2006年03月26日

J1 第5節 FC東京vs京都 味の素スタジアム

というわけで、上野からまた大急ぎで飛田給へ移動。
前節怪我のリチェーリに代わって、スタメンに川口。前半は、信男さん行って来い大作戦というか何と言うか。前へ出たボールに対し、本当に役割に忠実に一所懸命走ってくれますね。
開始2分のCKにジャーンがヘッドで合わせて先制。そのままイケイケの前半。皆よく動いてて良かったが、最後のクロスが簡単過ぎてDFに阻まれる。伊野波は前節のジュニーニョに続き、今日はパウリーニョに密着マンマークしていて、どこまでもついて行く、水を飲むのも同じタイミングなのが面白かった。いつもの4バックのような、伊野波が真ん中の3バックのような、変則的な守備。個人的に今日のMOMは伊野波か川口です。追加点を取れないままの前半終了際、CKのクリアが小さかったところを、やや離れた位置にいたアレモンにループ気味に跳ね返されて入れられてしまった。憂太が頑張って競りに行ったが、ちょっと身長が足りませんでしたな。
後半早々にもチャンスはあるが、川口からのサイドチェンジを受けた規郎のクロスには、ルーカスと憂太が重なってしまった。ルーカスには焦りがあるんだろうなあ…どうもツキに見放されている…。でもこの場面は、それよりも、規郎よ自分で打てと思いましたが。
前半飛ばしたのもあって次第に東京の運動量が落ち、京都がセカンドボールを拾ってカウンターを仕掛けるようになる。京都のゴール前には人数がいるので、東京はなかなかPA内に入れずに周囲でパスを回すばかりでシュートを打てない。1回大きく戻して密集をばらけさせるとか、DFが戻る前に1-2で早くパスを繋いで前に行くとか、もうちょっと工夫が欲しいところだ。終盤には皆前半とは打って変わって、止まってボールを受けようとしていた。体力不足か焦りによる思考停止か、どっちだろう。
これで終わったら、後半の停滞振りに微妙な気分になるところだったが、ロスタイム、CKからのボールを受けた徳永がエンドライン際まで切り込み、角度のないところから無理やりシュート。GK平井の足元を抜けて反対側のポストに当たり、跳ね返ったボールが手前のサイドネットに入った。今日こそは勝つんだという執念ですかね。ホームの意地もあるし、久しぶりにユース君達が来ていたので、粘り勝ち出来て良かった。
梶山はまだ足が痛いようだがフル出場。水曜日は大丈夫なのかね。

午後にデンソーカップもあったので、ハシゴ出来ればそちらも行きたかった。難波と小宮山が見たかったなあ。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック