2006年03月29日

ナビスコ杯 第1節 浦和vsFC東京 駒場スタジアム

昨夜は強風で雨もパラついていたが、今日の天候は回復に向かった。でも風が冷たい。大急ぎで会社を出たらマフラーを忘れた。負けたのはそのせいかもしれません。キックオフぎりぎりに到着。
土肥モニが代表に行ってるので、塩田と増嶋。塩田は髪型変えたら後姿が土肥ちゃんに似てきた。前半、気迫のセーブを見せてくれた。怪我からの復帰おめでとう。
チャンスの数から言っても、負けるような試合じゃなかったと思うんだけどね。普通にフィニッシュが下手でした。こればっかりは、どうやったら直せるのかわからないな。相手のDFも最後のところで頑張ってましたが。出す方に余裕がないから、パスの質が悪くなって、受けるところで時間取ってしまうんだな。ちょっとずつのタイミングのズレが積み重なって時間を無駄にして、ゴール近くでは余裕持ってシュートできなくなってしまっている。余裕ができればフィニッシュの精度も上がるだろうか。
前半開始早々に憂太が負傷、栗澤に交代。肉離れか? 憂太は本当に怪我続きだ…。前半終了際に、今度はジャーンも負傷。こちらも肉離れかと思われたが前半最後までプレーして、結局後半もフル出場した。今年こそ、怪我人続きだけは勘弁してほしいんだけどなあ。
今日は跳ねてたので、展開はよくわからなかった。ゴールも向こうっ側だったし。よくわからないので適当にメモ。
・相変わらずスローインが上達しないなあ。先制ゴールも、スローイン後のプレーの失敗から。規郎は常にルーカス狙いではなく、もうちょっと選択肢を増やせ。あと、クロスもボヨーンばっかりじゃダメだ。ちゃんと中を確かめて、クロスの種類を考えて上げるようにしないと。
・後半終盤になると、やっぱりゴール前で足が止まってしまう。サイドに押し込まれた状態を止まって眺めて、クロスを待ってるだけではいかんと思うが。
・カウンターに行こう、というときに、ボランチにも頑張って上がって来てほしい。真ん中が薄い。
・栗澤にルーカス、自分でシュートまで! 規郎も徳永もそうだけど、可能性を探ってまずはパスを選択、ではなくて、無理でも「自分が!」というプレーも必要だと思う。
・ササの欲しいタイミングでボールが出ないね。同様に、栗澤の出したいタイミングで前が動いてくれない。何となく噛み合ってない。
・ガーロ監督は、交代のタイミングが遅めだなあ。2人一度に、というのも多い。

負けて悔しいんだけど、何か健全な感じの悔しさではある。もっとも、先方も代表+怪我で5・6人スタメンが入れ替わってる訳ですがね。挨拶に来た選手達も、凹んでるというよりは悔しさ露わな様子に見えたので、次また頑張れ、頑張ってくれると思いましたよ。
posted by kul at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック