2006年03月21日

J1 第4節 川崎vsFC東京 等々力競技場

ぎりぎりまでWBC決勝を見ていて、9回表に10点目が入ったところで家を出た。
スタメンはササ・阿部と捻挫の梶山が外れて、リチェーリ・憂太・宮沢。前節のどうにも後ろ向きな試合の後でどうなるかと思ったが、とりあえず、目の前の相手に勝たないと何も始まらないという姿勢が戻ってきた。自分は大概ヌルいとは思うのだが、試合の勝ち負けもあまり問題ではなかったみたい。いや、もちろん勝つことは大事だけど、下向かないで一所懸命プレーしてくれたら、それで結構満足してしまうようです。今ちゃんと伊野波のガツガツDFが復活していて嬉しかった。
憂太のコンディションが戻るにはもう少しかかるか。トップ下としては後半に入った栗澤の方が運動量が多くて効いていたが、この2人が戻ってきたのは大きい。ミヤもね。憂太のCKは今ちゃんが決めるけど、ミヤのCKはジャーンが決めるんだね。パス出し役が増えれば、選択肢も増える。前とのタイミングがもっと合うようになれば、スルーパスで楽しめるかな。信男さん(何故か「さん」付け)はよく走ってくれるので好きだ。東京に来てくれてありがとう。ゴール前であんなに落ち着いて切り返してのゴールを見せてもらって、惚れ惚れしました。
逆転して逃げ切れなかったのは残念。残り5分程、バランスを変えないままで乗り切れたと思うが、手堅く守備的交代を、という気持ちもわからんではない。でも、東京というチームはそれで過去に何度も失敗してる訳で、交代の表示を見てうわあぁぁっと思ったら案の定、交代後のファーストプレーでやられてしまった。采配ミス、というのは簡単だが、何度も同じ失敗をやってるのも困りもの。アウトオブプレーで集中切らしちゃダメだ。前半のCKからの失点も、前節に見たような取られ方でしたよ。要注意。

うん、でもこうやって気持ちを立て直してくれたなら、何とかなっていくんじゃないかなと。甘い? ほら、ポジティ部員ですから。
リチェーリ、腿裏が痛そうだったが大丈夫かね。心配と言えば…ササの使い方って難しいなあ…。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック