2010年05月16日

プリンス関東第8節 東京Vユース - 三菱養和ユース 東京ガス武蔵野苑多目的グランド

東京Vユース [ 3 - 3 ] 三菱養和ユース。

【東京Vユース】=============================

−−−−−−30前田−−18南−−−−−−−
 (56分 →09相馬)   (90分 →32鯉沼)

17杉本−−−−−−−−−−−−−−11南部
              (HT →13横内)

−−−−−−06渋谷−−10小林−−−−−−

19舘野−−03高野−−28モービー−−24長田
                 (HT →08山浦)

−−−−−−01キローラン菜−−−−−−−


【三菱養和ユース】=============================

−−−−−−−10田中−−−−−−−−
     (87分 →25九頭見)

15田鍋−−−−−−−−−−−−07佐藤
(78分 →16川田)   (69分 →26清水)

−−−−−06内藤−−08近藤−−−−−
          (79分 →20北出)

−−−−−−−−04千葉−−−−−−−
     (69分 →24川上亮)

03後藤−−22冨田−−05櫻岡−−12横山


−−−−−−−30木村−−−−−−−−


【得点】=============================
09分 養和 07佐藤
36分 養和 08近藤
17分 東京V 06渋谷
52分 養和 15田鍋
58分 東京V 03高野
60分 東京V 17杉本

【警告・退場】=============================
19分 警 東京V 06渋谷
19分 警 東京V ?


ヴェルディにはJ2デビュー済みの高野光司と小林祐希。養和には来季名古屋入りが内定している田中“テルキング”輝希に、1年生の昨年にドリブルシュートで度肝を抜いた田鍋陵太。どちらもメンバーが派手ですねー。ヴェルディに高木次男がいたらもっとキラキラしくなったのだが(そしてもっとヴェルディはプリンスで上位にいたはずなのだが)、残念ながらユース年代ではもう、対戦することはできないだろうなあ。木鈴もいない、と思ったら、U-19代表に呼ばれてフローニンゲン国際ユースに行っているのだった。

例によって養和ジュニアユース(どっちか不明)の1年生達が来ていて、大騒ぎしながら応援していた。Jのチャントをごちゃまぜにチーム名もそのまま歌い、審判の判定には「えー!見てよー!」と声を揃え、とにかく元気が良い(苦笑)。

-----

前半は養和が風上。

09分、養和08近藤からパスを受け、07佐藤が右サイドからDFをかわしてPA内へ切り込む。そのままシュートが決まって養和が先制。0-1。

17分、ヴェルディ30前田が左からドリブル、エンドライン際でDFをかわしてシュート性のクロスを送る。逆サイドから06渋谷が詰めて押し込み同点。1-1。

19分、養和15田鍋のドリブルに足をかけてしまい、06渋谷にイエロー。もう一人、異議でイエローが出ていたようだが見落とした。

36分、養和15田鍋がDFからのフィードを受けてドリブル、そのままシュート。ゴール前を流れたところに08近藤が走り込みシュート。養和が再度突き放す。1-2。

養和の攻撃は両サイドから一気に攻め上がる。ヴェルディも10小林を起点に左右にパスを散らしてつなぐが、新人戦の頃よりサイドを使う印象。養和は10田中が1トップなのだけれど、肝心のところでゴール前にいなくて、何だか大きいのが前の方を漂っている感じ…うーん、1年生の時は確かにすごかったのだが、最近見る試合では印象に残らないのだ。頑張れ。

後半。ヴェルディは右サイドの2人を交代。11南部→13横内、24長田→08山浦。田鍋対策か?と思われたが…。

52分、養和15田鍋が左からドリブルで一気に切り込みシュート。養和に追加点。1-3。

2点差がついて、養和選手は少し緩んだか。ここからヴェルディがペースをつかみ波状攻撃。10小林のパスが素晴らしい。

53分、ヴェルディが中盤でパスカットしてカウンター。10小林がドリブルでDFラインを抜け出し1対1でシュート。GKがはじく。

56分、ヴェルディ08山浦が右サイドをドリブルで駆け上がり、DFを抜き切らずにクロス。GKがはじく。CKの前に、30前田→09相馬に交代。58分、ヴェルディ右CK、10小林のボールに正面で03高野がドンピシャのヘッドで合わせる。2-3。

60分、ヴェルディが押せ押せ。カウンターの後方からのパスを10小林が中央で受け、左にスルーパス。17杉本が抜け出し、1対1で流し込むようなシュート。一気に追いつく。3-3。

養和は次々交代のカードを切って行く。69分、07佐藤→26清水、04千葉→24川上亮。78分、15田鍋→16川田。79分、08近藤→20北出。しかし、ヴェルディペースは変わらず。

87分、養和の交代。10田中→25九頭見。

90分、ヴェルディの交代。18南→32鯉沼。

そのまま試合終了。

-----

後半10分過ぎからは10小林を中心にヴェルディが攻め込んだが、養和DFも何とか引き分けで食い止めた。第三者的には、見応えのあるゲーム。青赤サポ的には、勝ち点1ずつで分けてくれて美味しい結果(笑)。小林、やっぱりいい選手だな! 次節東京ダービーが楽しみだ。

他会場の結果から、3試合残してFC東京U-18の今季5位以上が決定。早々に高円宮杯出場が決まって、ちょっと呆気に取られる…。

-----

終了後、三鷹に移動してフットサル。日が暮れて帰る頃には、細い三日月と宵の明星が並んで見えた。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150451884
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック