2010年05月23日

ツアー・オブ・ジャパン 最終日・東京ステージ

あいにくの雨。届いたばかりのゴム長靴(レインシューズなんてシャレたものではない)を履いて、品川からシャトルバスで大井埠頭へ。
12時半頃に到着。すでに先頭5人が逃げて、集団とのタイム差を広げつつある。コース沿いに野鳥公園の方へ向ってみたが、あまり時間がなくて南部陸橋東詰のコーナー辺りで引き返した。
13週目(?)に先頭から一人飛び出すが、最終周回でみるみる集団が差を詰めて飲み込み、最後はゴールスプリント。遠目でよくわからなかったが、富士ステージで総合首位に立ったデローザのサレルノが自ら引いて、同僚クチノッタがステージ優勝を上げた。

雨だし、沿道の観客の傘があるので、選手はコースのギリギリを攻めることはできなかったみたい。それでも「自転車」の集団が猛スピードで通り過ぎて行く様子は、すごい迫力。もっと交通の便の良い所で、せめてお台場あたりで東京ステージを開催できるといいのになあ。生観戦したら、ロードレースにハマる人はいると思うのだけれど。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック