音は…まあ、思ってたほどなさけない音ではなかったか…。
タイヤ交換復活と同時に、出来れば2レース/エンジンのルールも無くして欲しかったんですけどね。2回目のピットアウトでアロンソがシューミの鼻先を抑えてトップに立ったが、エンジンをもう1レース使わないといけないというので、シューミはそれ以上プッシュをせず。それって何だかなーと思うのです。クルマもドライバーも、最高の技術を見たくてサーキットに行くんだもの。F1がビンボ臭いのは何だかなーと。
キミはまた最後尾グリッドから3位表彰台。予選のクラッシュがもったいなかった。今年のマクラーレンは、シーズン序盤から攻めて行けそうなのかな。

オフの間、あまり雑誌等見ていなかったので、誰がどこに乗っているのかイマイチピンときません。バリチェロが赤くなくて違和感…関係ないけど彼は今回で216戦目だから、パトレーゼの出走記録まで後40戦か。2008年まで頑張れー(笑)。あ、シューミのPP回数がセナの記録に並びましたね。フェラーリが今年好調のようだから、来年も現役続行してくれそうかな、と気の早いことを言ってみる。そうすると、シューミの方が先にパトレーゼの記録に並びますね。

新人はM2さん一押しのニコが良かったねー。オーバーテイク時にズバッと迷いなく差して行くのが気持ち良いね。クルサードとのバトルは見ごたえありました。
スーパーアグリは、今回はほとんどテストだったか。最下位は元より承知。シーズン終盤に多少戦えるようになれば、という感じですかね。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック