2010年05月22日

ナビスコ杯予選3節 FC東京 - 新潟 駒沢陸上競技場

天気がいいので自転車で駒沢へ。GWの国際ユースのときより、芝が悪くなっている感じがする。両チームの選手ともずるずる滑っていた。

代表組4人と累積出場停止のヨングンはこの試合には出られない。平出はU-19代表遠征に行ったので、出場可能な選手のうち、怪我人以外でベンチ入りしていないのはアベノブだけ。とは言え、今年は元々スタメンが安定していないので、今日のスタメンを見てもそれほど「落ちた」気はしない。DFラインはさすがにCB高橋が初出場、左SBは北斗と初の組み合わせだけれど、時々ぎこちないところはありつつもカバーし合って守り切った。

守備で危ないと思ったのは前半早い時間のミドルを権田がはじいた場面と、セットプレーくらい。後半は暑さで相手の運動量が落ちてきて、東京が良い形でシュートまで行くことが増えるが、最後が決まらない。スコアレスで終了か、という後半ロスタイム、羽生のスローインを受けた大竹がエンドライン際でDFに外を塞がれたと見るや内側へ切り返し、爪先でコンと突き上げるようなシュート。GKの意表を突いて、サイドネットに決まる! 洋平、さすが! 今日は守備も頑張っていて、出場チャンスが来たら逃さない、という意志を感じた。
土壇場で勝利をもぎ取って、グループ単独首位。なんとホーム勝利は開幕戦以来。快勝ではなかったかもしれないが、収穫は多かったと思う。

梶山は今日もフル出場だったけれど、まだ本調子ではない様子で不用意なミスも目立つ。でも梶山が戻って、羽生さんも平山もだいぶ楽になってきた。あとはホントに、ゴールだけなんだけど。

-----

終わってから隣りの第二競技場に移動して、高校総体都予選、帝京 - 麻布を前半途中から観戦。後半開始早々に、麻布にはやや不運なPKで帝京が先制。前半から帝京が攻め込んではいるけれど最後が雑。麻布はゴール前を必死に守って決定的なシュートも防ぎ、カウンターに持ち込もうとするが、前線の人数が足りない。そのまま1-0で試合終了。帝京の順当勝ちとも言えるが、麻布が最後までよく粘った試合だった。試合途中に何故かヨングンがジャージ姿でやってきて、後ろで見ていた(笑)。

補助競技場ではまだ東海大菅生 - 国分寺の試合が続いていて、後半途中から観戦。終了際に国分寺の10番がレッドカードで退場し、0-0のまま延長に入るところで冷えてきたので帰る。東海大菅生が勝って、2次トーナメントに進んだ様子。

自宅〜駒沢は、まだ自転車ルートを探し中。暗くなる中、住宅街を適当に走っていたら曲がるところを間違えて、ずいぶん遠回りをしてしまった。山手通りの整備が完成すれば、ルートも簡単になるのだけれど。早く工事が終わらないかな。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック