2006年03月18日

J1 第3節 FC東京vs清水 味の素スタジアム

ジャーンが復帰。リチェーリに代えて阿部がスタメン。油断して行ったら、気温も試合も寒かった。FM西東京は、前半上手く入らなかったんですが、後半から聞けました。ダメ出しが面白かったし、相手チームの選手名がわかるのがありがたいです。今の携帯にもFM機能があるが、どのくらいバッテリーを食うのだろう。

良いところを探すのが難しい試合というのは辛いものです。毎年スローガンを決めるのは何のためなのかよくわからんJリーグの風習だが、今年のウチのスローガンは何ですか? 「Ousadia〜信頼・勇気・挑戦〜」ですよね。どれも無くなっていやしませんか。
下手なのと要領が悪いのは次頑張れと思うけれど、出来るのにやらないのは本気で怒るよ。何を萎縮していますか。自分が失敗するのを怖がって他人任せですか。走れと言われても繋げと言われても、やるのは同じサッカーだ。そんなにプレーを怖がらなきゃならない理由がありますか。これまでその選手の長所だと思ってきたところが、ことごとく見えなくなっているのが悔しい。監督が代わって、今年はそう上手くはいかないだろうというのは、見ている者には覚悟の上なんだ。上手くいかなくても何とかしようとまずは動いてくれさえしたら、どれだけまずい試合をしようとスタンドは拍手で出迎えるんだよ。怖がるな、萎縮するな、味方を信じろ、味方の信頼に応えろ。何よりそれが基本でしょう?

・ルーカスを抑えたら前で攻撃の拠点がなくなるというのを、清水はよーくわかっていらっしゃった。それを助けなきゃならないはずのボランチ3人が、自陣DFラインの前に横一列に並んでいるのはどういうことですか。SB2人も含め、中盤がもっと粘って上がって行かないと。
・ササはボールを受けるのをもうちょっと練習しましょう。阿部ちゃんと距離があり過ぎなのか? ファーストタッチでこぼした後、拾ってくれる人がいない。
・阿部ちゃん、あなたはクロスマシンじゃないよ。FWだよ。サイドへ切り込めばいいってもんじゃないよ。
・1点取られてから焦り過ぎ。あまりにも縦縦だった。何がやりたいの。
・信男さんは上手いなー。ちゃんとボールがおさまるものなー。ってそんなことに感心しているあたり、ちょっと情けない。でも、浄も信男さんも、磐田から来た選手はやっぱりボールの扱いが上手いんだよねー。

またすぐ火曜日に次の試合か。建て直しの期間は短いが、今は技術戦術より気持ちが後ろ向きなのが大問題。前向いて頑張れ。

えーと、祐介が神戸で2点取っててめでたいね。あ、ナビ@駒場のチケありがとうございました>某氏。
posted by kul at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またなんかあったら言って下さいね。
Posted by 某氏 at 2006年03月24日 08:05
どうもありがとねー。助かりました。
埼スタより駒場が好きなんだけど、チケットを取りにくくて困りますよね。
Posted by kul at 2006年03月25日 00:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック